2007年12月04日

猛暑日に鈍感力で食品偽装をどんだけ大食いするネットカフェ難民王子に消えた年金は関係ねえ

流行語大賞に「ハニカミ王子」「どげんかせんといかん」

 今年の世相を反映した「2007ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に、「(宮崎を)どげんかせんといかん」と「ハニカミ王子」が選ばれ、東京都内で3日、表彰式が行われた。
 大賞の東国原英夫宮崎県知事は、「方言が選ばれたのは地方からの悲鳴」とあいさつ。大賞以外でトップテン入りした「消えた年金」では、「受賞は恥ずかしい」と舛添厚労相も苦笑いだ。
 他には「大食い」「食品偽装」「そんなの関係ねぇ!」「鈍感力」「どんだけぇ〜」「ネットカフェ難民」「猛暑日」が選ばれたが、これらの言葉で“生き残る”のは、どんだけぇ〜?

2007年12月3日 産経ニュース


「民主主義」によって「徴兵制」っつうか「国民皆兵」を基礎付けようという議論はあるんですね。理念的には成る程そういうこともあるかもしれないというお話ですが、歴史的にはどんなもんなんだか分りません。徴兵制の敷かれている国や時代の方がそうでない国や時代よりより民主的であったのでしょうか。どっちにしろ、そういう話しは天皇制を廃止してからにしてもらいたいもんです。誰が天皇の為に死ぬかよ。それにしても宮崎県ではそのまんま東は86.7%の支持率があるそうですから、宮崎県民をどけんかせんといかん。

ハニカミ王子だかハンカチ王子だかなんだかもう忘れましたが、「なんとか王子」という言い方がちょっと流行ったのかもしれません。ハナカミ王子とか。なんでも「王子」を付ければご婦人方の人気者です。守屋さんも「これまでゴルフに一生懸命取り組んできてよかった」と言って奥さんの人気者です。

最高気温が35度以上の日のことを「猛暑日」と呼ぶことにしたのは気象庁で、埼玉県熊谷市直実商店会じゃありませんよ。こんなのがエントリーされてるあたりが「どんだけぇ〜」ですが、これはまあ、流行語だといっていいかも知れません。記事の「どんだけぇ〜」の用法は誤りです。しかしながら指摘する通り、自由国民社の「新語流行語大賞」ってのは、選定されると翌年には死語になる、と言われています。もっともそう思うように死語になってくれるかどうかわかりませんけど、「食品偽装」の一方で「大食い」、でも食品にまつわる様々な偽装を「食品偽装」という呼び方で一般化する言い方は一般には浸透していません。「大食い」が一般化したらエラいことですが、「大食い」は単に一般的な名詞であって、ギャル曽根がTVによく出てたかも知れませんが、特に「新語」でも「流行語」でもないんじゃないでしょうか。でもほとんど碌なもんを喰ってない「ネットカフェ難民」にとっては、喰うだけで金になるなんて夢のような話しです。ましてや生活保護を辞退させられて飢餓死する人もいたりして、僕としては逆に「おにぎりが食べたい」というのを流行語にしてしまいたいんですが、流行らそうと思って手始めに家で「おにぎりが食べたい」「おにぎりが食べたい」と言ってたら本当におにぎりが出てくるし。

「消えた年金」で授賞式に出て来た舛添は「こういう賞をいただくのは恥ずかしく、国民の皆様に申し訳ない」んだそうですが、「ネットカフェ難民」にも関係しているので恥ずかしさも二倍の快挙です。「おにぎりが食べたい」も入っていれば申し訳なさも三倍ですから、彼の人生としてはピークと言ってもいいでしょう。お詫びのしるしに頭を坊主にしないといけませんが、それは無理です。これからも最低賃金法を改正したと思ったら生活保護支給額を減らすんだそうですから、両方の制度で競うように減額していけば、「餓死」が流行って来年の大賞は舛添のものです。

おめでたいにも程がありますが、こんなときに大切なのがビンボー人の窮状に対する「鈍感力」です。これってコイヌミがバカ殿の支持率低下に「鈍感になれ」って言ったんです。ですから参院選で自民党が負けたのは渡辺淳一の責任ですが、責任には鈍感なのがコイヌミ、自由席権でグリーン車に座る鈍感さと移動するように言われると怒る敏感さの絶妙な使い分けが渡辺淳一です。ところでコイヌミって「鈍感力」読んだんですかね。コイヌミだけでなく誰にしても。多分これは「躁」とか「多幸」というのに近いようです。桂銀淑とかそういう「鈍感力」がつくクスリってのがあるわけで、お医者さんは手に入れやすいのかも知れません。リタとか。なんだかわかりませんが。

そうでなくても人間やめたくなる今日この頃、覚醒剤は追放、リタリンも追放されてSSRIとか、最近はSNRIを処方するようになるわけですが、その前にはアップジョンってのが流行ったな。あれもちょっと流行語になったかと思います。プロザックを個人輸入している人もいるかもしれませんが、市販薬でも漢方だか生薬だか抗鬱作用をうたったものが出て来ています。セントジョーンズワートは以前からサプリメントとして販売してます。実は煙草(ニコチン)も効くみたいです。カフェインもいいですけど、仕事が粗くなります。

憂鬱と不安は気分的にニュートラルな状態なので、アメリカみたいに無闇にアッパーな社会や、日本の会社のように大きな声で挨拶をしないといけないところでは、ギアを入れるのに何か必要ですよね。おクスリはヤクザか医者か、いずれにしても面倒な人の世話になんないといけない。煙草はすぐ買えて自分で量を加減出来るし当面不快な副作用もない。多分「禁煙」てのは製薬の陰謀に違いない。インポになるぞ、なんて相当悪質な脅しですが、「そんなの関係ねえ!」喫煙でインポになるんなら性関係によるゴタゴタや人殺しが大幅に減りそうなもんです。しかしそんな脅し文句が効く程度にはインポが多いってのは考えものです。これも鬱でしょうな。ちなみに新語では「ED」ですか。エドってなんですか。違いますか。そんなの関係ねえ!まあ、今のところは、ね。そろそろ齢だし、そのうち関係してしまいそうですが、それまでは「不適切な関係」を続けましょうか。


posted by 珍風 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。