2009年03月04日

挿しつ刺されつもう一発いかがなんて妙に怪しい女だな

アホ太郎は「政治不信が広がる、というのは大変残念」だと言っていましたが、誰も政治家なんか信用してません。信用されているわけでも信仰されているわけでもなくて役に立つ間使ってもらっているだけの立場であることを分ってないようですな。ハケンと同じです。そのかわり高い金を払っているんで、これは身分が不安定だから当然、ハケンが安いという方がオカシイんですけど。ついでに検察不信もとっくに広がっていますからご安心を。

小沢氏秘書が献金要求か=資金団体から請求書送付−西松建設に・規正法違反事件

 準大手ゼネコン「西松建設」が小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」に違法献金したとされる事件で、会計責任者で同代表の公設第一秘書大久保隆規容疑者(47)=政治資金規正法違反容疑で逮捕=が、同社に金額を指定した上で企業献金を要求した疑いのあることが4日、複数の関係者の話で分かった。
 同社には陸山会から請求書が送付されていたといい、東京地検特捜部は既に押収。同容疑者がダミーの政治団体を装った同社の企業献金と認識していた証拠とみて調べを進める。
 逮捕容疑では、大久保容疑者は2006年4月までの4年間で、西松建設からの寄付と知りながら、ダミーとして使われた「新政治問題研究会」など2団体から計2100万円の寄付を受けたとする虚偽の内容を収支報告書に記入したとされる。
 大久保容疑者は調べに対し、容疑を否定しているとみられる。

2009年3月4日 時事


今日いちんち、マスゴミは西松建設の「関係者」とかいうソースからの、要するに出所のアヤシイ「情報」をダラダラと流し続けていたようです。その一方でTVではどの局も「元東京地検」だか何だか知りませんが要するに一方の当事者の「関係者」が、小沢さんの秘書を逮捕したのは小沢さんへの献金が最も多かったからであるとか、この時期にこのようなことになったのはひとえに時効が問題なんであるなどといった弁解をしている様を放送していたといいます。

いくら自民党の人気がないからといって、まだ政権も取っていない、いやいつまでたっても取れないのかも知れませんが、小沢さんに投資してどれほど具体的な見返りが期待出来るのか、西松建設も随分と穴狙いの張り方をしたものです。全くの話し、こんなことでもなければ西松建設は何億というお金を無駄に使ったことになるんですから、危険な賭けであることには変わりありませんが。

問題はこれで与党にとっての総選挙に向けた条件が整うのかということですが、これはどれだけ検察を指揮出来るかにかかっているのかも知れません。大久保さんが実際に「違法性の認識」を持っていたかどうかということに関わりなく、検察は西松建設「関係」の「証言」を完全にコントロールしている模様ですから、小沢さん側に勝ち目はないと言って良いでしょう。

とはいえ西松建設からは自民党の政治家にも多額の献金が行われているところ、国会内では共産党などがその辺をつっついてやろうと待ち構えているところです。与党は単に民主党の脚を引っ張っただけで、ついでに自分もちょっと沈んでしまいそうな勢いです。そして民主党の受けるダメージに比較して自民党の受けるダメージが小さいとしても、もともとクビまで泥沼に浸かっていたもんが口のところくらいまで沈むんですか?一方民主党はこれでもヘソのあたりかな?

そこで自民党にとって小沢さんにダメージを与えることによる効果は、解散圧力を回避するに留まるのではないでしょうか。ところが、当面総選挙を回避すればそれで良いというわけでもないようです。9月にはやんなきゃ行けないわけです。ここで小沢さんを辞任に追い込むと、民主党としては新しい代表を立てて、党勢を立て直すのに半年くらいはかかるでしょうから、9月まで延ばすというのは民主党にチャンスを与えることになります。

一方で小沢さんを辞任に追い込めなかった場合、やはり9月にはほとぼりが冷めていますから、どちらの場合も総選挙は9月より早く、おそらく今年上半期には行わなければこれだけの大仕掛けの意味がありません。最も望ましいのは選挙の最中に小沢さんを逮捕してしますという荒技ですが、問題は、だからといって自民党の得票数が上昇する理由には全然ならないということです。自民党の勝利は、おそらく投票率の低下による得票率の上昇にしかありえません。

したがって「政治不信が広がること」こそが自民党の勝機です。実際に小沢さんを失脚させることで政治全般に対する「不信」が広がることが期待出来る程、小沢民主党への期待というものが世論として存在していたようですから、これはあり得ない話しではありません。日本の与党は国民に見放されることによって勝利します。

もっとも過大な期待は禁物であり、自民党の人気が低落したのは連中が企業から金を受け取るからではなく、ダムを造るからでもありません。そんなことで怒っていられる程みんな余裕がありません。余裕がないのが政治のせいであり、お坊ちゃんがビンボー人を苦しめるからであり、しかもそのお坊ちゃん連中が揃いも揃ってバカばかりなのが十分に分ってしまったからでもあるのです。中でも筋金入りなのがコイヌミで、小沢さんの騒ぎの陰で誰もついてこないという醜態を晒していました。自民党はもはや自分で自分の面倒を見れない、被後見人状態です。

いずれにしても次の選挙で躍進するのは共産党、これは間違いありませんが、社民党は頑張らないとどうなるか知りませんけど、民主党票が離れた分の幾分かが回る可能性はあります。その他に民主党から票が離れるとすれば、それは棄権されます。民主党は、小沢さんがどうなるか、辞任するとして後任の代表がどうなるかによりますが、「日教組」と「タカ派」は放っといて大丈夫、ネオリベを押さえつけないと死ぬでしょう。いや、わかんないですね。「タカ派」てゆうか新保守、ネオコンつーんですか、この新自由主義に一歩下がってついてゆく貞淑な奥さんがどうなるか、千葉県の森田健作さんの行方を見極めてからでも遅くないかも知れません。千葉県って都会なのか田舎なのか地域によって違うようですが決定的に洗練されてないので、何か参考になるかもしれないなんてそんな千葉県民をナメたようなこと言ってるとミッキーマウスに殺される。殺すには後ろから刺すなんてやり方もあって、普段は後ろから挿している人が逆に。


posted by 珍風 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。