2009年07月16日

日本の食卓はクソまみれ! 恐怖の糞袋人間

国会、事実上閉幕 17法案は廃案へ
  
 首相問責決議の可決を受け、野党が今後、衆参両院で審議に応じないため、国会は28日の会期末を待たずに事実上閉幕した。北朝鮮制裁のための貨物検査特別措置法案や国家公務員の幹部人事を一元化するための公務員制度改革関連法案など、政府提出の17法案(前国会からの継続案件も含む)が廃案になることが確実になった。
 問責決議は賛成132票、反対106票で可決された。民主、共産、社民の野党各党のほか、無所属の田中直紀氏ら3人が賛成した。内閣不信任決議案は賛成139票、反対333票で否決された。
 貨物検査特措法案は14日、野党欠席のまま、衆院海賊・テロ特別委員会と衆院本会議でそれぞれ可決され、参院に送られたが、21日にも衆院が解散されると廃案となる。審議入りが6月下旬にずれ込んだ公務員制度改革関連法案は、衆院で本格審議に入らないまま廃案となる。
 日雇い派遣を原則禁止する労働者派遣法改正案や、原則1割の自己負担を見直す障害者自立支援法改正案など、国民生活にかかわる法案のいくつかも廃案になる。政府提出法案だけではなく、与党と民主党との間で修正協議が進んでいた児童買春・ポルノ禁止法改正案などの議員立法も廃案になる。
 ただ、政府が今国会に提出した法案の成立数は69本中62本で、成立率は89.9%。衆院解散を控え、野党が修正協議に応じるなど協力姿勢を示したことから、「ねじれ国会」以前の水準(90%台)にほぼ回復した。

■廃案となる政府提出17法案
・組織的犯罪処罰法改正案(共謀罪創設法案)
・被用者年金一元化法案
・地方公務員法・地方独立行政法人法改正案
・独立行政法人統計センター法改正案
・行政不服審査法案
・行政不服審査法施行関係法整備法案
・行政手続法改正案
・独立行政法人通則法改正案
・独立行政法人通則法施行関係法整備法案
・労働者派遣法改正案
・独立行政法人気象研究所法案
・成田国際空港株式会社法改正案
・確定拠出年金法改正案
・公務員制度改革関連法案
・障害者自立支援法改正案
・小規模企業共済法改正案
・貨物検査特別措置法案

2009年7月15日 asahi.com


民主党はいくつかの重要な法案において政府案もしくは与党案に対する「修正」案を提出していたりしますが、「共謀罪」の創設や児童ポルノの「単純所持禁止」などは最初から間違ったアイデアですから、ちっとやそっと「修正」したくらいで何かマシなものになるわけではありません。労働者派遣法改正案や障害者自立支援法改正案なども、「改正」するよりはそれらの法そのものを廃止する法律を作った方が良いでしょう。

これらの法案はまた改めて提出されるものと思われますが、そうして成立する法律がはたして現在の民主党が提出して来た「修正案」程度には「ソフト」になったりするものなのかどうか、ちょっと心もとないものがあります。

民主公約、夫婦別姓明記見送り 党内に根強い慎重論

 民主党は、総選挙マニフェスト(政権公約)で、選択的夫婦別姓制度を柱とした民法改正の明記を見送る方針を決めた。同党は98年の結党以来、野党共同でこの改正案提出を重ねてきた。政権交代後に推進すれば実現へ大きく近づくはずだっただけに、推進派の不満が募っている。
 民主党の民法改正案は、同姓か別姓かを選べる選択的夫婦別姓導入▽現行では男性18歳、女性16歳の婚姻年齢を男女ともに18歳に▽再婚禁止期間を半年から100日に短縮▽現在は2分の1の婚外子の相続分を嫡出子と同じに――などが盛り込まれている。
 国会提出は衆参両院で通算16回を数え、今国会も参院で共産、社民両党と共同で提出。しかし、野党多数の参院では可決される可能性が高いにもかかわらず、法務委員会での審議もされなかった。
 消極姿勢の背景には、党内に根強い保守系議員を中心とした慎重論がある。マニフェスト検討段階で推進派が「国民の関心も高く、コストもかからない」と明記を求めたのに対し、ある幹部は「これまでは野党だから(否決前提に)提出できた」と説明したという。政権政党となれば、実現をめぐって党内の推進、反対両派の対立が過熱しかねないとの懸念があるようだ。(秋山訓子)

2009年7月15日 asahi.com


このような経緯はおおかたの期待に反するものであると言えるでしょう。「これまでは野党だから」というのであれば、これからも野党であった方が良いのではないかという気もします。もっともこの場合に与党が現在の与党と同じであればドッチラケですから、民主党は新たな与党を別個用意した上で自らは野党になっていれば適当なのかもしれません。

しかし民主党の一部の人は「これからは与党だから」ということで現状の与党とほとんど変わらないことをやろうとしているようです。さすが分ってらっしゃるてゆーか、日本では「与党」というのはどっかの国の傀儡なのでどの党が与党だろうが夜盗だろうが変わったことは出来ないというつもりでしょう。そういう奴は「テキサス」にでも行って牧童でもやっておればよろしい。

そこで賢明なる日本国民の皆さんは、民主党に何かを期待しているのであれば早いとこ目を覚ましたほうが良いでしょう。この際ですから目の醒める注射でも打って人間やめてしまった方がよほど人間の甲斐があります。つまりスーパーの生鮮食料品と同様、民主党の中には腐ったものや異端だものが混じっていますので、ぶったり叩いたりひっくり返したりしてよく見て選ぶのが賢い主婦の不倫ついでの不利でないお買い物です。

中でも「保守系議員」などと称するものは、表には民主党と書いてあるものの自民党やら松下整形外科やら整腸の家やら統一狂の方面で採れた産地偽装品の疑いがあります。今年は建築物や食品の偽装の話しは聞きませんが、これからは人間様の偽装が明らかになる秋です。この人たちはアタマが腐っていますから、民法を改正して婚姻年齢を男女とも18歳にすることが児童買春・ポルノ禁止法と整合することに気がつかないのか、婚姻とは女性への虐待に他ならないという透徹したクレバーな見識をお持ちなのかよく分かりません。

こういうアタマ、てゆーか自分が何をやっているのかよく分かっていない、ヒトの頭部を偽装したいわゆる「糞袋」の持ち主は、もちろん皆さんの考えている「民主党」とは違うようです。「筋腫党」か「珍種党」か何かでしょう。こういうニセモノはすぐ分ります。「口」を開けばクソが出て来るからです。そもそもアレは口ではなくて肛門なんだそうです。でかい口を叩くから締まりが悪くていけません。


posted by 珍風 at 05:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。