2009年04月29日

こちらはワールドビジネスジャーナルです

慰安婦問題でNHK番組改編 「自主自律危うくした」BPO検証委

 旧日本軍のいわゆる「従軍慰安婦」問題を特集したNHKの番組が放送前、政治家の意図を忖度(そんたく)して改編された疑いが持たれた問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)は28日、「番組制作の幹部が放送前に政治家らと面談し、前後して改編された一連の行為は、NHKの自主自律を危うくし、重大な疑念を抱かせる」とする意見を発表した。
 ただ、川端委員長は会見で「自主自律をゆがめる改編を外部の圧力で行ったと認定したわけではない」とした。
 番組は平成13年1月放送の「ETV2001 問われる戦時性暴力」で、慰安婦問題を裁く模擬裁判を取り上げた。取材を受けた団体が番組に抱いた期待権を侵害されたとして、NHKなどを提訴したが、最高裁で敗訴が確定。研究者らがさらに検証を求めていた。
 同番組の放送前日、NHK放送総局長らが安倍晋三内閣官房副長官(当時)を訪ね、その前後に修正が繰り返された。こうした経緯について委員会は「何人もの政治家からこの番組のことを話題にされ、有力政治家から公平、公正にと念を押される中で、番組の質より安全を優先することを選んだ」と指摘した。

2009年4月28日 産経


意見書ではいわゆるNHKの「自主・自律」について「公共放送にとってもっとも重要」であり、視聴者はそれについて「期待と信頼」を寄せているとしています。もっともこれは視聴者のそのような「期待権」を認定したわけではありません。どうやらNHKはまたもや「期待」を裏切ったようなのですが、「期待」を裏切られた視聴者の側において権利の行使として何らかのアクションが起こることを想定しているわけではないのです。視聴者に認められているのは、せいぜい「疑念を起こす」くらいのことで、あとは受信料をきちんと払うことが大切です。

番組改編の経緯については、放送制作部門の責任者が直接「政治家(特に名を秘すがバカ殿とアル中)」にプログラムの「主旨」について説明を行って「みずから政治的介入を招いたり、そのすきをつく」ったことを指摘し、国会対策責任者である野島総合企画室担当局長が直接に関与してその指示により番組の改編が行われたことを挙げて、放送制作部門と国会対策部門は、明確な任務分担と組織的な分離がなされるべきであるとしています。

そしてこれら一連の経緯についてNHKの幹部管理職が躊躇した形跡がないことに「強い違和感を抱く」としているところですが、NHKは同日に出されたコメントにおいて早速「違和感」で逆襲しました。

平成21年4月28日
NHK広報部
BPOの意見についてのNHKコメント

 放送した番組は、提案の趣旨を実現したもので、政治的圧力で改変されたり、国会議員の意図を忖度したという事実はありません。  
 放送・制作部門の担当者が、放送前に個別の番組内容を国会議員等に直接説明することは、NHKの自主自律について無用の誤解を与える可能性が否定できず、こうしたことがないよう、より一層留意していきたいと考えています。なお、現在は行っていません。  
 BPOの意見や見解は、放送倫理の一般的な基準として放送界全体に大きな影響力を持ち、NHKとして尊重することは言うまでもありませんが、今回、「番組は完成度を欠き散漫」などと評価されたことは、残念です。放送倫理上の観点から、番組の質を論ずることに強い違和感を覚えます。
 
以上


NHKとしては「政治家」に言われてあわてて改変したんだから「完成度を欠」いているのも仕方がなかったのですし、新たな材料をぶち込むような真似もしましたから構成が崩れてしまって「散漫」になってしまったのもしょうがなかった、と言いたいのでしょう。番組が「完成度を欠き散漫」になってしまったのはNHKの放送倫理にもとる行為が原因だったのですが、今もって幹部管理職は「躊躇」を感じるどころか微塵も「反省」していないようです。

「放送・制作部門の担当者が、放送前に個別の番組内容を国会議員等に直接説明すること」によって自主自律を大いに損なった点についても、それは「無用の誤解」であるとしており、「こうしたことがないよう、より一層留意していきたい」というフザケタ対応でお茶を濁しているので、いくら「現在は行っていません」と言ったところで、BPOの川端さんが「NHKは放送・制作部門の責任者が政治家に放送前の番組の説明をする可能性を今も排除していない」と言っているのも頷けます。

NHKは「政治的圧力で改変されたり、国会議員の意図を忖度したという事実はありません」と言い張っています。「自白」よりも「証拠」に重きを置かなければならない道理です。もっともこの点につては、産經新聞などは大喜びで「ただ、川端委員長は会見で「自主自律をゆがめる改編を外部の圧力で行ったと認定したわけではない」とした。」と書いているところですから、やはり世襲というのはエラいものです。何をやっても許されます。そこら辺が北野誠さんなどとは大いに異なる点であるといえるでしょう。

そういうわけでBPOとしてもNHKにものは言えてもバカ殿やアル中には逆らえませんから、何だかNHKばかりが悪いように言われてしまうのが気の毒でもなんでもありませんが、一方その頃、日本頸部切断連合会でも労働者諸君が見ない方が良い番組のリストを提出しました。

トヨタなど26社が報道番組ランク、1位はテレ東「WBS」

 トヨタ自動車など企業26社で作る「優良放送番組推進会議」(委員長=有馬朗人元文相)が28日、独自のアンケートを集計した報道番組ランキングを公表した。視聴率以外の指標作りを目指す試みで、1位は「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)だった。
 参加企業の社員ら430人に、4月1〜7日に放送された37の報道番組について5段階での評価を依頼、その平均得点で順位づけした。
 1位は「企業・経済情報が充実」、2位の「クローズアップ現代」(NHK)は「キャスターの解説が簡明」、3位の「週刊こどもニュース」(同)は「大人が見ても役立つ」などと評価された。
 誤報が問題となった「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ)は19位。3月にスタートした月〜金曜夜の2時間番組「総力報道! THE NEWS」(TBS)は33位と苦戦している。

