2009年04月05日

モリケン空を飛ぶ

【主張】ミサイル誤認 萎縮せず情報収集万全に

 北朝鮮が人工衛星と称して発射を予告した長距離弾道ミサイルへの厳戒態勢がとられるなか、政府がいったん、「北朝鮮からの飛翔(ひしょう)体」の発射を発表し、すぐに取り消す事態が生じた。
 緊急情報ネットワークシステムを通じて誤った情報が各自治体にも届いた。国の安全保障に関する情報が錯綜(さくそう)したことは極めて残念である。浜田靖一防衛相らが陳謝したのは当然だ。
 繰り返されてはならないことである。しかし、批判するのはたやすい。政府や防衛省・自衛隊の担当者らが萎縮(いしゅく)して、今後の情報収集や伝達に支障が出るのでは本末転倒だ。政府関係者は正確かつ迅速なミサイル防衛(MD)の運用にあたってもらいたい。
 予告された発射期間の初日、北朝鮮の朝鮮中央通信が午前10時に「まもなく発射」と伝え、政府内の緊張状態が極度に高まるなかで誤情報がもたらされた。
 ミサイル発射に際し、国民に正確な情報を提供し冷静な対応を求める役割が政府にはある。それだけに、みずから混乱を招いた政府に対し、関係自治体や漁業関係者らが反発や不安の声を上げるのはやむを得ないだろう。
 防衛省などの説明によると、千葉県旭市にある航空自衛隊の警戒管制レーダーが日本海で何らかの航跡を探知し、ミサイル発射と誤認したのが発端だったという。
 これに、米国の早期警戒衛星も発射を探知したとの誤った情報が加わり、確度の高い情報ととらえた首相官邸サイドが公表した。
 発射情報は、米国の早期警戒衛星がミサイルの熱源をつかみ、防衛省を経由して官邸に伝わることになっていた。実際には、米側の情報がないのに、あるものとして伝えられた。ごく基本的なところで誤りが生じた。
 日米間での情報確認作業は十分だったか。公表に際して、官邸と防衛省の間で最終的なチェックは行われたのか。
 米国の早期警戒衛星も百パーセントではないとされる。日本が引き続き、独自に発射情報の収集に努めるのも当然のことだ。
 与野党双方が誤情報の発表を厳しく批判しているのに対し、橋下徹大阪府知事は「敏感に情報収集する方が危機管理としてはいい」と述べたという。北の違法な行動から国民の生命・財産を守るオペレーションを支援するのが、政治の役割であろう。

2009年4月5日 産經新聞


「北」「北」ってあんた、北公次がなにか「違法な行動」でもしましたか。したかもしれん。北一輝はしたということにされてたようですが、北杜夫はどうなんでしょうねえ。

毅然として粛々と間違ったようですが、おそらく「誤発表」の効果としてはここに書いてあることくらいは見込まれているんでしょう。亀をひっくり返すと起き上がれないそうですが、転んだガメラはただでは起きません。そういう場合は火を噴きます。この「事故」によって、軍隊は自分に都合の良い「教訓」を引き出して来るわけです。すなわち日米間の連携をより密にし、情報収集体制を強化する必要があることが明らかになったというわけです。

日本と「北朝鮮」の関係は現在大変良好であるようです。今回は「北朝鮮」のおかげで日本のTVで「軍事パレード」を盛んに放送していました。道を間違えてどっかに引っかかっていた車両もあったようですが、ご愛嬌というものでしょう。あんなものを放送すると敵国に軍事情報を公開するようなもんですが、「北朝鮮」は別に敵国ではないようです。

まあ、仮想敵国あっての軍隊であり、軍隊あっての国家ですから、「北朝鮮」がなくなってしまったら明日から日本はどうして良いのか分らなくなってしまうんで、そういうことも含めて「お互い様」という気持ちを失わないでやっていただきたいものです。今回は国民に対して示威行為をすることができましたし、もっと予算を使う言い訳も出来ました。もう十分でしょうから、実際に発射する必要もないくらいです。「北朝鮮」にはお礼に「CRAおれは男だ!」を100台くらい寄贈してあげても良いのではないでしょうか。

森田健作さんなどは「情報戦」というものがわかっている、のかどうか知りませんが、「敵」が誰だか分らなくなるようなレーダーとは違うようです。国民なんて女みたいなものです。いや、国民を侮ってはいけません。てゆうか女性を侮っていると痛い目にあうのが一般のようです。森田さんなどによれば国民などというものは「教育」や「監視」の対象であって、要するに「敵」です。「国民」は「国家」と利害が対立する点においてあらゆる外国に優先して「敵」として考えられます。もっともそれは「国家」が「国民」の福利を図らない場合ですが。まあたいていの場合あまり国民のことは考えてくれません。

「北朝鮮」はともかく「敵」は騙して良いことになっているのですから、いつも選挙のたびに大嘘をついて有権者を騙すのは当然のことです。有権者に公然と敵対する公僕の出現と時を同じくして、これまた公然と軍事力を誇示し始めたのが新年度の始まりです。しかしながら「国民の敵」である森田さんを、森田さんの敵である「国民」が寛大に取り扱うかどうかは保証の限りではありません。このままでは危険なので、彼をパチンコ台のオマケに付けて「北朝鮮」に向けて飛ばしてあげるならば、「北朝鮮」の「敵性」がより「国民に分かりやすく」なるものと思われます。何だかわかりませんが、「北朝鮮」っていちいち括弧を付けると相撲取りの名前みたいに見えて来ますな。


posted by 珍風 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。