2008年12月18日

あったらいいな:回転式電動雑巾絞り機

雇用法案:参院厚労委で可決 野党が提出、与党は反発

 参院厚生労働委員会は18日、民主、社民、国民新の野党3党が共同提出した雇用対策関連法案を、委員を出していない国民新を除く民主、社民の賛成で可決した。共産が採決に反対し、与党委員が岩本司委員長(民主)に詰め寄る中、野党が強行突破を図る「ねじれ国会」ならではの特異な光景となった。反発した与党は西岡武夫参院議院運営委員長(同)と岩本氏の解任決議案を参院に提出した。
 ◇与党、岩本委員長の解任決議案を提出
 法案は19日の参院本会議で可決され、衆院に送付される。ただ、与党は衆院では時間切れによる廃案に追い込む構えだ。
 野党3党は15日に法案を参院に提出。18日の審議には与野党とも合意する一方、与党は採決には反対していた。しかし、岩本氏が職権で採決を決め、趣旨説明、審議、採決を1日で行う異例のスピード採決に持ち込んだ。
 法案は(1)採用内定の取り消し規制(2)2カ月以上勤務した派遣労働者を雇用調整助成金の対象とする(3)解雇された派遣労働者に住宅を貸与し、生活支援金を支給する−−などが柱だが、政府・与党の対策と重なる点も多い。【堀井恵里子】

2008年12月18日 毎日新聞


「政府・与党の対策と重なる点も多い」んだそうで、これは堀井さんが言っているというよりは、与党にそのような意見があるのを今回特に堀井さんがみんなの前で大便しているだけなのですが、同じことなら賛成してしまえば良いようなものなんですが、そうもいかないようです。やっぱり先を越されたような形になるのはカッコ悪いと思うのでしょうか。しかし男は何でも早ければ良いというものではないですよね、堀井恵里子さん。

ところで天下の朝日新聞が昨日、この法案についてまとめてみたりしたところによると

野党3党提出の緊急雇用対策法案

● 内定取り消し規制法案 
   [公布日に施行]
 取り消す場合、内定者に書面の理由明示を義務づける
● 派遣労働者等解雇防止緊急措置法案
   [公布後2週間で施行、6カ月間の緊急措置]
 派遣切り防止のため、雇用調整助成金の対象を2カ月以上勤務の非正規社員に拡大
● 住まいと仕事の確保法案
   [公布1カ月後施行]
 失職で住居も失った非正規社員らに、職業訓練等とセットで住宅貸与と最高月10万円の生活支援金を給付。解雇後も住居を提供した事業主には家賃助成。雇用保険の加入・受給要件の緩和
● 有期労働契約遵守(じゅんしゅ)法案
   [公布後1年以内に施行]
 期間の定めのある労働契約をする場合の理由明示、差別的取扱の禁止、契約期間中の退職ルールの明確化。合理的理由がない場合の雇い止めは制限


毎日の堀井さんが書いていないところ、つまり「雇用保険の加入・受給要件の緩和」とか「期間の定めのある労働契約をする場合の理由明示、差別的取扱の禁止、契約期間中の退職ルールの明確化。合理的理由がない場合の雇い止めは制限」というところが、実はポイントです。ここんところは「政府・与党の政策と重な」らない点です。ちなみにこの一覧は次の記事の付録なんですが、

