2007年12月13日

村を焼き払うようなことは止めましょう

そうはいっても何の罪科もない者を罰するのはちょっと気が引ける、という人も多いようです。それなら、というわけで新しい犯罪類型が模索されています。例えば関東の中でもとりわけ言語が難解である、また他県の人間から県名を間違って発音されることが多いことで知られているある県では、自民党が「モラル条例」を作ろうとしています。

県議会:「通称使用やめます」 モラル条例案を委員会可決 /茨城

 「いばらきの快適な社会づくり基本条例」案を「モラル基本条例」案の通称で呼ぶことについて、12日の県議会総務企画委員会で、提案者の一人の鶴岡正彦氏(自民)は「モラルという言葉を個人の心の在り方のように過敏にとらえられるなど、誤解を招く恐れがあるので、この通称は使用しない」と述べた。モラル基本条例案に対する世間の敏感な受け止め方に反応した。
 鶴岡氏は「個人がどのような思想や良心を持っているかにかかわらず、誰もが快適に暮らすことができるための社会生活の基本的なルール、社会規範について考えていこうとするもの」と改めて説明した。一方、大内久美子氏(共産)から「本来、個人の責任で行われないといけないものが、なぜ今県議会に出されるのか」などの疑問も出たが、委員会は同案を賛成多数で可決した。【立上修】

2007年12月13日 毎日新聞


今日の報道では、本質をぼかすために「モラル条例」という通称を使用しない、ということです。使用しない、と言っても自民党が使用しないというだけですから、他の人は使用しても構いません。もっともこの条例が成立・施行された暁には通称使用は条例違反とみなされる可能性が濃厚ですが。

ちなみに鶴岡さんにとって「思想や良心」と「社会生活の基本的なルール、社会規範」とは全然関係がないものと思われているようです。鶴岡さんの「思想」や「良心」がどんな風になっているのか興味津々たるものがありますが、要するに何も考えていない、ということかも知れませんし、記者が言葉を聞き間違えている可能性も否定出来ません。茨城県は周りの連中から「いばらぎけん」などと呼ばれている一方で県民自身は「えばらきけん」と言うそうですから油断大敵です。だいたい「考えていこうとするもの」と言っておきながら条例案の第2条で列挙してあるんですから矛盾しているように見えます。やっぱあそこの言葉は難しいわ。

このような事態を打開するために、この条例案では特に県名を平仮名で表記しているのが目を引きます。平仮名で書いてあるんですから「いばらぎ」などと読み間違える人はいないはずです。内容とともに有無を言わせぬものがありますが、地元では「いばらき」と書いてあるものを「えばらき」と発音しますので、そういう人の口の両端に指を突っ込んで左右に引っ張るのが「モラル」というものです。

