2008年04月05日

「日本のチベット」

映画「靖国」、17都道府県21館で上映予定・配給元が発表

 上映中止が相次いだドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の配給・宣伝担当のアルゴ・ピクチャーズ(東京・港)は4日夜、全国17都道府県の21の映画館が5月初旬から順次公開すると発表した。ただ、抗議の電話などを警戒し、映画館名は公表していない。
 アルゴ社は、上映映画館の名称の公表を当初予定していたが、館数だけの公表について、「妨害行動を受ける映画館をこれ以上増やさないため」と説明している。
 当初は今月12日以降に東京や大阪などの14館で上映開始予定だったが、都内では4館、大阪でも1館の上映中止が明らかになっている。

2008年4月5日 NIKKEI NET


現在わかっているのは大阪の第七芸術劇場、広島サロンシネマ、苫小牧シネマトーラス、京都シネマ、松本CINEMAセレクトなど、その他群馬や新潟や沖縄など17都道府県21館での上映が予定されているそうです。「17都道府県」と書いてあります。ということは東京でもやるようです。現在までのところ東京は地震と空襲とゴジラが鉢合わせしたような潰滅状態ですが、上映中止を決定した4館の他に1館が名乗りを上げているという話しもありますし、シネマート六本木も上映中止が必ずしも映画館側の本意ではない旨声明を発しているところでもあり、復興の兆しが伺えるという状況でしょうか。

そのようなわけで田舎の人たちは東京というとなんだか花の都だと思うかもしれませんが、今や瓦礫の山であります。かつては「東京一は世界一」だったのかも知れませんが、もはや東京は日本一ですらありません。石原知事もさして読まれていない小説の書き手でありましたが、ウラでは何をやっているかわからないとしても、現在の収入では宮崎のテレビ芸人の方が多そうですし、銀行を破綻させたとはいえ頭の悪さも大阪の芸人の方が若干リードしているのではないでしょうか。石原さんは思想と性格に問題がありますが、あっちは正真正銘です。

東京では教育も潰滅しています。教育委員会は言うことをきかない餓鬼を教育することよりも、言うことをきかない先生を懲らしめるのに熱心です。

君が代不起立20人を処分 都教委、教員は不服請求へ

 東京都教育委員会は31日、3月の公立学校の卒業式で校長の職務命令に従わず、君が代斉唱時に起立をしなかったなどとして、教員20人を停職や減給などの懲戒処分にした。処分を受けた教員の多くは「教職員や生徒に日の丸・君が代を強制する暴挙だ」として、都人事委員会に不服審査請求する。
 都教委によると、停職6カ月が2人、減給が9人、戒告が9人。学校別では都立高が15人、特別支援学校が3人、公立小中学校が2人。戒告対象者のうち2人は、4月からの再雇用や非常勤選考の合格が取り消された。
 昨年春に続き2度目の停職6カ月の処分を受けた特別支援学校教諭の根津公子さん(57)は31日、記者会見し「『次はもうない』と言われたが(解雇に)ならなかった。(不当な教育行政を)変えられるという希望が持てた」と話した。

2008年3月31日 共同


根津さんはクビにはならなかったようですが、「再雇用や非常勤選考の合格が取り消された」というのは事実上クビと一緒です。あんな旗やら何やらのために教師はクビになっちゃうのでした。仕事がなくなるのは可哀想ですが、これを機に教師などやめて真人間に立ち返りましょう。また、このような処分によって、餓鬼どもは日の丸だの君が代だのというものは何だかしらないけどオソロシイ、嫌悪すべきものであることを学習します。これによって赤いマルを見るとビビって立ち止まる癖が身に付きますので、交通安全にも役立つのですし、禁煙教育にもなるのです。ラッキーストライク限定ですが。

このようにいいこと尽くめで大変に住み良い東京ですが、一説には東京都の人口過密状態を憂いた石原さんが、なんとかして東京から人間を追い出そうとしているのではないかと言われています。その他にもしょっちゅう街中を走り回させたりして住民に不便を強いていますし、とどめにオリンピックを誘致しようとしています。

人権活動家・胡佳氏に懲役3年6月=言論活動で国家転覆扇動罪−中国

 【北京3日時事】北京市第一中級人民法院(地裁)は3日、中国の著名な人権活動家、胡佳氏(34)に対し、国家政権転覆扇動罪で懲役3年6月、政治的権利剥奪(はくだつ)1年の有罪判決を言い渡した。
 中国当局は北京五輪を前に人権活動家への締め付けを強化しているが、胡氏への実刑判決に対して欧米諸国などで批判が高まるのは必至だ。チベット暴動に関連した五輪ボイコットの動きが広がる可能性もある。
 新華社電によると、判決は「中国の政治・社会制度を中傷し、悪意あるうわさを広めた」と胡氏を指弾。2006年8月から07年10月にかけ、海外のウェブサイトに「1国2制度」などに関する評論を寄稿し、外国メディアの取材を受けたことが「政権転覆扇動」に当たるとされた。

2008年4月3日 時事


オリンピックにこういうことはつきものですから、「東京の政治・社会制度を中傷し、悪意あるうわさを広めた」りすると「政権転覆扇動」とみなされかねません。現状ですら東京の人権状況はアレですから、もしオリンピックをやるとしたらボイコットは必至であります。今から東京をボイコットしておいた方がいいかもしれません。実際、東京なんかにいても何にもなりません。田舎の人は出てこないように。岩手にいなさい。

岩手のことを「日本のチベット」と言ったり、岩手の中でも山奥の不便な所をチベットという言い方があり、これはチベットを近代の物質文明万能主義の色メガネによって、文化の劣る僻地とみなすきわめて不謹慎な、チベットの人にたいへん失礼な考え方です。

http://www.kenji-world.net/ihatov/today/museum.html

と、岩手県の人が言っています。岩手県は「文化の劣る僻地」であると自分で言っていることになりますが、蘇民祭という立派な文化があるではないですか。極寒の中で冷水をかぶり、全裸になって揉み合うという「自然の摂理」に反した行動はまさに「文化」そのものです。逆にチベットのことを「中国の岩手」と言ってみてはどうか。しかしながらこれからは映画一つ碌に上映出来ない東京のことを「日本のチベット」と言っても良いことにしましょう。「首都」なんかよりも北海道とか群馬とかのほうがよっぽどアテになるようで、こういうことを多元化というのです。


posted by 珍風 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。