2008年08月02日

「死に神」の異動に伴う8月の祭祀の延期について(通知)

「死に神」コラムで朝日新聞が「謝罪」 「自らの不明を恥じるしかありません」

   朝日新聞の夕刊1面コラム「素粒子」が鳩山邦夫法相を「死に神」と表現し、全国犯罪被害者の会(あすの会)が同社に抗議していた問題で、朝日新聞社が同会に事実上「謝罪」となる回答をしたことがわかった。同会はこれを受け入れ、「死に神」問題は1か月あまりを経て一様の決着を迎えた。
   この問題は、2008年6月18日付朝日新聞(夕刊)1面のコラム「素粒子」で、死刑囚13人の死刑執行を命じた鳩山法相について、「永世死刑執行人 鳩山法相。『自信と責任』に胸を張り、2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」と書かれたことに端を発した。
   
「適切さを欠いた表現だったといわざるを得ない」

   全国犯罪被害者の会(あすの会)は6月25日に「犯罪被害者遺族の感情を逆撫でされる苦痛を受けた」などとして同社に抗議し、朝日新聞社は6月30日付で同会に「鳩山法相を中傷する意図はありませんでした。法相が『侮辱』『中傷』とお受け取りになったとしたら残念です」「ご批判を厳粛に受け止め、教訓として今後の報道に生かしていきます」などと回答した。
   これに対し、同会は回答を不服として7月7日に再度朝日新聞社に質問状を再び送付。同社からは7月14日にこの質問状に対し回答した。7月23日に同会は「真正面から質問に応えることを避けている」「犯罪被害者の質問に真摯に説明するか、謝罪すべき」などと同社に再々抗議していた。
   08年8月1日の回答で、朝日新聞社は「13人の死刑が多いといっているのではない」「件数が適正でないと言っているわけではない」と釈明。「犯罪被害者遺族をはじめ多くの方々からのご批判を踏まえたとき、適切さを欠いた表現だったといわざるを得ない」などとしたうえ、論説副主幹の「自らの不明を恥じるしかありません」というコメントを挙げ、「弊社としても同様に受け止めています」と事実上謝罪する内容になっている。
   全国犯罪被害者の会はホームページで「これで、一連の素粒子『死に神』問題の決着をつけることになりました」とこれを受け入れるコメントを掲載している。

2008年8月1日 J-CASTニュース


「アスの会」、ついに朝日に謝らせてしまいました。何でも3回にわたってクレームをつけ続けたということで、相当にしつこいですね。「粘り強い」って言うんですか?重症の「しぶり腹」です。こうなってくるとクレームを受ける側もとにかく相手方がいじめるのを止めてくれるように、クレーマー側の意志を忖度して言葉を並べることになるわけで、そうすると「謝罪」を表現するようなことになります。それにしても「自らの不明を恥じるしかありません」ってのはちと大袈裟なようですが。

とにかくこれで「アスの会」としては先ずはマスゴミを攻略して「アンタッチャブル」に近づいたわけで、もっともそんな穢いところなど触りたくもありませんが、岡村勳なんてものもエラくなったものです。大したもんですが、実は「主役」であったはずの鳩山さんはもういません。「決着」したのは多分そのせいです。

「安心実現内閣」…福田首相が改造で命名

福田首相は1日夜、首相官邸で記者会見し、内閣改造の狙いについて、「政策の着実な実行を図り、国民目線での改革をさらに加速する」と述べた。
そのうえで、今回の改造について「安心実現内閣」とネーミングし、「政策を実現できるような布陣を敷いた」と語った。

2008年8月1日 読売新聞


今日福田内閣は「増税実現内閣」になったわけですが、ただでさえ景気が後退局面に入っているご時世に伊吹さんとか谷垣さんとか与謝野さんとか、あたかも人様の財布から金を巻き上げるために産まれて来たような連中を並べていますから、もうすっかり心理としては消費税が上がったも同然であります。ますます景気が悪くなるような気がしますので、まあそういうことならいっそのこと精神活動を停止させて何も考えない、つまり「安心」してもらおうというわけでしょう。

