2010年07月29日

全ての死刑囚は「無罪」である

「死刑制度の信頼損ねる」=千葉法相を批判−自民・安倍氏


 自民党の安倍晋三元首相は29日、保守系議員のグループ「創生日本」の会合であいさつし、千葉景子法相が死刑を執行したことについて「選挙で国民からノーを突きつけられた人物が執行していいのか。これは死刑制度への信頼を損ねる行為だ」と批判した。

 また、「(法相続投への)批判を避けるために執行したのではないかという疑問も出てくる。そういう疑問を持たせること自体、法相として全く失格だ」と語った。

2010年7月29日 時事


困ったもので、相変わらずバカ殿は「今朝も産經新聞を読んで来ました」というようなことしか言えないようです。どうしてこれに報道価値があるのか、そういう疑問を持たせること自体、全く失格です。何に失格だか分かりませんが。ちなみに「創生日本」は偏差値が低いようで、これでも合格なんだそうです。

「死刑制度への信頼」などは存在しないかも知れませんが、存在する必要などありません。バカ殿とか仙波さんのような人はどうだか知りませんが、必要なのは「信頼」ではなく、「正当な批判に耐えうる程度に疑わしさを排除すること」でしかありません。しかし死刑廃止だ存置だという以前に、「批判」にさらされないのが、日本における死刑の問題といえば問題なのです。もっとも、それが「問題」であると思っていない人もいて、そのことがまた「問題」だったりするのが問題なんですが。

少なくとも法務省では、この「信頼」などというものを鼻っから「問題」にしていないようです。それどころか批判耐性すら考えていないようです。全てはありとあらゆる批判に晒されないように、秘密の内緒でこっそりと行なわれます。予定していた執行がバレると中止になるのかも知れません。

一方で、よく、刑事訴訟法によると確定後6カ月以内に執行されなければならないんだから早くやれ、というようなことを言う人がいますが、全く素人はこれだから困ります。かつては執行後に殺害された人の氏名などを公表することはありませんでした。今でも執行予定は発表されないのであって、法務省ではいつ誰を殺すのか明らかにしたくないようです。これが確定後6カ月以内なんてことをやっていたら、確定時期は分かってるわけですから、いつ誰について執行するかバレてしまうではないですか。そんなこと出来るわけないでしょう。よく冷やしてからコッソリと頂くのがスイーツの醍醐味です。

もっとも、最近は「世論調査」で「死刑容認者」が多いようなのに気を良くしたのか、執行後に殺害した人の氏名などを公表したり、今度は刑場を見せるようですが、まだまだ執行の予定を発表するとか、執行そのものを公開するというわけにはいかないようです。

もちろん、「世論調査」で「死刑容認者」が85.6%存在するといっても、実際にはこれは将来における死刑の廃止を容認する人を含む数字であって、即時又は将来に死刑を廃止することを認める人は35%もいるばかりでなく、こういう人の割合は増えていたりします。「85.6%」というのは飽くまで国民向けの数字であって、「世論」の実態は必ずしも単純な「死刑容認絶対多数」のようなものではない、という事情も「行刑密行主義」が払拭されない原因のひとつでしょう。

しかしながら法務省としては、「信頼」を問題にしない、てゆーか自分たちのやっていることがとてもじゃないが「批判」に耐え得るものではないと自覚するだけのより強い理由があります。それは「取調べの可視化」なのです。

法務省も、取り敢えずはポーズだけでも、「可視化」に向けて何かやっているようなフリをしなければならなくなっています。もちろん飽くまで「フリ」ですし、実質的には「不可視化」するために頑張ることと思いますが、やはり「可視化」されていない「取調べ」に対する強い疑念を誤魔化しきれなくなっていることは否定出来ません。

ところが「取調べの可視化」を要請する同じ理由から、今までの判決も疑い得ることになります。なにしろ従来の判決は「可視化」されていない疑わしい取調べによって作られた調書に基づいて書いちゃってますから、これからの取調べを可視化すると同時に、今までの取調べを再検証する必要があるのであり、それは今までの判決の正当性を覆す可能性があるのです。

つまり法務省は、間違った判決に基づいて刑を執行している可能性があるのです。法務大臣が落選しようがかまいませんが、判決そのものが誤っている可能性があるんですから、「信頼」もなにもあったものではないのも当然でしょう。

したがって、少なくとも死刑執行の前に、当該事件について徹底した再検証を行なう必要があるでしょう。取調べの状況についてもう一度当事者に確認しなければならず、あらゆる資料が必要であり、判決に至るまでの全ての過程における公正が保証されなければならないのです。過去の取調べは「信頼」出来ず、判決は疑わしいものであり、「確定囚」といえども無罪が推定されることになります。

このような検証を経ない刑の執行は、すべて「無罪」の人に対して正当な理由なく重大な損害を与える行為となります。ことに死刑の執行は「理由なき殺人」です。死刑は執行されてしまえば後から判決が誤っていることが明らかになっても取り返しがつかないわけですが、だからこそ「やっちまえばこっちのもん」という「疑惑隠し」の執行がなされる疑いがあります。これには「飯塚事件」という前例がありますが、「取調べの可視化」を形だけでも受入れ、「取調べ」が疑い得るものとなってからの刑の執行は、まるで取調べ中の被疑者のような「権威」への「迎合」という異常心理の持ち主でなければ到底受入れることは出来ないでしょう。そういう人は何でも「信頼」してしまうもんですが。


posted by 珍風 at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。