2009年11月17日

餓鬼共にはスクリーンの中だけの希望を

厚労省の「児童劇巡回」、初の「予算要求通り」判定

 11日から始まった事業仕分けで16日、初の「予算要求通り」の判定が出された。優良な児童劇を子どもに見せるため、劇団が全国の児童館などを巡回する優良児童劇等巡回事業で、所管は厚生労働省だ。ただ同事業は概算要求段階で金額を明示しない「事項要求」で、要求額も分からないままに「可」と認める異例の判定になった。
 同日の仕分けでは、仕分け人の半数(6人)が「文化庁に重複する事業がある」などと批判して予算の縮減を要求。だが作業グループの取りまとめ役の菊田真紀子衆院議員が「子どもに希望を与える事業は大切にしたい」と結論づけ、要求がそのまま認められた。

2009年11月17日 日経


財務省ではこの事業は文化庁のと重複しているんじゃないかという、字の読める人にとっては至極真っ当な意見を出したようですが、厚生労働省によれば文化庁の管轄は「交響楽団」や「能」なんだそうです。なんだか「文化」という語を極めて狭く捉えているようですが、実はオーケストラにはコンサートホールという音響設備が必要ですし、能には能舞台という一定の形式を持った設備があります。一方で児童劇は「児童館」で行なわれるのです。「児童館」は自動更生施設ではなくて児童厚生施設ですから厚生労働省の管轄です。つまりこれはハコモノ主体の縦割り的発想の典型のようなものです。交響楽団なしでも、能なしでも出来ます。

優良児童劇等巡回事業は厚生労働省所轄の「児童健全育成推進財団」に委託されています。これは、何の必要があったのか分りませんが全国4700の「児童館」同士の「連絡・調整・推進機関」を作るんだと言って1975年に設立された「社団法人全国児童館連合会」と、1973年に設立され各地域の「母親クラブ」を束ねていた「財団法人東邦生命社会福祉事業団」が、1999年の東邦生命の経営破綻に伴って2000年に統合したものです。

「児童館」は厚生労働省雇用均等児童家庭局育成環境課の所管でありますが、各都道府県に下部組織として「児童館連絡協議会」が置かれていて、各「児童館」は都道府県連協を通じて「児童健全育成推進財団」による全国的な統制の元にあります。同財団の所在地は

〒150−0001
東京都渋谷区神宮前5丁目53番1号
こどもの城 10階
TEL 03-3486-5141
FAX 03-3486-5142

会長:金田 一郎
理事長:高城 義太郎
副理事長:畠山 寛

「優良児童劇等巡回事業」は、この「児童館」に劇団とか映画を巡回させるんですが、巡回上演・上映する作品については厚生労働省が「社会保障審議会福祉文化分科会」において「社会保障審議会推薦児童福祉文化財」として決めています。ここでは「出版」「舞台芸術」「映画・メディア等」の各分野から「児童福祉文化財」を「推薦」しています。「児童福祉文化財」というと、なんか聞いたこともないような短編フィルムやなんかだと思うかも知れませんが、『劔岳 点の記』とか『ポニョ』、『旭山動物園物語』なんていうのも入っています。

それでこの「分科会」の委員というのが沢山いまして、28人もいます。

本委員  庄司 洋子 立教大学大学院教授
〃    見城美枝子 青森大学教授
臨時委員  竹中 淑子 子どもの本研究所主宰(出版委)
〃    望月 重信 明治学院大学教授(出版委)
〃    片岡 玲子 立正大学教授(舞台委)
〃    方   勝 玉川大学教授(舞台委)
〃    小玉美意子 武蔵大学教授(映像委)
〃    鈴木誠一郎 筑波大学大学院教授(映像委)
専門委員  落合美知子 児童図書研究家(出版委)
〃    小泉 裕子 鎌倉女子大学児童学部教授(出版委)
〃    児玉ひろ美 読書アドバイザー(出版委)
〃    佐藤 宗子 児童文学評論家(出版委)
〃    土屋 智子 児童図書研究家(出版委)
〃    中村 順子 学校司書(出版委)
〃    宮川 健郎 武蔵野大学教授(出版委)
〃    上垣内伸子 十文字学園女子大学教授(舞台委)
〃    小林   緑 国立音楽大学名誉教授(舞台委)
〃    指田 利和 宝仙学園短期大学教授(舞台委)
〃    芹川季代子 児童劇指導家(舞台委)
〃    高谷 静治 児童劇演出家(舞台委)
〃    宮里 和則 あそび・劇・表現活動研究家(舞台委)
〃    塩浦 純一 映像音楽研究家(映像委)
〃    須貝あゆみ 日本レコード協会業務部企画グループ長(映像委)
〃    鈴木 一光 (財)児童健全育成推進財団事務局長(映像委)
〃    田嶋  炎 日本民間放送連盟番組部長(映像委)
〃    辰巳ヒロミ 子どもの映画研究家(映像委)
〃    長又 厚夫 日本放送協会考査室考査主幹(映像委)
〃    西村 達郎 文化創出プランナー・作詞家(映像委)

地方紙の報道によれば、厚生労働省の「能なし」な主張にも関わらず、文化庁の事業との重複について整理を要求したようですが、そもそも「子どもに希望を与える」ということでしたら、厚生労働省にはもっと他にやるべきことがあるのではないかと思うのが素人の見解です。「交響楽団」や「能」が「子どもに希望を与える」ことと関係ないというのも奇妙な考え方です。

もっとも、玄人の見解になりますと、「児童向け」の出版や演劇、映画というのも中々大変な業界なんだそうでありますから、文化庁だろうが文部科学省だろうが厚生労働省だろうが、色んなところからみんなに「推薦」が行き渡ると助かるとか、こういう「委員」の諸先生方とのコネが大切だとか、そのために多大な努力を払っておるとか、事情があるようです。何かの「推薦」のシールがあるのとないのとでは売れ行きが大分違うとか。というわけで「政治的判断」になるわけですが、そんなら厚生労働省、「厚生」だけじゃなくて「労働」方面の「文化財」も「推薦」してみやがれってんだよね。「労働者を社会の健全な一員とするために積極的な効果をもつもの」をですね。やっぱりやんなくていい。


posted by 珍風 at 11:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。