2009年08月02日

ナカダヒロシのすべて

ただ漫然と勉強をしないで遊んでばかりいても「偏差値38」にはなれません。持って生まれた「天分」というものが必要です。幸いにしてそれに恵まれた中田宏さんは熱心に「ゴミ問題」に取り組まれ、最近では主客一体となった渾然たる境地に達して横浜市最大のゴミ処理を敢行されたとのことであります。

ゴミというものはそこら辺に捨てればそれで良いというわけではありません。いかに処理するかが重要です。その点でも中田さんは「「よい国つくろう!」日本国民会議」とかいう大手企業様向けのアピールを行なって生ゴミ処理の引き受け手を熱心に捜しておられました。

そのようにして大企業に寄生して生きのびる道筋がついたところでの辞任ですが、ここでどういうワケか対岸は千葉県のゴミの登場です。

中田市長辞任に森健知事チクリ

 千葉県の森田健作知事(59)は30日の記者会見で、横浜市の中田宏市長(44)の辞任表明について「正直言って驚いた」とした上で「客観的に見ると(任期満了まで)あと7、8カ月、おやりになったほうが良かったのではないか」と批判的な見方を示した。同時に「もう1度中央に戻るのか。ただ辞めたというのではなく、私たちが想像できないものもあるのではないか」とも述べた。

2009年7月31日 SANSPO.COM


まあ、はたしてご本人に「チクリ」と言ったつもりがあったのかどうかは疑問です。とにかくテキトーに分ったようなことを言っておくと利口そうに見えますな。もっとも本当に「私たちが想像できないものもある」かも知れません。指を暖かいところに突っ込んでいないと指が硬直して動かなくなる病気にかかっていたとか。

そのまた一方では中田さんが「人生の師」と仰ぐ横山ノックさんの遺徳を偲んで大阪に向かうところもご立派です。

橋下知事:中田横浜市長に大阪府特別顧問就任を要請

 大阪府の橋下徹知事が、7月28日に辞職願を提出した中田宏・横浜市長に府特別顧問への就任を要請したことを明らかにした。中田市長は「僕で役に立つならば、社会を変えるために何でもやる」と述べ、就任に前向きな意向を示した。
 橋下知事が7月31日、大阪府豊中市内で中田市長と面談して打診し、記者団に明らかにした。橋下知事は「中田市長は改革の旗手。(府の経営方針を決める)戦略本部会議に出てもらいたい」と語った。中田市長の辞職願提出の経緯についても「すべて聞いて納得した。僕が辞めるとなっても同じことを考える」と予算編成が本格化する前の辞意表明を支持する考えを示した。
 府によると、非常勤の特別顧問は行政改革など特定の分野について知事にアドバイスするほか、府庁内の会議などに出席する。知事が委嘱すれば就任可能で、議会の議決は必要ない。現在は、本間正明・近畿大世界経済研究所長などが務めている。通常は無報酬で、中田市長は「交通費さえ出れば」と語った。【稲垣淳】

2009年8月1日 毎日新聞


そりゃまあ僕だって辞職の「経緯」については「納得」できますし、同じようなことになったら辞職しますわな。もっとも大阪府民が「タコの亡霊」のような「腐ったさかなクン」にウロウロされるのに「納得」がいくものであるとは限りません。とはいえ、部屋の隅に埃が固まるように、ゴミがゴミを呼んで瀬戸内海の隅で固まるようですから掃除は毎日やりたいものです。松下の掃除機は吸引力のないただひとつの掃除機です。逆にゴミを撒き散らすんですから。


posted by 珍風 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。