2008年08月09日

お坊ちゃん達の卑しい口

「せいぜい頑張って」五輪代表を福田首相流?激励

 福田康夫首相は8日、北京五輪開会式を前に日本選手団を激励するため選手村を訪問、あいさつした。
 ただ、「まあ、頑張ってください。せいぜい頑張ってください」とか「私はね、日本国民のためにメダルをいくつ取ってくれなきゃ困るなんてこと言いません。余計なプレッシャーかけちゃいけないと思って自制しているんです」などと、しばらく鳴りを潜めていた軽口を連発させた。とどめは「今年は、みんな旅行にも行かないで、家でテレビの前で一生懸命見ようということのようだ。ガソリンが高いせいもちょっとあるんだけどね」。
 華やかな会場で心が緩んだのか、首相本人は終始笑顔だったが、選手たちの心境はいかに。(北京 酒井充)

2008年8月8日 産經新聞


アルカイダの死に神といい、ヒョットコナチスといい、何代目でも構わないっすけど、なんで日本の政治家は金持ちの息子のくせに喋ることが卑しいんでしょうね。もうほとんどビンボー人が急にエラくなって威張りだしたようなチンケな人々が、実は良家の御曹司だったりするんですからビックリです。ああいった連中は恵まれた環境の中で優れた訓練を受けた「国民の選良」だということになっているんですから、外国から見ると一般の日本人のレベルはあれら以下であるというふうに思われちゃうわけです。

これは例えば谷亮子(トヨタ)が「日本一の美人だ」として紹介されるのと同じだ、と言えば分かりやすいでしょうか。谷佳知さんには分かりにくいかも知れませんが、しかし、例えば世界規模のミス・コンテストの日本代表の方も????????????????な風貌の人は多い、と僕は思いますから、人それぞれですよ。

「せいぜい」という言葉の辞書的な意味は「一生懸命に」などでありますが、現代では「どうでもいいけどやりたきゃやれば」というニュアンスで使用されることが多いようです。ここでは相手が「頑張る」対象である事柄への話者の低い評価、あるいは相手が「頑張る」ことの効果に対する話者の期待の低さを含意しています。いずれにしても相手をバカにした言い方になります。福田さんにとっては谷さんが勝とうが負けようが、ママでも金だろうが銅だろうが、離婚でも金だろうが不倫でも銀だろうがどうでもいい、とにかくお前らのやっていることに興味がないというわけでしょう。

これは僕も全く同意見ですが、谷亮子(トヨタ)が見事に「金」を逃して「銅」に甘んじたという話しは知っていますし、それが福田さんの「失礼」な「応援」のせいにされるのであれば、自民党の熱狂的な支持者に(明日だけ)鞍替えしても構わないとは思います。しかし明後日にはその支持を取り下げることになるんですから、なにもそんな面倒なことをする必要もないのかも知れません。

なんといっても今年の夏も僕のうちでは「旅行にも行かない」んですが、それは何も「ガソリンが高いせい」でもなければ、勿論オリンピックを見るからでもありません。福田さんはマリー・アントワネットにでもなったつもりかも知れませんが、キルステン・ダンストよりも気持ち悪いので止めてもらいたいものです。いつまでも止めないようだと断頭台の露と消える名誉が与えられるかも知れません。

「ガソリンが高ければテレビでオリンピックを見ればいいじゃない」という発言は、当の「オリンピック」をご本人がさんざんバカにした後だけに、国民一般への侮蔑の言葉であると受け取られます。もっともマリーさんの発言については、あれは別人のものであるらしいのですが、残念ながら福田さんの場合は産經新聞のおかげで言い逃れは出来ません。とはいえ、福田さんのもマリーさんと同様に無知或は幼稚さの表れであると考えれば、あるいは仕方のないものだということになるかも知れません。日本の「選良」の無知蒙昧(本当にマンガをちゃんと読んでるのか?)と人格の破綻ぶりを余すところなく全世界に印象づけたヒョットコナチスよりは若干かわいげがあるというものですから、このくらいのことで産經新聞に誤摩化されるほど日本人は馬鹿ではありません。

てゆうか馬鹿は北京に行ってしまっているところですが、まあ、悪いことは言いません。メダルなんて本当にどうでもいいですから殺される前に帰って来た方がいいみたいですよ。いろいろ危険なことがあるみたいだし、黒海のほとりではもう本物の戦争が始まったのですから、もはやあなたたちが「別の手段をもってする戦争」を継続する必要はなくなってしまいました。まあ別に無理に生きて帰ってこなくてもいいやね。


posted by 珍風 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。