2009年02月09日

春の暴走敢行特集 なのはな体操ヘルシーバカ

そいでもって千葉県知事選挙というと3人ばっかり注目されそうなので、真っ先に立候補したのに誰も知らない西尾憲一って誰さ。

西尾憲一千葉県議、次期県知事選に立候補表明

このニュースのトピックス:週刊 堂本暁子知事
 来年3月に予定されている任期満了に伴う千葉県知事選で、県議の西尾憲一氏(57)は6日、県庁で会見し、無所属での出馬を表明した。 
 西尾氏は同日、自民党県連に離党届を出した。西尾氏は、平成7年船橋市議、11年千葉県議初当選し、4選目。次期知事選の立候補表明は西尾氏が初。現職の堂本暁子知事は態度を明らかにしていない。

2008年10月7日 産経ニュース


自民党の千葉県議だった西尾さんですが、1995年に船橋市議に初当選、1999年には千葉県議に当選して以来4期をつとめる他、2000年の衆議院選挙には千葉4区の自民党候補として落選したこともあったのです。それで今年は知事選ですから、初当選以来2年に1回の割合で選挙をやっている。ああいうことが決して嫌いではないらしいタフガイであります。

それでその政策もタフガイらしく健康・医療・福祉関係から環境対策、産業の振興と多岐にわたるわけですが、

地球温暖化対策条例を制定し地球環境先進県に
八ッ場ダム(群馬県)の建設中止
三番瀬と盤洲干潟のラムサール条約登録
印旛沼・手賀沼の水質浄化
県立医科大学の創設と付属病院の建設
仕事との両立が図れる子育て支援策の推進
検診、たばこ対策等ガン死亡半減策の推進
誰もが暮らしやすい千葉県づくり条例の制定
脱夜ふかし社会の実現
東京湾北部地震等に備え防災局の設置と消防の一元化
中小企業の振興と社会起業家の支援
北総鉄道・東葉高速鉄道の運賃値下げ
観光局の設置と幹線道路の整備
耕作放棄地の解消、後継者の育成等農林水産業の再生
少人数学級(35人)の実施
高額な知事の退職金と報酬の見直し、など
http://www.k-nishio.com/prof.html

「など」であります。まだまだ沢山あるということでしょうけど、「脱夜ふかし社会の実現」なんてのはタフガイらしくて暢気でどうでも良い。しかしえてしてこういう下らないところで人は馬脚をあらわすものであります。別のところでそれぞれについて詳細に説明しているんですが、どうもこの件については「百ます計算や早寝早起き朝ごはん運動を提唱した陰山英男立命館大学教授は、「日本人の睡眠時間を1時間増やせば日本の課題の多くは解決するのではなかろうか」とさえ述べています」というところに依拠しているらしい。もちろんそんなことでは何も解決しませんが、教育関係にはテコヘンな人が沢山いますから、陰山さんあたりが安い思いつきを口にするのはもうどうしようもないんですが、そんなもんを引用して来るところを見ると、西尾さんタフガイでもありキチガイでもあるようです。

もっと困るのは「検診、たばこ対策等ガン死亡半減策の推進」というところで、これがどうも「タバコの害から県民を守る条例制定」ということになるらしい。神奈川でやっているようなアレですな。しかしこれについての説明がどうもよくわからない。

◆タバコの害から県民を守る条例制定
 また、タバコが原因で病気になり亡くなる方は全国で年間20万人を超えると言われます。受動喫煙防止条例を制定して、タバコの害から県民を守る必要があります。自殺で亡くなる方も全国で10年連続3万人を超えています。
http://www.k-nishio.com/hello.html


なんで急に自殺の話しが出てくるのか。コンピュータがどうかして関係のないフレーズをここにもって来てしまったのか、西尾さんのアタマがどうかしているのかのどちらかだと思ってしまうのも当然ですが、それが別にそうでもないようです。

2005年の厚生労働省の発表で、喫煙と自殺リスクの相関があるってのがあったんですが、これは常識的には喫煙と自殺にはうつ病という共通因子があるんだと思われているわけですが、一部の脳の働きが穏やかな人たちはこれを因果関係だと思ってしまうことがあるようです。西尾さんもタフガイの名に恥じぬように夜はなるべく早く寝てとにかく脳を休ませることに専念しているようですから、日中も脳は休み癖がついているようで、その結果「自殺」が「タバコの害」に含まれてしまうということでしょう。

考えてみればうつ病もある意味で「脳の働きが穏やか」なわけですが、抑制されている機能の違いによって自殺リスクが高かったり低かったりします。西尾さんなどは自殺リスクは低そうで結構なことですが、その代わりに失ったものがだいぶあるようです。しかしそんなことを気に病まないのがこういう人たちの利点でありまして、元気に頼まれもせぬのにまたぞろ選挙に顔を出したりするのです。

というのも、西尾さんって保守なんですけど、森田健作さんに比べて保守反動色はソフトになっているというものの、その分中途半端になっているだけで、「少子化対策」のピントの外し方なんてその最たるものですが、ようするに西尾さんは都市型の新保守主義です。というのはつまり「新自由クラブ」とかそういうアレです。とても21世紀の政治家とは思えない。いくら千葉が田舎だからって、さすがに30年前の都市保守層が存在する条件は失われているでしょう、いくらなんでも。

といってもタフガイでキチガイなところは森田さんにもっていかれてしまうのは目に見えているし、農業と観光、なんてのは吉田さんじゃなくても誰にでも思いつきそうです。ちなみに千葉県に観光に行く人いますかね。ディズニーランドとゴルフ以外で。大多喜城、どうよ。千葉では唯一のちゃんとしたお城ですよ。「郷土館」とか「天使閣」とかいうのはみんなウソですから気をつけましょう。

いや、えーと、観光でしたね。観光といえば、千葉県の女性はみてくれに多少難ありといえども開放的ですよ。肉感的とか言っても良いカモ知れない。多分に留保つきですが。もうひとつ留保つけていいですか。外見などはイザというときにはどうでも良いではないですか。千葉には電気が来ていません。いや、小倉優子さんは茂原だった。なんとか南っておっぱいの大きい人も千葉県出身だ。そういえばキムタクもだ。まあ、フツーの人はいません。

というわけで保守層の票を森田さんに取られることになるので共産党の候補よりも得票数が少ない可能性のある西尾さん、ブービー賞を目標に頑張りましょう。ちなみに西尾さん、船橋は夏見の住人ですから、平和交通のバスのお世話にはなっていないところが唯一の強みです。


posted by 珍風 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。