 ◆37報道番組ランキング
 〈1〉ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)
 〈2〉クローズアップ現代(NHK)
 〈3〉週刊こどもニュース(同)
 〈4〉サンデーモーニング(TBS)
 〈4〉NHKニュース7
 〈6〉おはよう日本(NHK)
 〈7〉ニュースウオッチ9(同)
 〈8〉めざましテレビ(フジテレビ)
 〈9〉NEWS ZERO(日本テレビ)
 〈10〉NEWS 23(TBS)
 〈11〉サンデープロジェクト(テレビ朝日)
 〈11〉ズームイン!!SUPER(日テレ)
 〈13〉報道station(テレ朝)
 〈14〉ニュースJAPAN(フジ)
 〈15〉報道特集NEXT(TBS)
 〈16〉めざまし土曜日(フジ)
 〈17〉NHK海外ネットワーク
 〈18〉日曜討論(NHK)
 〈19〉真相報道バンキシャ!(日テレ)
 〈19〉新報道2001(フジ)
 〈21〉やじうまプラス(テレ朝)
 〈21〉みのもんたの朝ズバッ!(TBS)
 〈23〉NHK週刊ニュース
 〈24〉ズームイン!!サタデー(日テレ)
 〈25〉ニュースモーニングサテライト(テレ東)
 〈25〉サキヨミLIVE(フジ)
 〈27〉TheサンデーNEXT(日テレ)
 〈28〉スーパーニュースWEEKEND(フジ)
 〈29〉めざにゅ〜(同)
 〈29〉サタデースクランブル(テレ朝)
 〈31〉ウェークアップ!ぷらす(日テレ)
 〈32〉田勢康弘の週間ニュース新書(テレ東)
 〈33〉総力報道! THE NEWS(TBS)
 〈34〉時事放談(同)
 〈35〉サンデースクランブル(テレ朝)
 〈36〉みのもんたのサタデーずばッと!(TBS)
 〈37〉Oha!4 NEWS Live(日テレ)

2009年4月28日  読売新聞


頸断連の連中が報道番組にあーだこーだとヌカすことに疑問を呈さないばかりか、自社グループの番組の順位に一喜一憂する読売のバカさ加減にも呆れたものですが、ベスト1に輝いた「WBS」のテレビ東京系列の日経では、さすがにそのゴマカシぶりは堂にいったものです。

月尾名誉教授らTV番組独自評価 テレビ東京「WBS」が1位

 東京大学の月尾嘉男名誉教授らは28日、NHKや民放のテレビ番組を独自に評価する「優良放送番組推進会議」(委員長・有馬朗人元文相)を発足させたと発表した。独自のアンケート調査でまとめた番組の評価結果をネットで公開し、「優良な番組を推挙していく」のが狙い。
 協力企業としてトヨタ自動車やパナソニックなど26社が参加。各社の社員400―500人を対象に視聴した番組とその評価を集計する。初回の報道番組ランキングで、平均点順位1位は「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)、2位は「クローズアップ現代」(NHK)だった。
 月尾氏は「社会には多様な番組の評価軸があるべき。視聴率とは別の評価を世間に公表することで、番組の質的向上を促したい」としている。

2009年4月29日 日経


これではまるでこの「会議」は東大の教授がやっているようにみえます。頸部切断企業は単に「協力」をして従業員に思想調査まがいのアンケートを取っているだけのような扱いです。これは読売の間抜けぶりとは全然違うもので、意図的な隠蔽工作であるとしか言いようがありません。まあ1位なんだから、礼儀というものが大切であると考えたものでしょう。正に頸断連御推奨、自民党御用達。実際には参加企業は単なるお手伝いか女中かメイドか山田君のようなものではなくて、「会議」を構成する「会員」であるようです。

「優良放送番組推進会議」が発足

 キヤノンやトヨタ自動車など大手企業26社が会員となって良質なテレビ番組を推奨する「優良放送番組推進会議」(委員長・有馬朗人元文相)が28日発足し、今月1〜7日に放送された計37本の報道番組に関するアンケート調査の結果を発表した。
 会員企業の社員430人が、自分が見た番組について0〜3点までの評価を実施したところ、平均は1.23点。平均点第1位はテレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」(1.84点)、2位はNHK総合「クローズアップ現代」(1.83点)、3位は同「週刊こどもニュース」(1.61点)だった。
 毎月さまざまな分野の番組に関して調査を行い、ホームページ
http://good-program.jp/
で公表する予定。

2009年4月28日 時事


名うての大企業26社の社員、という母集団の大きさにしては430人というサンプルは少ないようにも見えます。1社あたり16.5人でしかありませんが、考えてみれば各企業の役員とかそういう連中でしょう。「より抜きのエリート」が下々のために「優良」な番組を推薦してくれるというわけです。有り難くてなりません。こんな番組を直視すると目が潰れてしまいます。

もっとも昔はTVでも観るか、TVしかねーや、という時代ですけど、そんな「デモシカTV」は過去の話しです。TVの影響力は低下し続けており、今や誰一人TVなんか観ていません。「デモシカ」とかゆーシロモノに黄色の(透ける)スクール水着を着せたってダメです。ちょいと気のきいた人や目も覚めるような美女に限って「WBS」なんか観ていません。そういう人たちは「WBJ」を読んでいるんです。そうでしょ?


posted by 珍風 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。