2008年08月12日

デス・レイプ2008

なんて言ってるとSF映画に出て来そうな人たちがやかましくなってまいりました。

農水相「やかましい」発言に首相苦言 与党からも批判

 太田農水相の「消費者がやかましい」発言に対し、11日、政府・与党内からも批判の声が相次いだ。消費者重視は、秋の臨時国会に消費者庁設置法案の提出を予定する福田内閣の看板政策。支持率低下にもつながりかねない発言だけに、記者団に問われた首相も「あまり適切な言葉ではない」と苦言を呈した。

 農水相は10日のNHKの番組で、中国製の冷凍ギョーザ中毒事件を受けた食の安全対策について「消費者、国民がやかましいから徹底していく」と発言。民主党の鳩山由紀夫幹事長が11日の講演で、「大臣としての資質を疑う。官尊民卑みたいな発想で消費者を眺めている」と述べるなど、野党は国会で追及する構えだ。

 一方、与党でも公明党の太田代表が「消費者の声を聞くことは一番大事だ」と強調。野田消費者行政担当相は「思っていることと違うニュアンスが伝わるような日本語を使わないでいただきたい」と不快感を示し、町村官房長官は同日、発言内容について農水相に電話で注意した。

 当の農水相は11日、「自由主義社会は、消費者が堂々と権利を主張し、安全性にモノを言う社会。それがいいことだと言った」と釈明した。

2008年8月11日 asahi.com


太田さんの発言の主旨は要するに「日本の国民は社会主義の国の国民と違ってやかましい」ということに尽きます。太田さんは「国民がやかましくない」状態を想定し、それに比較した日本の状態を「国内は心配しなくてもよい」にも関わらす「食の安全」に関する政策を行なわなければならない「プレッシャー」を感じるとしています。太田さんにとっては日本で「食の安全」を問題化するのは大変に不本意なことのようですが、国民の「やかましさ」という「プレッシャー」に晒されて渋々これを行なわなければならないのです。

つまり太田さんにとっては国民の「やかましさ」はない方が望ましいわけでして、ここで「食の安全」に関連して引き合いに出されていると思われる「社会主義国」である中国の国民がどれほど「やかましく」ないかどうかはさておき、そっちの方が太田さんにとっては過ごしやすい環境であるということなのでしょう。

しかしここで太田さんが中国に行ってしまうのではないかと心配するには及びません。太田さんの本心は日本の国民も「社会主義国」みたいにおとなしくなればいいのに、いや、おとなしくなるべきだというものであると思われます。

仄聞するところによれば太田さんはレイプを「容認」なさるとかいうことでありますが、実際には太田さんの発想は強姦者の発想そのものであるといっていいでしょう。強姦のキモは女性を「おとなしく」させるにあります。暴力の嵐を降らせて相手の意志を奪うことこそ強姦の醍醐味であります。

色々な人とオマンコをすると人それぞれの味わいがあろうかと存じますが、強姦はそれを否定します。暴力によって屈服させられた女性には「個性」がありません。その「反応」は不思議なほどどれをとっても同じようだといいます。強姦が癖になり、強姦者が相手への好意の有無などとは無関係に強姦を連続して行なうことがあるのはそのためです。被害者は個体性としての差異を叩きつぶされて一般的な存在にまで落とし込まれます。強姦者が満足を感じるのはそのようなプロセスを経ることによってのみなのです。

このようなプロセスが、個々の戦死者の個人性を潰して固めて「英霊」として祭り上げてしまう靖国神社においても全く同様に行なわれていることは明らかですが、太田さんにおいては死者(それは年を経るごとに少なからず「個性」を失うものですが)のみならず、現に生きている国民の全てにこれを強いることを望んでいるらしいという点において、まさに第一級の「強姦者」であるとして宜しいのではないでしょうか。

したがってこれを宇宙人(兄)こと鳩山由紀夫さんのように「官尊民卑みたいな発想」と評するのは存在そのものが暴力であるような太田さんの間尺に合いませんし、猿の惑星こと福田さんのように「あまり適切な言葉ではない」と言うに至っては何も判っていないとしか言いようがありません。適切でないどころではなく、太田さんが政治の世界で活動している動機の一端がこんなことであるという可能性があるのですからかなり不適切です。例えば太田さんが議員立法で成立させたという「児童虐待防止法」にしても、太田さんにおける暴力への強烈な感受性が逆に反映したものであると考えてみることも出来ますから穏やかではありません。

福田さんのとこの内閣はこんな危険人物を平気でのさばらせているバリアフリーな内閣ですが、僕たちとしても痛いのはゴメン被りますから、万が一太田さんが迫って来た場合に備えてチン切りナイフくらいは常備させていただきたいものです。しかしながら強姦者が性交不能になった場合に乱暴を止めるなんてことは全然なくて、かえってより直接に殺害を嗜むようになるという話しもありますから、それはそれで困ったもんです。


posted by 珍風 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。