2009年03月31日

贋青春禿鬘虚偽無所属正真正銘治安電磁波

治安担当副知事 新設へ
県政刷新「森田流でやる」

 知事選に初当選した森田健作氏(59)が30日、千葉市中央区の事務所で記者会見し、現在2人の副知事を3人にして「治安担当副知事」を新設するなど、具体的な県政運営の構想を明らかにした。堂本県政からの継承点については「ない」と断言。「あくまで森田流でやる」と、県政の刷新を強調した。
 この日は午前6時過ぎからテレビやラジオなど取材対応に追われ、睡眠は1時間程度。37万票以上の大差の勝利に、改めて「中央にも堂々とモノを申す。永遠のゴールキーパーを返上して、どんどんシュートを打つ」と抱負を述べた。
 公約に掲げた成田空港―羽田空港間のリニアモーターカーについては、東京都、神奈川県、埼玉県の首都圏の知事との連携で実現を目指す考えを強調。事業費は1兆2000億円とされるが、「前向きな事業は残るもので、プラスになる。借金とは思っていない」と財政出動をいとわない姿勢を示した。県財政の立て直し方や財源確保については、具体的な言及はなかった。
 知事としての任期は2期8年が限度との認識を示し、「公約ができれば1期でもいい。応援される側から早く応援する側になりたい」と語った。
 森田氏は31日に首相官邸で麻生首相と面会する予定で「千葉県の現状を報告して、いろいろ力を貸して下さいと言う」。首都圏3知事にもあいさつ回りをし、連携を深めるという。

2009年3月31日 読売


「治安担当副知事」とはまた物騒です。もちろん「治安」は森田さんのマニフェストの筆頭項目です。「経済状況の厳しさ」によって追い詰められた人を「移動交番と共にみんなで見張る!」というのがこの人の「景気対策」の根幹をなしていますから、これは別に不思議ではありません。

もっとも千葉県では今のところそんなに犯罪が多いとかそういうわけではありません。「全国最低レベル」なんだそうですが、もともと日本自体がそんなに犯罪が多いというわけではありませんから「最低」といってもたかが知れています。わざわざそのために副知事を新設して余計な給料を払う必要はないものと思われます。

もしあるとすれば、それは今後新たな「治安問題」が発生する可能性がなければなりません。森田さんのエラいところは、その辺ちゃんと準備してあるところです。森田さんは新しい「成田空港問題」を持ち込んで来るのです。彼が政治活動を始めるにあたって、わざわざ成田の近くに居を構えたというのも、どんな思惑があったのか知りませんが、今回の森田さんは要するにリニアモーターカーを通しに来た人です。

「成田空港―羽田空港間のリニアモーターカー」は成田と都心を15分で結ぶものとされていますが、まあ早ければ早いに越したことはないんでしょうが、そんなに必要なものであるかどうかははなはだ疑問であります。現在のところ成田と日暮里を51分で連絡しているスカイライナーがありますが、来年開通する成田新高速鉄道線では36分でいけることになっています。したがってリニアモーターカーによる時間短縮効果は20分だけです。

20分のために1兆2000億円はどんなもんか。どんな方式でいくつもりか知りませんが、概ねリニアモーターカーは技術的に高度なもんですから、実際にはもっとお金がかかったりするんでしょう。リニアモーターカーがどこをどう通るか知りませんが、おそらく地下を走ることになるでしょう。成田ー東京間の地下には「東京湾北縁起震断層」および「東京湾北部起震断層」があり、どこをどう掘ってもこの2つの断層面を2つとも横断することになります。一応活断層ではないことになっていますが、どうだか分ったものではありません。

さらにリニアモーターカーは強力な電磁波を発生します。200ガウスくらい計測できたそうです。電磁波がキチガイや不妊、異常妊娠、白血病、癌などの原因になるという説が存在しますが、人体の影響について実際のところどうなのか、まだ結論は出ていません。しかし実際のところは、高圧鉄塔付近の不動産は安いようです。ドイツのリニアモーターカーでは電磁波の影響を懸念して軌道の両側に300メートルの幅で防護地帯を設けることが必要とされています。リニアモーターカーとは幅600メートルの鉄道なのです。

これは沿線だけではなく、リニアモーターカーが消費する大量の電力をまかなう送電施設などについても同様のことが言えます。トンネルの中を通る場合は有効にシールド出来る可能性がありますが、電磁波の漏出の可能性を排除できません。したがってリニアモーターカー構想には沿線住民にとっては健康被害の不安があるのですし、土地持ちには更に不動産価値の下落という実害が発生します。

これらの要因は短からぬ沿線の多くの住民の反対を受けることを予想させるものです。これがかつての成田闘争のような規模にまでなるとも考えられませんが、転ばぬ先の杖です。千葉県ではリニアモーターカー建設に先立って、賢明にも地面をならすよりも先に住民をならすことに取りかかりました。当選翌日から何よりも先立っての意思表明です。住民同士による「コミュニケーション」=相互諜報を通して「思いやり・いたわり合い」=脅かして諦めさせることにより「反対」の顕在化そのものを防止するとともに、「県が率先して警察OBや消防団、自衛隊などと連携協力を行い」、反対者には容赦なく「実力」を行使する体制の構築であり、そのための「治安担当副知事」ということなのですから、なるほど理にはかなっているわけです。それにもちろん「医療」の問題も解決します。沿線住民は始終MRIに入っているようなもんですから。


posted by 珍風 at 11:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。