それで鳩山さんの後任の「死に神」ですが、保岡興治さんはその昔「死に神」だったことのある人です。2000年の7月4日から12月5日までの5ヶ月ばかし法務大臣をやっていたのですが、この時に3人殺しています。5ヶ月で3人ですから、鳩山さんと比べると「死に神」としては見劣りがしますが、時の総理大臣が森さんだったので、まともに「死に神」の仕事ができなかったのかも知れません。

この時の死刑の執行は11月30日でしたから、任期も押し詰まっていた頃であります。「やれるうちにやっちまおう」という、大変に熱心な仕事ぶりであると言えるでしょう。ちなみにこの時にやられたうちのひとりが、かの有名な勝田清孝さん(最高裁第一小法廷小野幹雄裁判長。上告棄却)。獄中で支援者の養子となったので執行当時は藤原姓。藤原さんちの娘が来栖宥子さんで、清孝さんの姉ということになりますが、この人のHP(http://www.k4.dion.ne.jp/~yuko-k/kiyotaka/)によると、執行の翌年の3月末、藤原さんちに国土交通省からすっとぼけた文書が届いたそうです。

損害てん補金の回収について((照会)
 昭和57年8月18日の交通事故により、藤原(勝田)清孝殿は国に対して債務を負っておりましたが、同人が平成12年11月30日に死亡していることが確認されましたので、法定相続人である貴殿あて照会文を送付しますので、下記を参照のうえ、別紙回答書により回答してください。
 なお、平成13年4月6日(金)までに当方に回答が到達しない場合には、当方で法定相続人を確定し事務処理を進めます。(中略)
 今回の債務は貴殿にとってマイナスの相続であります。被相続人の財産を相続するしないは、貴殿の自由ですので比較検討し結論を出してください。
(以下略)


来栖さんはこの件はスーパーエポック山科北店襲撃事件の関係だと思っているようですが、同事件は昭和58年の11月28日であるという話しもありますから勘違いでしょう。これはただの交通事故だと思われますが、それにしても国が殺しておいて3ヶ月以上経ってから「同人が平成12年11月30日に死亡していることが確認されましたので」はないでしょう。

もう1人の宮脇喬さんは離婚した妻に復縁を迫るも妻の家族に妨げられたのを恨み、妻の妹と両親を殺害したものです。両親の殺害については傷害致死を主張し、控訴審では妹に対する殺意も否認しましたが、名古屋高裁吉田誠吾裁判長(この人は勝田さんの控訴審も担当しています)は控訴を棄却。宮脇さんは当然上告しますが、獄中でキリスト教に転向した為か突然上告を取り下げ、死刑が確定しました。そういえば勝田さんも獄中入信組です。

3人目の大石国勝さんはさすがにキリスト教徒ではありませんが、キ印の疑い濃厚です。なにしろ隣の家の13歳の息子が大石さんの家のホースの金具を盗んだと思い込んで、隣家に包丁持って乗り込み、その餓鬼と両親を追いかけ回して滅多突きにしたのですから、正常な精神状態の人にはこれが正常な精神状態であるとは思えません。

ところが一審の佐賀地裁早船嘉一裁判長、控訴審の福岡高裁丸山明裁判長、そして上告審の最高裁第二小法廷中島敏次郎裁判長の精神状態が正常であったのかどうか、揃いも揃って大石さんの突飛な行動を正常な精神状態によるものとして死刑判決を出しています。こういう裁判官が生まれ変わって精神科医になると患者がいなくなって病院が潰れてしまいます。

相変わらず国民を苦しめて死刑で脅かす「福田内閣」は「改造」してもやっぱり「福田内閣」でしかなかったようです。あたかも本郷猛が「改造」されても正義感を失わなかったようなものです。仮面ライダーというのはショッカーの「バッタ男」になるはずだったものが、脳を改造される前に逃げ出したのでした。内閣も「改革脳」を「脳改造」出来ない限り選挙対策は困難でしょう。わずかに頼りに出来るのは伊吹さんの提唱する「メクラマシー」とかいう一種の統治形態に関する深遠なる思想なんだそうで。とか何とか言ってたら来栖さんのブログでご指摘がありませり。


posted by 珍風 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。