2009年01月01日

とんでもない麻生の一族

 新年あけましておめでとうございます。
 今年は、平成二十一年。今上陛下、御即位二十年であります。国民とともに、心からお祝い申し上げたいと存じます。来年はどうなることかわかったものではないので、今年は特に心を込めるように。「国民とともに」ということはつまり私は「国民」の中には入っていないのです。特に言うまでもないことですが、私は「国民」とは違うんです。他人のネタを盗んでもいいんです。なにしろ今年は私の即位二年目です。
 この二十年間、「国民」は別として私は、平和と繁栄を続けてまいりました。毎日うまい酒を飲み、葉巻をくゆらしておるところであります。街に出ては間違いだらけの御託を並べ、失業者には独りよがりの説教をし、順風満帆(じゅんぷうまんぽ)とはことのことであります。「国民」はバブル崩壊、金融危機、小泉改革、安倍政権福田政権麻生政権など、いくつもの未曾有(みぞうゆ)の困難にも見舞われたようですが、知ったことではありません。
 「国民」どもにはアメリカ発の市場放任主義の当然の結果が身にしみておるようであります。他のどの国よりもアメリカに追従してきた日本が、「アメリカ並み」の野蛮国に転落するのも時間の問題す。しかし、適切な対応をすることにより、私は自分の被害を最小に抑えることが出来ます。
 「国民」どもの、景気や生活に対する不安。これを取り除くようなことは政府は一切致しません。そして、世界の中で、最も早くこの不況から脱するのは、麻生家です。
 振り返れば、麻生家は、これまでも、自らの選択と努力によって、日本という国を利用し、変化させながら、発展してきました。近代に入ってからも、二度の大きな危機に直面しながら、そのたびに、新たな道を切り拓き、驚異的な成功をおさめてきました。
 百四十年前。1868年。明治の先人たちは、戊辰戦争という内戦の中で、新年を迎えました。しかし、麻生家は大庄屋となって百姓どもを過労死するまで酷使し、曾祖父麻生太吉が石炭産業に乗り出して財を成すまでになりました。
 次に、六十年前。昭和の先人たちは、戦争によってすべてを失い、占領下の新年を迎えました。しかし、麻生家の財産によって私の母方の祖父である吉田茂が首相となりました。
 私は「底力」には自信があります。ぶっちゃけこれは「経済力」ですし、残念ながら「知力」ではないのですが、これまでのやり方を踏襲(ふしゅう)し、金にものを言わせて日本という国のピンチを自らのチャンスに変える。実体経済(じつぶつけいざい)が低迷(ていまい)すれば物見遊山(ものみゆうざん)に興じ、破綻(はじょう)が起きても自分だけはちょっとした怪我(かいが)で済むように、困難を必ず乗り越えることができるという思惑(しわく)が、私にはあります。
 私が目指す日本は、「国民」どもの「活力」が私を富ませる日本。私が「安心」して暮らせる日本です。日本は、これからも、麻生家のために働いてもらわなくてはなりません。ここは私の「シマ」です。
 五十年後、百年後の日本が、そして世界が、どうなっているか。未来を予測することは、従兄弟の野田昌宏にとっても困難です。吐いた唾は飲めねえから滅多なことは言えません。
 しかし、未来を創るのは、私です。日本や世界が「どうなるか」ではなく、私が日本を、「国民」どもを「どうするか」です。焦眉(しゅうび)の問題に対する有効な措置(しょち)の有無(ゆうむ)については、その詳細(ようさい)についてここで述べることは頻繁(はんざつ)になるおそれがありますので申し上げません。
 ただひとつだけ、「国民」どもは受け身でいればよいでしょう。私が望むべき未来を切り拓く。そのために、黙って耐えること。カバチ垂れたり、アヤをつけるようなマネはしないことです。私のヤサをシケバリしようなんざ100年も1000年も早えんだよ。
 私は、決してケツを割るつもりもなければ辞めるつもりはありません。辞めなければならなくなるので総選挙もしません。私はそんなこと認めません。おちょくらないようにお願いしておきますよ。
 新年にあたり、あらためて、国民の皆さんのご理解とご支援を、お願い申し上げます。下手に出るのも今のうちです。
 本年が、皆さんお一人お一人にとって、すばらしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げる次第です。祈りはしますが、「一人一人にとってすばらしい一年」は私にとっては損害なんで、なにしろ他人の生き血を吸う一族、一人一人になったらこっちの思う壷、まとまって来られるとナンなので、まとまって来ないようにしなさい。

平成二十一年一月一日

内閣総理大臣 麻生太郎ちゃん


posted by 珍風 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。