2008年04月18日

違憲について意見する

違憲判断に批判相次ぐ=自民

 イラクでの航空自衛隊による米兵らの輸送を違憲とした名古屋高裁の判断について、18日午前の自民党総務会で批判が相次いだ。
 今回の判決は国側勝訴のため国は上告できない。このため、津島雄二党税制調査会長は「最高裁で争えない以上、何らかの是正措置を考えなければいけない」と主張、稲田朋美衆院議員も「(主文でなく)傍論で最高裁の判断を封印するのは憲法違反だ」と指摘した。中山太郎元外相は「傍論で違憲としたのは司法の分を超えている」と語った。

2008年4月18日 時事


稲田朋美に「憲法違反だ」と言われるのは気持ちのいいものです。何か偉くなったような気がします。塩野直樹君に「このシャブ中め!」と言われたようなものでしょうか。どこが偉いんだかよくわかりませんが。

それにしても自民党の諸氏の反応は不可思議です。判決要旨によれば航空自衛隊は「多国籍軍の戦闘行為にとって必要不可欠な軍事上の後方支援」を立派に遂行して「他国による武力行使と一体化」し、「自らも武力の行使を行ったとの評価」を頂いています。名古屋高裁の青山邦夫裁判長によれば自衛隊がバグダッドでアメリカ軍と一緒に戦争をするのは「憲法9条1項に違反する活動」なのだそうですが、これはもう憲法に書いてある事ですからどうしようもない事です。

自民党の諸氏を始めとした改憲派の言うところによれば「傍論で正論を述べるのは暴論だ」ということのようですが、この判決に何か文句でもあるのでしょうか。むしろ「改憲派」であればこそ、この「違憲判決」を諸手を上げて歓迎しなければなりません。アメリカとともに戦うのは違憲だ、よろしい、だからこそ「憲法改正」が必要とされるのではないでしょうか。逆にこれが合憲だとしたら何のための改憲だか判りません。この機に乗じて、国民を戦場に引きずり出して殺すので改憲しましょう、と大いに宣伝につとめるべきでしょう。

稲田などは他人の映画の宣伝に夢中になって自分の「政治的宣伝」がお留守になっているのは情けない事です。他の人たちも「ここぞとばかり」が足りません。「違憲とは遺憾だ」なんて下らないことを言っている場合ではありません。このまま放っておくとプリンスホテルと同じかと言われてしまいますよ。頑張れ自民党!何やってんだ自民党!ウスバカ自民党!ふざけんな自民党!引っ込め自民党!もうここらへんでゆっくりお休みになってはいかがですか自民党。あれまだいたの自民党。生きていたとはお釈迦様でも知らぬ仏の自民党。

これは改憲派がのんびりしているのか、志を忘れたのか、「違う」と言われるとそれだけでムキになる単純バカなのかのいずれかでしょう。しかし考えてみれば改憲だって元々はイラク参戦と同じく他人から言われてやっている事ですから、あまり熱心になれないのかも知れません。頭が悪くて言いつかった主旨を理解することが出来ていないから応用が利かないということもありますし、語学がからきしダメで英語で指示を受けたのでよくわからなかった、という事情もあるでしょう。で、エサをくれる時だけ尻尾を振ると。でも英語だったら隣の家の犬だって理解しているみたいですが。「ハウス」とか「シット」とかやってるようです。うちの犬はダメだ、バカで。いつでもどこでもゆっくり休む嗜眠党。


posted by 珍風 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。