いばらきの快適な社会づくり基本条例(案)
 私たちは、豊かな自然、優れた文化、他に誇れる歴史と伝統を併せ持つ茨城県に生活している。先人から受け継いだこの快適な社会生活環境の中で、安全安心な生活を営むことは、私たちの願いである。この郷土いばらきを愛し、守り育て、これを後世に伝えていくことは、県民すべての責務である。
 しかしながら、近年、社会生活の場における規範意識の低下や欠如により、多くの県民が迷惑、不快と感じ、危険を覚える行動が増加し、平穏で快適な生活に支障が生じている。県民誰もが誇りに思える快適な郷土いばらきを構築するためには、私たち一人ひとりが率先して、いばらきの豊かな伝統と文化を尊重し、郷土を愛するとともに、道徳心や思いやり、公共の精神の大切さを自覚し、あらゆる場において社会生活の基本的なルールを遵守することが、きわめて重要である。
 ここに、県民誰もが快適な生活を享受できるいばらきの社会づくりをめざし、すべての者が協働して取り組むことを決意し、この条例を制定する。
(目的)
第1条 この条例は、県民誰もが快適な生活を享受できるいばらきの社会づくりについて、基本理念並びに県、県民及び事業者それぞれの責務を明らかにするとともに、その施策の基本となる事項を定めることにより、県民、事業者及び市町村の主体的な取り組みを促進し、もって現在及び将来の快適な県民生活の創造に寄与することを目的とする。
(基本理念)
第2条 快適な生活を享受できるいばらきの社会づくり(以下「快適社会づくり」という。)は、次に掲げる事項を基本理念(以下「基本理念」という。)として行われなければならない。
(1)他人への思いやり及び互いに譲り合う精神に満ちた社会が形成されること。
(2)歴史、伝統及び文化が尊重され、県民が誇りを持てる魅力ある郷土が形成されること。
(3)自然を大切にし、循環型社会の形成その他の環境の保全に取り組むこと。
(4)青少年の健全育成のための環境づくりに取り組むこと。
(5)犯罪、事故その他迷惑な行為の防止に努め、平穏で快適に暮らすことができる安全安心な県づくりに取り組むこと。
(県の責務)
第3条 県は、基本理念にのっとり、快適社会づくりに関する施策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する。
2 県は、この条例の目的を達成するため、必要な関係条例の制定又は改正を行うとともに、これらを効果的に運用するものとする。
3 県は、快適社会づくりに関する施策について、県民、事業者及び市町村と相互に連携して取り組むよう努めるものとする。
(県民の責務)
第4条 県民は、基本理念にのっとり、主体的に快適社会づくりに努めなければならない。
2 県民は、県及び市町村が実施する快適社会づくりのための施策に協力するよう努めなければならない。
(事業者の責務)
第5条 事業者は、地域社会を構成する一員として、その社会的責任及び役割を認識し、基本理念にのっとり、快適社会づくりに努めなければならない。
2 事業者は、前項の責務について、従業員に対し周知徹底を図るとともに、県及び市町村が実施する快適社会づくりのための施策に協力するよう努めなければならない。
(基本方針)
第6条 知事は、快適社会づくりの総合的かつ計画的な施策の実施に関する基本的な方針(以下「基本方針」という。)を定めなければならない。
(快適な社会づくり推進会議)
第7条 県は、次に掲げる事項を調査審議するため、快適な社会づくり推進会議(以下「推進会議」という。)を設置する。
(1)基本方針の策定に関すること
(2)基本方針の実施の推進に関すること
(3)関係条例の制定又は改正に関すること
(4)前3号に掲げるもののほか、この条例の施行に関する重要な事項
第8条 推進会議は、会長及び委員25人以内で組織する。
2 会長は、知事をもって充てる。
3 委員は、次に掲げる者のうちから知事が委嘱し、又は任命する。
(1)県議会の議員
(2)市町村の長
(3)市町村議会の議長
(4)学識経験を有する者
(5)関係行政機関の職員
(6)前各号に掲げる者のほか、知事が必要と認める者
4 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。5 委員は、再任されることができる。
6 前各項に定めるもののほか、推進会議の組織及び運営に関し必要な事項は、推進会議で定める。
(広報啓発)
第9条 県は、快適社会づくりに関する県民及び事業者の関心と理解を深めるために必要な広報啓発を行うものとする。
(県民等に対する支援)
第10条 県は、県民及び事業者が行う快適社会づくりに関する自発的な取組を促進するため、情報の提供その他必要な措置を講ずるものとする。
(市町村に対する支援等)
第11条 県は、市町村が行う快適社会づくりに関する施策の実施について、市町村に対し、必要な技術的な助言及び協力を行うものとする。
2 県は、県が実施する快適社会づくりの推進に関する施策について、市町村に対し、協力を求めることができる。
(委任)
第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、知事が定める。
付則
 この条例は、平成20年4月1日から施行する。


「豊かな自然、優れた文化、他に誇れる歴史と伝統を併せ持つ茨城県」という点に疑問を持つ人もいるかもしれません。しかし何と言っても自分の住んでいるところのことですから、威張りたくなるのも仕方ありません。平素馬鹿にされることが多ければ尚更です。いずれにしてもこのくらいは大目に見て、むしろ微笑ましいものとして受け入れるのが大人の態度とかいうものです。

もっとも条例自体は大人げない態度を維持しておりまして、「この郷土いばらきを愛し、守り育て、これを後世に伝えていくことは、県民すべての責務である」などと言い切ってしまっています。かわいそうな「いばらき」県民はイキナリわけのわからない「責務」を負わされてしまいました。あんなところを「愛」さなければならないなんてひどい話しだ、などと言ってはいけません。そんなことを言うと、言われた方は依怙地になってしまいます。「呆れ返ってものが言えない」という顔つきをするだけにとどめて下さい。

「しかしながら」、「近年、社会生活の場における規範意識の低下や欠如により、多くの県民が迷惑、不快と感じ、危険を覚える行動が増加し、平穏で快適な生活に支障が生じている」んだそうです。「平穏で快適な生活に支障が生」じるのは「社会生活の場における規範意識の低下や欠如によ」るものなんだというわけですが、いかにももっともだと頷ける話しです。なんたって誰でも他の人から迷惑をこうむったことはよく憶えているものですから。もっとも自分が他の人に迷惑をかけている場合はそのこと自体に気がつきにくいものですし、仮に指弾されるようなことがあっても自分を正当化する理屈の一つや二つには事欠きません。そこで人々はお互いにお互いの「規範意識の低下や欠如」を嘆きあう、ということが「平穏で快適な生活」の重要な契機となっているんですが、ご当人達はそんなことになっているとはつゆ知らず、こんなデタラメに大きく頷いてしまうのでした。

