2008年07月08日

2008年洞爺湖の旅

でもって「健康食品」といえば、やっぱりエビでしょう(そうか?)。

<エビ養殖詐欺>以前にも同様手口で600億円 黒岩容疑者

 フィリピンでのエビ養殖事業に絡む出資金詐取事件で、逮捕された「ワールドオーシャンファーム」会長、黒岩勇容疑者(59)は約10年前から、健康食品販売会社2社を舞台に巨額の出資金を集めては1〜2年後に破綻(はたん)させる今回と同様の手口を繰り返していたことが分かった。2社で集めた出資金は計約600億円に上る。警視庁などの合同捜査本部は、不正な集金システムを熟知した黒岩容疑者が今回の事件を主導したとみて追及する。

 黒岩容疑者らは「フィリピンでのエビ養殖事業に投資すれば、約1年3カ月後には出資額が2倍になる」などとだまし、05〜07年に約3万5000人から約849億円を集めたとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で逮捕された。

 関係者によると、黒岩容疑者は80年代に知人男性と健康食品販売会社「ユーゼン」を都内に設立。98年1月ごろから「出資した金が1年で3倍になる」などと勧誘して出資を募り始めた。出資会員が新たな出資者を見つけると紹介料を支払っていた。ユ社は全国の約3000人から約300億円を集めたが、00年6月に倒産した。

 99年10月には健康食品販売会社「アイエーエスプロデュース」を茨城県内に設立。都内に拠点を移した01年2月以降「販売事業に出資すれば1年で倍の配当を得られる」などと出資者を募り、約2万人から約300億円を集めたという。しかし02年1月に会員への支払いが停止され、02年4月には解散した。

 黒岩容疑者はユ社では副社長、ア社では社長を務めていた。

 いずれも刑事事件には発展しなかったが、ア社を巡り、広島市内の会員らが02年5月、黒岩容疑者らを詐欺や出資法違反容疑などで広島県警に告訴。同9月には同市内の会員らが黒岩容疑者らを相手取り出資金の返還を求める民事訴訟を広島地裁に起こしていた。

 また国民生活センターによると、ア社に出資した投資家らからの苦情相談も数十件寄せられたという。

 黒岩容疑者の知人男性は「まず金を集められるだけ集める。マスコミや被害者の動きを察知すると姿をくらますのがパターンだった」と話す。ワ社の場合も、養殖事業への出資を集め始めた約2年後の07年1月以降に突然配当を停止し、同5月には破綻している。【武内亮、町田徳丈】

2008年7月4日 毎日新聞


今話題の「エビちゃん」こと黒岩勇容さん、以前にも健康食品会社を作っては潰して集めた金がなんとたったの600億円。たったの、ですよ。たったの。立ちゃしませんが、これは「森の人」福田さんが洞爺湖畔のバブルのお化け屋敷での3日間の豪遊で消費する金額でしかないのです。

エイズ患者400万人の治療費分=巨額なサミット経費に驚き−英紙

 【ロンドン5日時事】5日付の英紙タイムズは、7日から開催される北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)で日本政府がかける経費が2億8500万ポンド(約600億円)に上り、3年前の英グレンイーグルズ・サミットの3倍以上に相当すると報じた。エイズ患者400万人を1年間手当てできる金額と同等と指摘している。
 同紙によると、洞爺湖サミット予算の半分は警備を担当する警官2万1000人らの動員費用。同費用は1億4200万ポンド(約300億円)でグレンイーグルズ(7200万ポンド)の約2倍になるという。

2008年7月5日 時事


じゃあイギリスはエイズ患者133万人分を無駄遣いしちゃったんだ、バカだねえ、という話しはさておき、600億円といえばエイズ患者じゃなくても日本人1人あたり500円、狂牛丼1杯にサラダと卵が付けられます。G8仲間の日本ではみんなおとなしく狂牛肉を喰って静かに狂っていくのですが、そうじゃない所もある、という話しはさておき、そのうちの半分、250円がオマワリさんの経費です。要するに300億円って事ですが、つまり経費からいうと「サミット」ってのは半分が「警備」なんですな。会場はSECOMのホテルだから全部が「警備」なんですが。

まあ「サミット」の目的がそもそも「それ自体を警備する事」なんですから、半分でも多いというわけではありません。イギリスなんかは総経費が日本の3分の1のくせに警備予算は日本の半分だというのですから、これはイギリスでは警備経費が総経費の75%を占めるということになります。つまりタイムスの主張は、日本は本来の目的以外の所に金を使いすぎている、警備予算はそのままで総予算は400億円でいけるはずだ、ということになります。

とはいうもののイギリスの倍の予算をかけただけの事はあり、「日刊ベリタ」によればウォルデン・ベローさんは「これまでのG8サミットなかで最悪の経験。ハイリゲンダム(ドイツ)でもグレンイーグルス(イギリス)でも、これほどひどい扱いは受けなかった。今回の体験は、2年前にシンガポールで入国を拒否されたときに似ている。あのとき入国できなかったのは、シンガポールが独裁政権であり、政治的な理由だったと思われる。それと同じことを、民主主義であるはずの日本政府がやっているのだ。こうした行為は日本の民主主義の汚点であり、日本政府は恥ずべきである。外国人への抑圧は、日本国民にとっても悪い予兆となるだろう。次の被害者は、日本人自身であるかもしれない」と怒っています。もっともシンガポールの件は、過去においてシンガポールが日本に学び、今では日本がシンガポールに追いつき追い越そうとしていることを僕が指摘していたのにベローさんが読んでいなかったのは残念な事です。
http://worstblog.seesaa.net/article/37807298.html

