2008年11月22日

裸の王様のペニスケース

小室哲哉さんはすっかりしょげ返っているそうですが、よく考えたら「裸の王様」って、裸だけどやっぱり王様は王様なのですから何がどうなるというわけでもありません。「裸のどこが悪い」と居直られたら手のつけようがありません。

<死刑執行>一時停止など求める決議案、国連委で採択

 【ニューヨーク小倉孝保】国連総会第3委員会(人道問題)は20日、死刑執行の一時停止などを求める決議案を賛成多数で採択した。同種の委員会採択は2年連続で、支持は6カ国増えた。日本は07年に続き反対した。12月の総会で採択され正式な決議になるが、死刑執行停止を求める国際社会の圧力は確実に増加している。
 決議案は欧州連合(EU)やオーストラリア、イスラエルなどが提案し、賛成105(07年99)、反対は日本、米国、中国、イランなど48(同52)、棄権はキューバなど31(同33)だった。決議に強制力はない。
 決議案は、07年に採択した決議を再確認し、潘基文(バンギムン)事務総長が先日、総会に提出した報告で、死刑廃止は世界の流れであるとして執行の一時停止を提案し、停止が難しい場合でも執行に厳しい規制をかけるよう推奨したことを歓迎。2年後の総会で、その時点での死刑廃止状況と死刑を存続させている国への働きかけ方について、改めて話し合うよう求めている。
 委員会の協議で、死刑維持派のシンガポールやエジプト、スーダン、シリアなどは「司法制度の選択は主権国の権利であり、外部から押しつけるべきでない」と主張。一方、イタリアやフランスなどは、「人命尊重の観点から、死刑執行を停止すべきだ」と説明した。日本は決議採択後、「わが国の世論調査では、死刑が支持されている。死刑については国際的合意もない」と反対理由を説明した。
 国連の報告によると、7月1日現在、死刑を廃止もしくは事実上廃止している国・地域は141に上っている。国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」によると、89年に100カ国だった死刑執行国は、07年には24カ国にまで減少した。国連の規約人権委員会は10月30日、死刑廃止へ向けた取り組みを日本政府に求める勧告を盛り込んだ「最終見解」を公表している。

2008年11月21日 毎日jp


ついこの間、死刑については「世論調査と関係なく」、と言われたばかりの日本政府は相変わらず「わが国の世論調査では、死刑が支持されている」などと言っていますが、そういう言い方はもはや通用しないのは明らかであることは自覚されているらしく、今度は「国際的合意もない」とか言い出しています。「国際的合意」がどのように定義されるのかは不明ですが、これは「みんなが止めるんなら止める」という意味に受け取られるでしょう。

「世論調査」を引き合いに出して僕たち「日本国民」の程度というものを国際社会に言いふらすだけでもいい加減恥ずかしいものですが、「国際的合意」云々はいかにも外国人が観た日本人の印象そのものです。

各国の乗客が乗っている船に火災が発生した。
船長は乗客の命を救うために、
彼らに海に飛び込むように勧告しなければならない。
どう言えば飛び込んでくれるだろうか。
イギリス人には 「紳士はこういうときに飛び込むものです」
ドイツ人には  「規則では海に飛び込むことになっています」
イタリア人には 「さっき美女が飛び込みましたよ」
アメリカ人には 「海に飛び込んだら英雄になれます」
フランス人には 「海に飛び込まないでください」
日本人には   「みんなもう飛び込みましたよ」


もう、恥ずかしいので国連を脱退でもしたらどうか。ところで死刑制度、というか人民の生殺与奪の権は所有物を自由に処分し支配する権利としての所有権に由来するものと考えれば、未だに天皇などというものが存在する日本のような野蛮国ではなかなか廃止というわけにもいかないのでしょう。てゆうか日本人自身がそういうのは野蛮だと思っているだけに自らの野蛮性を直視することを極端に恐れますから、そんなことは口に出して言えることではありませんが、日本における死刑問題とその他の人権問題の相関を説明しうるのかも知れません。これによれば「被害者の権利」を持ち出して死刑存続を支持する議論は誤っているでしょう。

2007年12月の国連総会での死刑の適用を廃止する決議案は賛成104、反対54で採択されています。総会決議に先立つ委員会採択では賛成99、反対52であって、死刑廃止は時が経つとともに支持を増やしているという「国際的合意」の形成過程にあります。今回の委員会採択では賛成が105、反対が48ですが、総会で正式に採択される時にはまた数字が変動している可能性があります。

記事の最後に出てくるアムネスティの数字は、今年の4月に発表された統計に基づいています。それによれば2007年には日本を含む24カ国で少なくとも1252人が死刑を執行され、そのうちの88%が中国、イラン、サウジアラビア、パキスタン、アメリカで行われています。ちなみにその前年、2006年に死刑を執行した国は25カ国でした。死刑制度のある国が毎年死刑を執行しているというわけでもないようです。アメリカでは執行数の減少がみられますが、イラン、サウジアラビア、パキスタンでは顕著な増加がみられました。日本でもこれらの国々に引けを取らないほどの増加率を誇ります。司法すなち法に基づく国民の処遇に関して日本はイランとかサウジアラビアとかパキスタンと相性がよく、アメリカとは離反する傾向にあり、自分がそこに属すると思っている「先進国」からは孤立しています。

それからアパグループによる軍機漏洩以前にもうバレていたというジョークをもう一つ。

最悪の軍隊

中国人の将軍
日本人の参謀
ロシア人の将校
イタリア人の兵





posted by 珍風 at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。