そんなことはともかく、この条例が奇妙な点は第2条に列挙される「基本理念」ではありません。いちいちの点についてそれぞれ議論があることとは思いますが、「快適な生活を享受」するため、という根本のところはさして間違ったところを目指しているわけでもないんでしょうから、仮にそれはそれで良いということにして、なおかつテコヘンなのは第3条でしょう。なにしろ「県は、基本理念にのっとり、快適社会づくりに関する施策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する」というのですから、「いばらき」県は今まで何をやっていたのか大変心配です。もちろん「快適」といっても誰にとって「快適」かということもありますが、今更特記しているところをみると「いばらき」の程度というものが計り知れます。

とはいってもやはり「快適社会」の内容、というものは気になるところです。第4条では県民は「快適社会づくり」に奉仕することを強要されています。「主体的に」「県及び市町村」に「協力しなければならない」のです。「主体的」というのはこの場合、「県及び市町村」に完全に合意することを指します。「服従」ではなくて「合意」です。「合意」を強制されるのですから「服従」のようなものですが、あくまで自ら進んでという態度が強制的に求められるということになります。

非常に難しい方言であることは間違いありませんが、鶴岡さんの大変分りやすい言い方によれば「個人の心の在り方」を条例で定めるということになります。したがってこの条例に反する「個人の心の在り方」は犯罪を構成します。これが現在模索されている「新しい犯罪類型」に他なりません。これは現在司法で行われている「反省」や「更生可能性」という名の下で「個人の心の在り方」によって死刑にしたりしなかったりという審判のあり方と全く同様のものであるといっていいでしょう。

ところが、前言を翻して申し訳ないのですが、これは別段「新しい犯罪類型」でも何でもありません。例えば刑法の第2編は色んな犯罪について定義してあるところですが、これの一番最初の第1章はその条文全体が削除されていますが、これは「皇室ニ對スル罪」でありまして、第73条などはこうなっておりました。

第73条 
天皇、太皇太后、皇太后、皇后、皇太子又ハ皇太孫ニ對シ危害ヲ加ヘ又ハ加ヘントシタル者ハ死刑ニ處ス


これが「大逆罪」というやつでして、実際に天皇なんかを殺したり危害を加えた人はおろか「加ヘントシタル者」は死刑です。この「加ヘント」する行為は未遂はもちろん、予備行為や謀議、そしてその意志を抱くことも含まれます。実際問題として単にそういう考えを抱いていることを察知することは困難ですが、考えかたとして「個人の心の在り方」を犯罪として扱うということは既に過去において行われていたのでした。

昔はこんな風にして「個人の心の在り方」を画一的に強制していたものですが、「いばらき」の自民党はこういうことが「規範意識」だと思っていますから、現在「規範意識」が「低下」したり「欠如」したりしているのは当然のことです。しかしながら田舎の生活においては、ムラビトの「個人の心の在り方」が画一的であることを当たり前のように思っているもんです。ですから「モラル条例」のようなものも、「いばらき」のような「田舎」ではいとも易々と成立してしまいそうな気もしますが、世論の動向によるとその他の地方にも「田舎者」が沢山いるようですから分ったものではありません。田舎者の開き直りは始末に負えませんが、かく言う僕だって三代くらい遡ればどっかの田舎者ですし、考えてみれば色んな意味で日本は世界の「田舎者」であるのかもしれません。何しろ首都の首長があの調子ですし、第二の都市の首長候補があのザマです。もしそうだとすれば「モラル条例」が全国に出来てしまう可能性もありますし、そういえばつい1年くらい前に「教育基本法」とかいう、「モラル条例」に極めて類似した「田舎条例」が国の法律として決まってしまっていたのでした。もう日本は大きな「ムラ」なのかもしれませんし、これからだんだんそうなっていくのかもしれません。

ただし、日本がひとつの「ムラ」になってしまうということは、実をいうと大変に良い傾向である、と言えないこともありません。マチのもんはムラに何もしてくれませんが、ムラを滅ぼそう、ムラを焼き払おうという人は必ずムラの内部から出て来ることになっています。あと1000年もすれば「日本」は「邪馬台国」と同じくらいどこにあったのかよくわからんというようになっているでしょう。困ったもんですな。


posted by 珍風 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。