2008年10月31日

電脳ブードゥー処刑人形

EUの議長国フランスでは日本における先日の死刑執行に憂慮を示し、アホ太郎のブードゥー人形を発売する意向を表明しました。日本人はお土産物が好きだし、総理大臣のお土産物は大好きですから、これはグッドアイデアです。ユーロが安いうちにパリに行って人形を買って来ましょう。

一方、日本のベンチャー企業はWebカメラの前に置いたキューブを表示している画面上に3Dの「電脳アホ太郎」がキューブの上に立った姿で登場し、棒でつついたりしてその反応を楽しむという「世界初の一般向け拡張現実(Augmented Reality)エンタメソフトウェア」でこれに対抗しています。これは本当に「死ぬほど」馬鹿馬鹿しいので、今年の末頃から絞首刑に替わって採用される予定。

日本に死刑廃止の検討求める  国連人権委が報告書

 【ジュネーブ31日共同】国連のB規約(市民的および政治的権利)人権委員会は30日、日本政府に対し死刑制度の廃止を「世論調査と関係なく、前向きに検討すべきだ」と勧告する審査報告書を発表した。同委員会の対日審査は1998年以来、10年ぶり。
 従軍慰安婦問題についても「法的責任を認め、被害者の多数が受け入れられる形で謝罪すべきだ」と初めて勧告した。同問題については女性差別撤廃委員会、拷問禁止委員会に続き、関連する人権条約の管轄機関による勧告が出そろったことになる。
 人権保護団体アムネスティ・インターナショナル日本の寺中誠事務局長は「予想されたほぼすべての問題でより具体的な勧告が出た。日本の人権に対する国際社会の目は厳しさを増している」と勧告内容を歓迎。一方、日本政府筋は「審査では日本の立場について説明を尽くしたが、十分理解が得られず残念だ」などと語った。
 報告書は死刑について、世論の廃止支持が少ないことを理由に制度維持を主張する日本政府に対し「廃止が望ましいことを一般に知らしめるべきだ」と、廃止論議を高める責任が政府にあるとの見解を表明。死刑執行の通告について「死刑囚や家族に対し、妥当な期間を置いて事前通告すべきだ」とするなど、現行制度の問題点についても踏み込んで指摘した。

2008年10月31日 共同通信


日本政府はのんびりと「世論調査」などをやっているのではなく、「廃止が望ましいことを一般に知らしめ」るようにしなければなりません。閣僚などが意味不明の世迷いごとを呟いて死刑を擁護するようであってはならないのです。裁判員制度の発足に伴い、死刑廃止の望ましさについて一般の人々はもちろんのこと、特に裁判員にはミニにタコができるくらい周知徹底しなければならないのはもちろんのことです。「拡張現実」で「実際に」この手でメイドさんを刑場に引きずってゆき、首に縄を賭けて吊るしてみてその反応を楽しむのも良いでしょう。

最高裁長官に竹崎氏 裁判員制度にらみ抜てき 近く決定

 来月二十一日に定年退官する島田仁郎最高裁長官(69)の後任の第十七代長官に、竹崎博允東京高裁長官(64)を充てる人事案が固まった。近く島田長官が麻生太郎首相に意見を述べ、閣議決定を経て政府が指名、天皇が任命する。
 最高裁判事を経ることなく、十四人いる最高裁判事を追い越して長官に就任するのは極めて異例で、一九六〇年就任の第三代長官横田喜三郎氏以来四十八年ぶり。任期は二〇一四年七月までの五年八カ月と長期間となる。
 竹崎氏は、政府の司法制度改革審議会設置から〇四年の裁判員法成立までの間、最高裁経理局長や最高裁事務総長として裁判員制度導入に関与してきた。来年五月の裁判員制度実施に備え、制度に精通した人材として抜てきされたとみられる。
 竹崎氏は岡山県出身。東大卒業後、一九六九年に判事補に任官。刑事裁判を主に担当してきた。東京高裁事務局長、名古屋高裁長官などを歴任し、昨年二月から現職。