日本が民主主義である、と思っている外国人は沢山います。例えば外国人は日本人は誰でも「サムライ」で「ウタマロ」だと信じているようですが、それは身分制度への無知に基づく誤解です。現在でも武装が許されているのは軍人・警官・ヤクザという、日本の支配階級の警護に任ずる3身分だけであり、一般の日本人はダガーナイフすら所持することが許されていません。路上での火気の使用も厳しく制限され、たばこを吸っていただけで罰金を取られますし、自動車による「テロ」を防止するために、高額な罰金で路上駐車を取り締まっています。しかもこれらの取り締まりは、一般市民のうち恵まれない人々を使役して行なわれているのです。

その他にも300億円を使って、関東地方でもコインロッカーの使用を禁止し、図書館の夜間返却ポストを封鎖し、要所にはオマワリさんが長い棒を持ってぼーっと立っています。暑いのにご苦労様な事で、自業自得ともいえますが、そんなオヤジギャグが出てしまうくらい大変なんです。G8の一部にも会議参加国を増やして、要は自分の所に回ってくる順番を少しでも遅らせようと思っている人がいるほど、こうした費用の負担は馬鹿になりません。例えば、600億円といえば、すぐ近所で破綻している夕張市の借金がちょうどそのくらいです。正確には630億円くらいですか。

「私設暴力装置」に便宜を図っている暇があったら世界的な映画祭を危機に陥れないようにした方が世界的にも意味があります。そんなことやってるからゴーゴー夕張は坊主頭になっちゃった。どうするんですか。そりゃ「平泉の文化遺産」だって意味はあるんでしょうけど、ついこの間近所で大地震が来たっていうのに、政府が無駄な金を使っちゃうようではユネスコだって困るでしょう。

復旧費、宮城県財政を圧迫 被害額600億円

岩手・宮城内陸地震への財政支援を求めて村井嘉浩知事は20日、永田町・霞が関を奔走した。宮城県が集計した被害額は、初期段階で600億円に迫る。緊急に取り崩せる財政調整基金は約11億円しかなく、財政当局は県債の大量発行を示唆。

2008年6月20日 河北新報


記事の途中ですが、これは「初期段階」ですからね、もっと増えるでしょうけど、とりあえずは600億円。たったの。まだ行方不明者が10人もいるんですが。大雨も降るし。サミットだか山崩れだか知りませんが、日本はときどき地震があるんですから、そんな所に世界の要人を集めていいのでしょうか。いいのでしょう。

ところで日本のサミット予算が「多すぎる」と思っているイギリス人は、じゃあ600億円あったら何にどう使うかっていうと

住宅市場へ600億円 英首相が生活支援策

 ブラウン英首相は14日、下院で演説し、住宅市場対策に計3億ポンド(約610億円)を支出するなど、来年の実施を目指し今後法案化する計18の政策の概要を明らかにした。食料やガソリン価格の高騰、経済減速などを背景に労働党政権の支持率が低迷しており、住宅政策や預金者保護など勤労者の「生活支援」拡充を強調する内容。

 住宅関係の政策では、米サブプライム住宅ローン問題の波及で今後の価格下落が予想される住宅市場のてこ入れのため、二億ポンド規模で民間の住宅を買い取り公営住宅に転換。一億ポンドの基金を積み増し、初めての住宅取得に対する公的支援を拡充する。

2008年5月15日 共同


だそーだ。勤労者の「生活逼迫」を拡充するために消費税を上げるんだとか、たばこ税を上げるんだとか言ってるのとは違うみたいです。たばこ税といっても、結局は家計部門から数兆円を巻き上げる事には変わりないのですから、朝三暮四とはことのことです。これは中国の『列子』だか『荘子』だかに見える故事ですけど、日本では人間が猿に騙されるところが進歩したところです。ご存知の通りピエール・ブールの『猿の惑星』の「猿」は日本人のことなんですから、気分はもうSFです。

ところでSFといえば「オデッセイ」です。ホンダではなくて「2001年」とかそういうやつですけど。もっとも2007年の「オデッセイ」は木星に宇宙人との共同体を探しに行くのではなくて海底に潜って600億円を探します。こうなるともうジェームズ・キャメロンの世界ですが、あっちは2000億円くらい稼いだような気もします。やっぱりお金は宇宙ではなくて水中にあるのです。

600億円の財宝か  沈没船から銀貨50万枚

 【ニューヨーク18日共同】海底探査に従事する米企業「オデッセイ海洋探査」(本社フロリダ州タンパ)は18日、大西洋で沈没船の探査作業を終え、数百枚の金貨や計17トンに上る50万枚の銀貨などを引き揚げたと発表した。  
 
 AP通信によると、総額5億ドル(約600億円)相当とも見込まれ、これまでに海底から見つかった財宝としては過去最高額になる可能性がある。  
 
 探査場所などは明らかにされていないが、同社のモリス会長は「この海域には植民地時代の多くの沈没船が眠っている」と述べており、銀貨などは17世紀前後のものとの見方もある。  

 英デーリー・テレグラフ紙(電子版)は、同社が探査のため裁判所に提出した記録を基に、英国南西約60キロの海域に沈んでいる17世紀の英商船との見方を報じている。  銀貨などは米国内に持ち込まれ、専門家が保存、鑑定作業をしている。

2007年5月19日 共同


もしかすると洞爺湖にも何か沈んでいるかも知れません。無駄遣いをした罰に福田さんを沈めて拾ってきてもらうのもいいでしょうし、だまし取った罰に黒岩さんを沈めて引き上げさせるのも良いでしょう。何にも見つからないかもしれませんが、沈めただけお得というものです。とはいっても、2人とも「軽そう」ですから、果してうまく水に沈むかどうかは保証の限りではありません。実はとっくに沈んでいるという話しもありますが。


posted by 珍風 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。