2010年03月21日

ディスポーザブル禿

気の狂った床屋のハサミが火花を散らしている下総国ですが、最近話題には事欠かないようで、どうも何というか大変にアレですが、衆院千葉6区といえば市川とか松戸とか、学校や病院の沢山ある所ですか。

【単刀直言】生方幸夫民主副幹事長「党の“中央集権”、首相は小沢氏を呼び注意を」

 与党に政策部門がないのは絶対におかしい。民主党に元気がなくなったのは、自由に議論する場がなくなったからです。政策調査会と、その下の部会を再び作って、みんなが自由な意見をいえるように戻さないといけません。
 衆院選マニフェスト(政権公約)の実行が思うようにできていません。それに対する十分な説明を民主党がしきれていないのは、党に政策責任者がいないからです。説明を一つ一つしていれば、民主党への信頼が今のように落ちることはなかった。
 鳩山さん(由紀夫首相)は約10年前に「1人1政策作ろう」と、仲間たちに呼びかけたはずです。政権交代で、それを実現しようと思ったら、議員立法も制限されてしまった。政治主導にはほど遠い。
 われわれは自民党政権がやってきた中央集権はダメだと言ってきた。地方分権にしようといってきたのに、民主党の運営はまさに中央集権です。今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている。下に権限と財源が与えられていない状況はおかしいでしょ。党の代表である鳩山さんは、小沢さん(一郎幹事長)を呼んで党が中央集権になっていることをきちんと注意してほしい。
 1年生議員は民主党に入ったときから、強度の管理体制下に置かれているから、しゃべっていいものかどうかすら分からないんじゃないでしょうか。
 民主党への信頼が低下している要因には「政治とカネ」の問題もあります。小沢さんに関して、今までの説明に納得していない人が圧倒的に多数で、幹事長をお辞めになるべきだという意見が多い。小沢さんがしかるべき場所できちんと説明するのが第一。それで国民の納得が得られなければ自ら進退を考えるしかないです。
 国民は小沢さんが不起訴になったから全部シロだとは思っていないんですよ。おそらく説明できないんでしょうね。小沢さんは前よりだいぶ権威づけられてきたというか、権力者になってきましたね。
 北海道教職員組合の問題は、これも一番上は(出身母体が日本教職員組合の)輿石さん(東・参院議員会長)ですからね…。(民主党議員は)組合からあまりお金をもらっちゃいけない。組織内候補といわれる方の献金額は常識的な額ではない。参院選への影響は、政治ですから何があるか分かりませんけど、要するに言い訳から入る選挙は勝てませんよ。
 公明党とどうするかは党の方針の問題です。議員の意見を聞かないといけません。国会運営をうまくするためにとか、味方が一人でも多けりゃいいと思って連携するなら大間違い。誰かの思いつきでやっていいことではない。選挙で公明党がイヤだから応援してくれた人だっていっぱいいたわけですから。(坂井広志)
    ◇
 うぶかた・ゆきお 衆院千葉6区選出。当選4回。横路孝弘衆院議長のグループに所属。昭和22年、東京都生まれ。47年、早大卒。読売新聞記者を経て経済評論家に。平成8年の衆院選で初当選。今年3月、民主党有志でつくる「政策調査会の設置を目指す会」世話人に就任。

2010年3月17日 産経ニュース


民主党はご存知の通りの攻撃にさらされているわけですが、まあ一般の人々であれば敵機の撒く伝単に動揺することがあっても仕方ないでしょうが、副幹事長がこんな風だと、やはり馬鹿だとかかスパイだとか言われるに決まっています。

生方さんは、いわば「敵側」の「謀略新聞」のインタビューを受けて上記のようなことを喋ったということですが、次いで、高嶋筆頭副幹事長から解任を言われた時の会話を録音し、それをフジテレビに納めたようで、「謀略放送」の電波にその音声が乗りました。

記事の内容からしてインタビューを受けた時点で党を除名、もしくは少なくとも役職解任の処分が出るという予想は可能であったことから、取材から録音素材提供まで、一連の動きとして企画されていたと考えることも出来ます。もちろん生方さんが平生から「録音マニア」であって、何でもかんでも密かに録音して楽しんでいた、という可能性も全く否定できるものではありませんが。

生方さんが元讀賣新聞の記者であったことしても、最初からスパイとして旧民主党時代から潜入捜査を続けていたのかどうかは分りませんが、この一連の事態の中ではフジサンケイグループが主要な役割を果たしていることは否定できません。録音についても、坂井広志さんあたりが唆した可能性がないわけではありません。

そうだとすれば、同じく副幹事長の細野さんが言うように「民主党にとってダメージがあった」、目論見通り、という事になるのですが、よく考えてみると何がどう「ダメージ」なのかよくわかりません。マスゴミに格好のネタを提供したとか、谷垣さんにエサをやったという意味では、あるいは「ダメージ」なのかも知れませんが、むしろそういうことが「ダメージ」であるという認識はマスゴミの側にこそ存在するのであって、これはマスゴミが仕掛けに一枚噛んでいるという仮定に矛盾しません。

この場合哀れなのは生方さんという事になります。「言い訳から入る選挙は勝てません」とか言ってますが、いったい何処に「勝てない」というのか。民主党を出て行かなければならないようなことになったら大変です。産經では自民党とかみんなの党あたりの口を紹介するかも知れませんが、そんな所に行っても勝てませんし、生方さん自身が保守系とはあまり親和性が高くないのですから、行っても苦労するでしょう。かわいがられちゃうかもしれません。

あるいは創価学会に入信するという手もありますが、産経は生方さんが党を除名されるとまでは考えていないのかも知れません。実際に除名されたわけでもありません。おそらく産經は民主党内の党内闘争を煽ろうとしたんでしょう。もはや自民党を救済するためには政界再編しかありません。民主党が割れなければ自民党は消滅してしまうような気がするのですが、しかしその際にも、生方さんにはやっぱり身の置き所がないような気もします。これはもう、生方さんの政治的センスの欠如というべきでしょう。したがって彼を副幹事長職に置くことは党にとって危険であり、解任は極めて正当である、としか言いようがありません。あ、舛添さんの新党だか禿頭だかがあったか。捨てる髪あれば拾う髪あり。


posted by 珍風 at 20:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。