野党3党、雇用法案で強硬姿勢

 「打倒麻生政権」で足並みをそろえる民主、社民、国民新の野党3党が15日、緊急雇用対策4法案を参院に提出した。第2次補正予算案の提出先送りと併せ、急速な雇用悪化に対する麻生政権の無策ぶりをあぶり出すのが狙い。週内に参院を通過させたうえ、民主党は麻生首相との党首会談を申し入れ、雇用対策の早期実行を迫る構えだ。
 「この年をどうやって越すかが切実な問題。政府・与党も異論はないはずだから、ぜひ強く協力を求めたい。(参院を早期通過させ)衆院で政府・自民党の判断を待つ」。民主党の小沢代表は15日、京都市で記者団に、雇用法案の年内成立に強い意欲をみせた。
 同党が強調するのが、スピード感のある対応だ。首相が打ち出した23兆円の緊急対策が反映されるのは、1月の通常国会に提出される第2次補正予算案や09年度予算案の成立後。直嶋正行政調会長は法案提出時に「首相は口では言うが、具体的なものは一向に出さない。我々は当面の危機に政治の責任を果たす」。小沢氏も15日、「(政府の緊急対策は)中身も現実の状況に対応できないし、スピードが大事と言いながら通常国会の話しかしない」と批判した。
 民主党は、法案の参院採決を25日に会期末を迎える臨時国会の最後の山場に据える。15日の参院議院運営委員会では異例の多数決によって法案の委員会付託を決定。18日の参院厚生労働委員会での審議・採決に向け、与党欠席でも採決を強行する考え。18日には連合との緊急集会や野党党首会談を開催。首相に小沢氏との党首会談を申し入れ、法案の年内成立を迫る方針だ。
 強硬路線の背景には、雇用法案は世論の後押しを得られるとの見通しがある。民主党政調幹部は「これだけ社会問題化しており、きちんと姿勢をみせた方がいい」と語る。
 社民、国民新両党も足並みをそろえる。社民党の近藤正道参院議員は「時宜にかなった法案。政府のようにやるやるで何も具体的なことをしないのではなく、法案を作って直ちに通して実行させるのが必要だ」、国民新党の亀井亜紀子参院議員は「スピードが一番大事。野党ができることを確実にやっていく。首相はいろいろメッセージを出すが、メッセージだけで終わっている」と述べた。
 採決強行には一線を画す共産党の市田忠義書記局長も法案については「我々としても肯定できる、前向きの内容が含まれている」と評価。与野党の政策協議を呼びかけた。
 与党は反発を強める。審議時間を十分確保できない会期末近くでの法案提出に「(雇用対策に力を入れているとアピールする)野党のアリバイ工作だ」(自民党幹部)。自民党国対幹部は「臨時国会で、もう一騒ぎをしたいから参院で雇用法案を出したようだ」と皮肉った。15日、記者団に対応を問われた首相は「内容を見てないからわかりません」。党首会談についても「仮定の話には答えない」と語った。
 法案の内容にも疑問の声が出る。自民党の細田博之幹事長は15日の会合で、「民主党が出している雇用対策は、ほとんど社会主義。全部面倒みなきゃいけない。全員雇用され続けるように、すべては企業が負担するようにという主張で成り立っている。見かけは非常によいが、そうはなかなかいかない」と批判した。

2008年12月16日 asahi.com


「急速な雇用悪化に対する麻生政権の無策ぶりをあぶり出すのが狙い」なんて書いていますが、そんなことしか言えないんですかね。そんなに悪い法案でもないと思いますが。むしろ細田さんの方が正直です。「ほとんど社会主義。全部面倒みなきゃいけない。全員雇用され続けるように、すべては企業が負担するようにという主張で成り立っている」

与党が反対なのは、要するにこれらの法案が企業に負担を求めているからである、と言っています。それは「社会主義」なんだそうです。それが「社会主義」なら「社会主義」もそんなに悪いものでもなさそうですが、なんなら「革命」でも「暴動」でもなんでも構いませんから企業には負担を求めるべきです。

こういうご時世ですから各企業とも生産は半分とかになってるんでしょうけど、そうすると派遣とかのクビをチョンパするわけですが、ここで売上が半分になると派遣などの収入はイキナリ0円だ。しかしだからといってトヨタやキヤノンの経営者の収入が半分になっちゃうわけじゃない。連中が自分の取り分を確保するために、他の人には死んで貰います、なんて、こんなところでマネすると健さん怒るでしょうね。兄貴が長ドス持って殴り込みに行くぜ。

先ずは派遣、期間工、そのうちやっぱり正社員もクビにして、売上は減ったけど利益率は大幅にアップしたりして、やるじゃんハゲ、さすが便所虫、経営者はやっぱりこうでなくっちゃあ、なんて言われちゃうんで脂下がっているところを取っ捕まえて逆さに吊って血が下がっているところをグルグル回して絞れ搾れしぼれ。胡麻の油と金持ちは搾れば搾るほど出ますよ、汚ねえ血が。


posted by 珍風 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。