2008年10月09日

宮崎〜永田町ハイウェイ建設推進ボケ老人

「日本全体」はともかくとして、「今のところ」は自分が「無思考状態」のそのまんま東さん。東京で開かれた九州横断自動車道延岡線建設促進中央大会でとんだハプニングに見舞われました。

国交相辞任、東国原知事出馬が「私のシナリオ」と中山氏

 次期衆院選で宮崎1区からの立候補を取りやめた中山成彬前国土交通相が8日、目の前の東国原英夫・宮崎県知事に「どうしても(衆院選に)出てもらわないと困る」と呼びかける一幕があった。東京都内で開かれた九州横断自動車道延岡線(熊本県御船町―宮崎県延岡市)の建設促進大会でのあいさつで、東国原氏は最前列にいた。中山氏の発言は事実上の後継指名宣言となったが、大会後、国政転身に未練を残す東国原氏も「あの場で言われても困惑する。考慮に値しない」と報道陣に苦り切った表情を見せた。
 中山氏は、自身の国交相辞任から東国原氏の国政転身まで「自民党が(衆院選で)勝つため」に仕組んだ「自作自演のシナリオ」と表現。東国原氏に「とにかく出て、全国の(自民党)候補者のもとに行ってほしい」と要望し、小泉劇場ならぬ「東国原劇場になることを願っている」と語った。また、宮崎の道路建設を求める女性団体が7日、東国原氏に国政転身を要請したことについて「私が差し向けた」とシナリオの一つであると暴露した。
 大会後、中山氏は、報道陣に対し、東国原氏の国政転身に反対する声について「出るな、出るな、と言うのは『反対勢力』」と切り捨てた。

2008年10月8日 asahi.com


先日国土交通大臣を4日だか5日だかで辞めた中山さん、今日も元気に出掛けてきては愉快な発言で会場の空気をなごませました。中でも本心では出たくて仕方のない東さんが心のよりどころにしている「多種多様な声」の正体が、なんと中山さんが「差し向けた」「女性」だったのにはみなさん大爆笑。この「声」にしがみついていた東さんも「これには一本取られたヨ」と苦笑することしきりです。

中山さんは自分が馬鹿げたことをほざき、それによって閣僚を辞任し、議員も引退するに至ったのはすべて東さんに知事を辞めさせて衆院議員として自分の後継者にするためだったのだ、どうだこの「シナリオ」は読めまい、読めないだろうから教えてやったぜワッハッハといっているのですが、さすがに誰も読めませんよこんなもん。

東さんは振って湧いたチャンスに浮き足立っているだけですから、まあそんなもんでしょう。むしろ未だに東さんの知事残留に期待している宮崎県民の皆さんが気の毒です。あんなに出たがっているのですから、東さんは県知事として皆さんの期待に応えてくれるとは考えられません。ということはつまり引き止めるだけの価値はないのですから、今まで東さんの出馬に反対していた人も、試みに出馬賛成のファックスを送ってみてはいかがでしょうか。東さんは喜んで出て行くでしょう。これで東さんもご希望通り、県民の皆さんもそんな東さんを追い出すことが出来てめでたしめでたしです。

しかしむしろ問題は中山さんの方です。学力テストに引き続いて、今回の騒動もご自分の「仕掛け」であると言いたいようですが、これは危険な兆候です。これはそのような「シナリオ」を描く自分の「知性」の誇示に他なりませんが、裏を返せばこのような発言は「知性」への自信の喪失によるものです。おそらく中山さんは自らの「知性」の衰亡を自覚しながら、必死に抵抗しているのでしょう。分かるみたいですよ、当人には。

この状態はご本人はいい気持ちで吹いているかも知れませんが、まわりの人はたまらんでしょう。特に気の毒なのは奥さんの恭子さんです。彼女は総理大臣補佐官として重責を担っているわけですが、一方で夫が世間の晒しものになっている状況は耐え難いものと思われます。アホ太郎も任期中に一つぐらい良い事をしてみたらいかがでしょう。彼女を成彬さんに返してあげなさい。今最も恭子さんを必要としているのは彼なのです。

一方の東さんは、彼に出馬の可能性が出てきたのはやはり何といっても結果としては中山さんの「おかげ」なのですから、それなりの気を遣ってもよいはずのところ、ボケ老人のブットビ発言に「不快」そうな顔をするのは考えものです。たしかに中山さんはひどいことを言ったりするわけですが、だからこそ東さんにもチャンスが来たわけですから、そこらへんをよく考えて配慮した対応が求められるところです。それは例えば「自民党より自分の心配してろよ」とか「いいから早くfMRIでも撮ってもらえよボケ爺い」などの適切な発言になって表れるはずで、それが出来れば国会議員様も夢じゃありません。


posted by 珍風 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。