2009年12月31日

中国に追いつき追い越し殺しにいけ

英首相、中国の死刑執行非難…恩赦要請27回

 【ロンドン=大内佐紀】中国当局が、英国人アクマル・シャイフ死刑囚の死刑を執行したことについて、ブラウン英首相は29日、「寛大な措置を求める我々の度重なる要請が認められなかったことに驚き、失望している。最も強い言葉で非難する」との声明を発表した。

 BBC放送によれば、英政府は過去2年間で27回にわたり、精神疾患があるとされるシャイフ死刑囚の恩赦を中国政府に求めてきた。28日夜も、英外務省高官が駐英中国大使を呼び出し、刑を執行しないように求めたばかりだった。
 人権団体や精神疾患患者を支援する団体関係者は28日から夜通し、在英中国大使館を囲み、恩赦を求める運動を展開。シャイフ死刑囚の命運は英国で高い関心を集めていた。英国では死刑が廃止されており、死刑に対する忌避感が強い。

2009年12月29日 読売新聞


可哀想な大内さんのために申し添えれば、「死刑に対する忌避感が強い」のはイギリスに限ったことではありません。「EUは死刑制度のない世界を求めています」。EUは中国のような文明国におけるEU市民の生命だけではなく、日本のような野蛮国の猿のような住民の生命にも強い関心を示しています。

2009年7月28日に日本で3人の死刑が執行されたことに関する欧州連合を代表する議長国声明

EU News 216/2009
2009/07/30
欧州連合理事会
ブリュッセル
12502/09 (Presse 237)
P 88

<日本語仮訳>
欧州連合(EU)は、2009年7月28日に、山地悠紀夫、陳徳通、前上博の3氏に絞首刑が執行されたことに対して、深い遺憾の意を表する。
欧州連合は、いかなる場合においても、またいかなる環境下でも、極刑の使用に反対しており、全世界的廃止を一貫して求めている。我々は、死刑の廃止は、人間の尊厳を守るために、また人権の漸進的発展に不可欠であると確信している。欧州連合は、この刑は残酷かつ非人道的であると考える。死刑に抑止力があると証明されておらず、どの司法制度においても不可避である司法の誤りは、取り返しのつかないものである。よって、欧州連合全域において死刑を廃止している。
また、欧州連合は、2008年12月18日に、国際連合総会が死刑に関する決議を採択したことを想起する。これは、2007年12月に採択された決議を再確認するものであり、死刑の使用を続けているすべての国に対し、同制度の廃止を目的として、執行の停止を決定するよう要求している。
欧州連合は、世界各地における広範な人権問題に関する日本との協力を歓迎し、重要視している。欧州連合は、この機会において、死刑を法的に完全に廃止するまでの間、その適用を停止するよう日本政府にあらためて要求する。
欧州連合は、総選挙後に発足する日本の新政府を訪問し、日本における極刑の使用に関する欧州連合の見解を表明する意向である。

駐日欧州連合代表部


同様の声明は2008年にも2回出されています。ちなみにこの声明を出すのは大内さんによって「死刑に対する忌避感が強い」とされるイギリスではなく、EUの議長国であるスウェーデンであることは、讀賣新聞さえ読まなければ誰にでも分ることです。

そればかりではありません。中国外務省によれば、当の中国ではなんと驚くべきことに死刑制度を廃止する条件を探っているところです。

中国で英国人死刑執行 麻薬密輸罪

 【北京=朝田憲祐】新華社通信によると、中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市で二十九日、麻薬密輸罪で死刑判決が確定していた英国人アクマル・シャイフ死刑囚(53)に対し、注射による死刑が執行された。
 欧州メディアによると、中国で欧州の市民に死刑が執行されたのは一九五一年以来でほぼ半世紀ぶり。また国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの発表では、二〇〇八年の中国の死刑執行は少なくとも千七百十八人に上り世界最多。今回の執行で国際社会からの非難があらためて高まりそうだ。
 中国外務省の姜瑜副報道局長は二十九日の会見で、英国政府が反発していることに対し「麻薬犯罪撲滅は全世界の人たちの心の声で、いわれない非難だ」と強い不満を表明。「中英関係を損なわないよう誤りを正すべきだ」と述べた。
 また、死刑制度を維持していることについて「制度廃止の条件が整っていないためだ」と強調。死刑問題では抑制的で慎重な取り扱いをしているとした。
 シャイフ死刑囚は〇七年九月、タジキスタン発の航空機でウルムチに到着した際、空港でヘロイン約四キロを所持しているのが見つかり逮捕された。死刑判決は今年十月に確定。北京の英国大使館や人権団体などは、同死刑囚に精神疾患があるとして精神鑑定を申請したが、中国の最高人民法院(最高裁)は「精神状態に疑いを抱く理由はない」と却下。「死刑適用は麻薬犯罪防止に有益だ」としていた。
 中国では、日本人男性四人も麻薬密輸罪で死刑判決が確定しているが、いずれも最高人民法院が審査中で執行されていない。

2009年12月30日 東京新聞


一般的に政府機関の発言は慎重に取り扱うべきであって、あまり信用してはならないのですが、とにかく姜瑜さんによれば、どうして中国では未だに死刑をやっているかというと、それは「制度廃止の条件が整っていないため」なんだそうです。つまり条件さえ整えば死刑制度は廃止されるというわけです。

だからといって廃止するつもりがあるわけではないでしょう。「条件」のなかで最も影響力の大きいものは、おそらく中国政府における死刑廃止の意志であり、それは当面存在しないようですから近い将来に「条件が整う」ことは全く期待できません。にもかかわらず、この発言によって中国政府は、ついうっかりとして、死刑制度は廃止されるべきであるという認識を示してしまったわけです。

中国は2008年の2月に日本や北朝鮮その他と一緒になって国連に死刑存置の「口上書」を提出したりしていたものですが、実際には死刑制度に積極的な意味を見いだしていないようです。日本では、いわゆる「世論」と、昔森山さんが言ってた「死んでお詫びをする」、という、これは要するに西洋から観た「ハラキリ」文化をそのまま言っちゃっただけなんですが、そんなテキトーな「文化論」でもって死刑制度を維持したいわけですが、「世論」や「文化」が「正しい」とする説得力を持ちません。中国は死刑は廃止されるのが「正しい」という認識を示していますから、中国が日本に対して優勢なのは、なにも数をこなしているからというだけでもないようです。また来年こいばいいからなー。


posted by 珍風 at 10:20| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。