2008年08月03日

出戻り「死に神」着任披露

それでは新任の、てゆうか出戻りですが、今度の「死に神」さんからご挨拶を頂きたいと思います。

保岡法相:「終身刑は日本文化になじまぬ」

 保岡興治法相は2日の初閣議後の記者会見で終身刑の創設について、「希望のない残酷な刑は日本の文化になじまない」と否定的な考えを示した。
 法相は「真っ暗なトンネルをただ歩いていけというような刑はあり得ない。世界的に一般的でない」と述べた上で、「日本は恥の文化を基礎として、潔く死をもって償うことを多くの国民が支持している」と死刑制度維持の理由を述べた。
 終身刑を巡っては、超党派の国会議員でつくる「量刑制度を考える超党派の会」が5月、死刑と無期懲役刑のギャップを埋める刑として導入を目指すことを確認している。
 保岡法相は00年7〜12月の第2次森内閣でも法相を務め、在任中の死刑執行は3人だった。【石川淳一】

2008年8月2日 毎日jp


終身刑は「世界的に一般的でない」かも知れませんが、「恥の文化」もあまり「世界的に一般的」とは言えないようです。「世界的に一般的」であることが問題であるのだとすれば、死刑は「世界的に一般的」ではありません。アムネスティ・インターナショナルによれば「全面的死刑廃止国」、「事実上の死刑廃止国」、「通常犯罪廃止国」を合わせると133カ国ですが、通常犯罪でも死刑を続けているのは64カ国だけです。ダブルスコアの少数派です。他方で日本の「恥の文化」が問題なのだとすれば、終身刑が「世界的に一般的でない」ことを指摘する必要はありません。保岡さんの議論は混乱しています。

もっとも、ここで「恥の文化」などを持ち出すのはちょっと問題です。これはアメリカが日本と戦争をし、占領することを念頭に置いて相手方の文化の特徴を研究しておったわけですが、そういう中でルース・ベネディクトが言い出したことです。この人によると日本人は規範が内面化されていない。あるいは内面に規範が存在するのかも知れませんが、日本人の実際の行動を規律しているのは周囲の他者からの評価であるということのようですが、このことから次のようなことが導かれます

・人的環境を変えてやれば簡単に行動が変容する

・場面によって行動が変わる

・自分で納得していないことでも平気で行なう

・他の人にもそれを求める

・事態が悪化した場合周囲に責任を押し付ける

ですから、「潔く死んで罪を償わないとみんなに批判されるぞ」と心配して諾々と刑場に赴くというのが「恥の文化」ということですが、ここに余計なことを言う人があって逆に「死んで逃げるのは卑怯だといわれるぞ」と言われればなるほどそれもそうだ、やっぱり死刑は良くない、ということもあり得ます。実際に自殺は非難されることが多いようなのですから矛盾しているようですが、「恥の文化」では周りにどのような「他者」がいるかによって行動(他の人の行動への評価も「行動」に含まれる)が異なってくるはずですからそれで構わないのですが、「恥の文化」では物事の是非を判断することは出来ません。死刑が良いとか悪いとかいう評価は不可能なのであって、「皆がやれって言うから」くらいのことしか言えないのです。

保岡さんの言い方を借りれば、死刑は「首に縄を括りつけられて真っ暗なトンネルを歩いていると突然床が開くというような刑」ということになりますが、これが「残酷な刑」ではないとする根拠は明らかではありません。もしかすると「残酷」の質によって「日本の文化になじむ」とか「なじまない」ということがあるのかも知れませんが、かつて死刑の中止を命じた聖武天皇とか、事実以上死刑を廃止してしまった嵯峨天皇などはどうやら「日本人」ではなかったようです。まあ、実際のところそうなのかも知れませんが、その頃の日本では347年間に渡って死刑が行なわれなかったわけで、「日本文化」にはフォッサマグナより広くて深い断絶があるようです。これは注目すべき新説であるといえるでしょう。もしかするとその間は「日本人」はどっかに引っ越していて、後でまた戻って来たのかも知れません。

前任者の鳩山さんも「終身刑はゆっくり死刑を執行するような形になって人格が破壊されていく」と述べ、急いで死刑を執行するような形で人体を破壊するほうが「残酷」ではないという御意見でありましたが、まあ、考えてみれば「日本の文化」は1年に3万人以上が自殺するような素晴らしい「文化」なのです。みんな練炭を買って来たり洗剤を混ぜてみたり山梨まで電車バスを乗り継いでみたり海に飛び込んでみたり丈夫な紐の結び方を勉強したりして頑張ってやっておるわけですが、そこを考えるとわざわざ殺してあげてそういう手間を省いてあげようというのが「死刑」ですから、ある意味「慈悲深い」と言って言えない事はありません。少なくとも「小さな親切」であるとはいえるでしょう。

ところで死刑にしろ終身刑にしろ、それが「残酷」であるとかないとか言われるのは、あくまでその刑を受ける人にとってのことなのですが、一方で「多くの国民が支持している」のが単に「犯罪者」が「潔く死をもって償うこと」なのではないかとう疑いがあります。「多くの国民」が「自分自身が」イザというときに「潔く死をもって償うこと」を「支持」しているのかどうかは分ったものではありません。誰か他の人が死ぬのを「支持」するのは極めて簡単なことですから、ここんとこはひとつはっきりさせた方が良いのではないでしょうか。

そこで各国民について、各人の死刑制度に対する賛否によって当人に死刑相当の重大な違法行為があったか、あったと看做された場合の処遇を異にすることを約束した上でもう一度意見を聞いてみた方が良いようです。つまり死刑制度の存置を認める人だけが死刑に処される可能性を持つということにした上で、それでも死刑を支持する人こそ、真の死刑存置派というべきなのです。他の奴が殺されるのは構わないが自分は御免だという人はニセモノであります。

この場合、「冤罪」の可能性を排除すべきではありません。冤罪は予想外に「一般的」な事柄であると思われますので、あくまで自分が「重大な違法行為をなした場合」だけでなく、違法行為を「したとされた場合」にも死刑にされることを引き受けられないようでは死刑存置派の名が泣きます。これは「ちょっと考えてみよう」という話しではなく、ちゃんと各地方裁判所に「死刑にしてよい人」のリストが存在するということにしなければなりません。

勿論、仮に同じ犯罪を犯しても死刑制度に対する態度によって量刑が違うなどということは違憲ですが、違憲は日常茶飯事ですから、あながち無意味な仮定であるとも言い切れますまい。それに冤罪の存在が死刑廃止派にとって都合が良いかというと、それもそうとは言えないようなのです。むしろ冤罪の存在は死刑を執行する動機となり得ます。誤った司法によって被害を受け、それを訴えて止まない人を殺してしまうことによって「冤罪」そのものもどっかに消えてなくなってしまいます。伊吹さんの言う「死人に口なし」というやつですな。冤罪があるからこそ、「威信」を保つ為に死刑が必要とされるのです。


posted by 珍風 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。