2008年10月2日 東京新聞


最高裁判所といえば文字通り「最高」でありまして、そこの長官というとこれはもう司法の長であります。同じくらい重要な地位といえば行政の長たる内閣総理大臣とか立法の長たる衆院議長・参院議長があります。竹崎さんは神山町に自宅があるかどうか知りませんがアホ太郎と「同格」ですし、河野洋平さんや江田五月さんとも「同格」です。ただ一つ違っていたのは、竹崎さんは魔女だったのです。

河野さんも江田さんも、アホ太郎だって選挙をやって当選した人達です。アホ太郎に投票した人は河野さんや江田さんには投票しないのかも知れませんが、世の中には色々な人がいます。しかし竹崎さんに投票した人は1人もいません。裁判官ってのは選挙でなるもんじゃありませんから。司法は法を実際のケースに適用する関係から、「世論の多数」に対しては慎重であることになっています。

そのかわり最高裁判所の裁判官には国民審査というものがあって、罷免されることになっています。この制度の不備な点は色々と指摘されるところですが、それはともかく、最高裁判所の裁判官という地位は基本的には国民に辞めさせられる可能性をもっていることになっています。

今まで最高裁判所長官は最高裁判事の中から選ばれて来ました。とはいってもこれはそういう決まりではなく、内閣の使命によって天皇が「かしこくも」任命することになっていますから、要するに誰がなっても良いわけですが、竹崎さんは最高裁の判事であったことがありませんから、この国民審査を受けていません。アホ太郎内閣はなるほど総選挙を経た政権ではありませんが、いくらなんでもアホ太郎本人は選挙を経ています。しかし竹崎さんは国民に信を問うたことのない人間なのに、司法の長になってしまうのです。それでも任期が5年8ヶ月もあるというのですから笑いが止まりません。

いや、正確には次の総選挙までです。てゆうか本来そうあるべきなのですが、国民審査の仕組みはそうなっていませんので安泰です。ところで竹崎さんのオデコのように輝かしい経歴は

1966年 司法試験合格
1967年 東京大学法学部卒業
1967年 司法修習生
1969年 東京地方裁判所判事補
1972年 広島地方裁判所判事補
1974年 司法研修所付
1977年 鹿児島地方・家庭裁判所名瀬支部判事補
1978年 東京地方裁判所判事補
1979年 東京地方裁判所判事
1981年 司法研修所教官
1982年 最高裁判所総務局第二課長兼第三課長
1984年 最高裁判所総務局第一課長兼制度調査室長
1988年 東京地方裁判所判事
1990年 東京高等裁判所事務局長
1993年 東京高等裁判所判事
1994年 東京地方裁判所判事部総括
1997年 最高裁判所経理局長
2002年 最高裁判所事務次長、最高裁判所事務総長
2006年 名古屋高等裁判所長官
2007年 東京高等裁判所長官

40年余の法曹生活において判事であったのは10年くらいです。重要な経歴は制度調査室長時代に特別研究員としてアメリカに派遣され、陪審員制度の研究をして来たことですか。2002年から最高裁事務次長から事務総長を歴任し、いわゆる「司法制度改革」に「尽力」してきた、いわば裁判員制度の立役者、司法破壊の「主犯」であります。

竹崎さんはあまり記憶に残るような裁判には関わってないようです。主に刑事を担当していたようですが、死刑判決なんか出したこともありません。そのくせ国民に死刑判決を出させようという制度を作り上げたのですから生意気です。もっとも、裁判員制度については被告人の防御権を守り、かつ早く終わらせて帰り、ひいてはこの制度自体を崩壊させるためにはとにもかくにもどうでもいいから無罪判決を出してしまうのが最良であること、国民の皆さんはすっかりご承知のはずですから、死刑の心配なんかしなくて良いのです。


posted by 珍風 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。