2008年07月29日

人食いアメーバの国の絶対の危機(ピンチ)

傷害:JR平塚駅改札前に刃物女 6人けが、容疑で逮捕−−神奈川

 28日午後7時半ごろ、神奈川県平塚市宝町のJR平塚駅東口改札前で、女がナイフを振り回し、利用客らに切りつけた。大学生や会社員ら男性6人(18〜48歳)が右腕や背中などに軽傷を負った。女は帰宅途中の同市の大学生の男性(21)に取り押さえられ、110番で駆けつけた県警平塚署員が傷害容疑で現行犯逮捕した。
 調べでは、女は同県茅ケ崎市浜竹、パート、桜井久枝容疑者(34)。「ワー」と奇声を発しながら十徳ナイフ(刃渡り3・5センチ)を振り回した。「人がぶつかってきて爆発し階段を上がって人を切りつけた。死のうと思っていて、他人を道連れにしようと思った」と供述しているという。
 事件当時、駅構内は夕方のラッシュで混雑していた。駅にいた人の話を総合すると、桜井容疑者は駅北口付近で男性1人のワイシャツを切った後、階段を上って東口改札前へ移動し、6人に切りつけたらしい。【渡辺明博、池田知広】

2008年7月29日 毎日新聞


もはや「ナイフ」の限界に達しています。「十徳ナイフ」というと「アーミーナイフ」のようなものを指しますが、刃渡り3.5pというのはかなり小さいです。好きな人はスイス製なんかをお持ちでしょうけれども、そういう普通のアーミーナイフに付いているナイフの刃渡りは5.5pくらいですから、この「十徳ナイフ」は、それこそ「そこら辺」で買った安価なものでしょう。

このようなものですと、お巡りさんに難癖を付けられても大丈夫だという利点があります。銃刀法では刃体長6p以上を携帯禁止としますが、よもや人を殺めるのに3.5pでやるとは、普通は考えつきません。実際にこの長さのナイフを目にした場合、かなり頼りない感じがするでしょう。これは肥後守にも及ばず、これより下の刃物となると「ボンナイフ」くらいしかないのです。そんなものでは自分が死ぬことも誰かを道連れにすることも出来ません。

桜井さんは34歳、おそらく独身のスーパーのパート従業員、3.5pのナイフを振りかざして駅の人ごみに突進、そこらの人たちにかすり傷を負わせただけで通行人に取り押さえられ、腹這いに押さえつけられて「殺してくれ」とわめき声をあげる、というのがこの人の「犯罪」の一部始終です。

「動機」は事件の翌朝に直ちに提示されています。例によって「問題」は「家庭」にあります。曰く「父親から物を投げつけられていた」「父親を殺したかったが出来ずに悶々としていた」「他人を道連れに自分も死のうと思った」というわけです。なんですかね、30過ぎの娘に物を投げつける父親、それに黙って耐えていた娘、って。色々と問題のある御家庭のような気がしないでもありませんが、この「事件」もまた、家庭内の葛藤ということで済ませてしまうのでしょうか。

多分済ませてしまうのでしょう。しかしここで単なる憶測でいい加減な事を言うとすれば、「問題のある御家庭」の背後に存在するであろう何かを考えてみることが出来るかも知れません。「家庭」は社会的な矛盾が衝突して火花を散らす戦場なのです。例えば、事情はどうあれ、桜井さんの現状が現代日本女性の規範的とされる生活形態からの逸脱を示していたことは間違いないでしょう。それが良いとか悪いとかは問題ではなくて、そのことが当人にとって不本意なものであるかどうか、そして父親にとって不本意なものであるかどうか、不本意であるとすればそのように追い込まれた事情とは何か、またそれを「不本意である」と評価する「規範」はどこから来たのか、ということがそれぞれ「家庭」と「社会」との接点となっているでしょう。

そういった意味では「ナイフ」の「下限」をもって敢行されたこの「犯罪」は、その「動機」に関する「了解」の「限界」を示すものである可能性もあるというわけです。そうでなくても、こんな一文にもならない「犯罪」に手を染めるには、それなりの環境に置かれていることが極めて重要です。明らかな精神病(妄想などの症状)でもない限り、大企業の正社員はこういうマネはしないものです。「模倣犯」でもいいですが、「模倣」したくなるような生活ってものがあるものと思われます。昔は芸術が爆発でしたが、ある種の「通り魔事件」は「家庭」の内圧が高まって「臨界に達し」、爆発して街頭に出て来たものである可能性があります。マンションの各区画がそれぞれ「ブロブ」のように「溢れ出て」くるのです。


posted by 珍風 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。