2010年01月25日

わたしのリーク体験

北海道新聞東京編集局国際部の高田昌幸さんの『ニュースの現場で考えること』では「「リーク批判」に対する新聞の「言い分」」
http://newsnews.exblog.jp/13562517/
というエントリで、日本を代表する新聞社2社の花形記者によるリーク体験を引用しています。

先ずは産經新聞の社会部長でいらっしゃる近藤豊和さんの、リークの裏にあるちょっといい話し。

 捜査畑で辣腕(らつわん)をふるったある検察幹部は、何かを問い掛けると、「足で稼いでこい」と言うだけだった。別の検察幹部は、同僚記者が雨中に官舎前で待っていると、ずぶぬれの足元を見て靴下を手渡し、何もしゃべらずに、玄関の中ににまた消えたという。
 「検察のリーク」「検察からの情報による報道の世論誘導」…。こうした指摘の根拠を知りたい。

2010年1月21日


根拠は近藤さん御自身です。そして讀賣新聞論説委員の藤田和之さんの涙なくしては聞けないリークの苦労話。

 「関係者」の中でも、検察官の壁は特に厚い。無言か、「知らない」。寒風吹く中、質問内容を忘れるほど震えつつ5時間待った結果が、わずか数十秒のこうしたやり取りだ。その繰り返しである。
 政治家も、記者と同じ取材を1週間やってみればよい。その上で「検察リークを確認した」と言うなら、その言葉に耳を傾けよう。

2010年1月23日


お寒かったでしょう。まあ、その甲斐はあるんでしょうけど。お二人とも、実は「リークはない」と言っているわけではありません。近藤さんの同僚が雨の中を立ち尽くし、藤田さんだか誰だかがお寒い中で5時間も待っていたというのも、ただただリークを待っていたからに他なりません。

仮に検察官がリークをしないものであれば、こんな苦労、てゆーかはっきり言って時間のムダですが、そんなことをしている必要はありません。どっか別のところに取材に行くとか、帰って寝ちまうとかすればよろしい。雨が降ろうが寒かろうが、それはムダな動きでしかなく、同情の余地もありませんし、そんなバカなことをやっている連中の給料を払うために新聞代を払うのは真っ平です。

しかし実際にはリークは行なわれるのであり、だから悪天候にもかかわらず記者さんたちは待ち続けます。それは決して簡単なことではありません。しかし連中には、お役人様からおこぼれを頂戴して紙に書くくらいのことしか出来ないので仕方がないのです。その他のことは不可能なのであって、事は単に簡単だとか大変だとかいうことではありません。可能な事と不可能な事があるのです。

しかし、マスゴミがリークをそのまま書いているとすれば、それはやはりある意味で「簡単」なことです。検察官はそうはいきません。彼等はマスゴミと違って、聞いたことをそのまま喋っちゃうのではないのです。記者さんたちが外で待っている間、検察官たちは暖かいところでお茶を飲みながら談笑しているわけではありません。

おそらくその間に、リーク情報が作られます。今日は何かを話してあげられるかどうか、話してあげるとしたらどんなことを言うのか。検察官たちは取調室から出て来てそのままを記者に放り投げるようなぞんざいな事はしません。たとえ短くとも、彼等の情報は思惑と利害のこもった温かな手作りの創作物なのです。それを頂戴するとき、記者さんたちは喜びにうち震え、暑さも寒さも忘れて、喜び勇んで口にくわえて社に帰り、丁寧に傷つかないように、そっとそのまま書いちゃうのでした。そんなもの犬にでもくれてやれば良いようなもんですが、犬が犬から貰ったんだからどうすれば良いのか。川に向かって吠えるなよ。


posted by 珍風 at 05:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。