2010年10月05日

市民諸君「感覚」と「感情」では「考え難い」やね

授業が終わって、電話すると、びっくり。
小沢一郎氏の検察審査会議決は今月末になると予想し、かつ「起訴相当」議決は出ないと予想していたのですが、こんなに早く、かつ「起訴相当」議決が出るとは・・・・

2010年10月上旬の近況報告
上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場


上脇さんは「もし検察審査会が2度目の「起訴相当」議決をする場合には、1回目よりも議決書は詳細なものになるし、議決書の作成には「必ず」審査補助員に「補助」させなければなら」ず、「度の「起訴相当」議決に強制起訴の効果を持たせている改正検察審査会法は、市民参加に特別の意義を与えただけではなく、刑事裁判の審理を意識して弁護士という専門家に「補助」させているのである」から「検察審査会の議決は、単純な市民感覚の表れではない」ことから「「起訴相当」議決は出ないと予想」していたようです。

すなわち2度目の議決は1度目のそれよりも質的に向上することが制度の狙いとするところである、と上脇さんは理解していたようですが、その予想は大きく裏切られることになったようです。たしかに「詳細」というか、長くはなりましたが、何か説得力のある議論が展開されているというわけでもありません。「「起訴相当」議決は出ない」という「予想」が裏切られたばかりではなく、上脇さんにおける「検察審査会制度」への信頼が裏切られてしまったと言うべきでしょう。

実際、今回の議決もその内容は「感情的」どころの騒ぎではありません。「感情的」であった方がまだマシだと思われます。それは「検察審査会法」の目的である「公訴権の実行に関し民意を反映させてその適正を図る」ことをほとんど果たしていません。前段の「民意を反映させ」の方はなんとか形式的にでも果たしているのかもしれませんが、後段の「その適正を図る」ことは全く出来ていない、というよりはそれに逆行するかのようです。

その議決するところによれば、石川さんや池田さんの供述の信用性については

小沢氏を尊敬し、師として仰いでおり、……小沢氏の関与を実際より強める方向で虚偽の供述に及ぶことや小沢氏を罪に陥れるための虚偽の供述をすることはおよそ考え難い

第5検察審査会の議決要旨
2010年10月4日 産経ニュース


んだそうです。これはつまり自己に不利な供述をすることは「およそ考え難い」と言っているわけですが、もしこれが本当なら世の中に冤罪というものが存在することは「およそ考え難い」と言わざるを得ません。冤罪事件のほとんどにおいて容疑者は自己「の関与を実際より強める」どころか少しも関与していないのに自分「を罪に陥れるための虚偽の供述」をしているものなのです。

仮に検察審査会というものが「公訴権の実行の適正を図る」ものであるとすれば、例えば前田恒彦さんなどが「およそ考え難い」供述をいくらでも引き出して来る「およそ考え難い」手法を明らかにするのであればともかく、いくらなんでもこんな検察寄りの「議決」を行なうことは「およそ考え難い」ものですが、そもそもこの「議決」は検察審査会制度の目的についても、「およそ考え難い」ような、どこにも書いていないことをひねり出して来ているのですから健さんのように器用なものです。

検察審査会の制度は、有罪の可能性があるのに、検察官だけの判断で有罪になる高度の見込みがないと思って起訴しないのは不当であり、国民は裁判所によって本当に無罪なのかそれとも有罪なのかを判断してもらう権利があるという考えに基づくものである。そして、嫌疑不十分として検察官が起訴に躊躇(ちゅうちょ)した場合に、いわば国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度であると考えられる。

第5検察審査会の議決要旨
2010年10月4日 産経ニュース


そんな「権利」はありません。おそらく「裁判所において裁判を受ける権利」を曲解したものと思われますが、これは法に基づく適正な手続を保障し、司法以外の権力による裁断を禁止したものです。起訴してもらう「権利」などは存在せず、それは起訴独占主義と矛盾します。

てゆーか、仮にそのような「権利」があるとすると、それを行使するのは小沢一郎さんでなければならないことになるでしょう。小沢さんが、自分が「本当に無罪なのかそれとも有罪なのかを判断してもらう」ために検察審査会を利用する、という「およそ考え難い」事態が、この「議決」の行論における「審査」のあり方でるということになります。

また、この「議決」によれば、小沢さんでなくても誰でも、一度疑いをかけられたならば「不起訴」となったことに不満を持ち、無理矢理にでも起訴してもらって裁判に持ち込み、何もかも捨てて「黒白をつけ」てもらおうとすることは、「およそ考え難い」どころか極めて合理的で納得の行く行動であることになります。

逆に言えば警察なり検察なりがちょっとでも「容疑」を持ったらいかなる場合にも起訴すべきであり、無罪になったら国は保障をしなければならないわけで、これはエラいことになりますから、捜査側としては「仮説」をもって捜査を行なうことが不可能になるという、「およそ考え難い」事態に立ち至ることを意味します。

まあ、いずれにしろ起訴しなくちゃですから、どうするつもりか知りませんが、考えてみればもう検察は人前で恥をかかなくて済むわけです。

「検察官役」3人を依頼 検審議決で東京地裁


 資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で、民主党の小沢一郎元幹事長を強制起訴すべきだとした東京第5検察審査会の議決を受け、東京地裁は5日、第二東京弁護士会を通じて在京の3弁護士会に、検察官役となる指定弁護士の候補者3人を22日までに推薦するよう依頼した。

 第二東京弁護士会からは「当会から候補者を出す」と回答があったという。同会所属で、第5検審で審査補助員を務めた吉田繁実弁護士は受任の意向を示している。

 吉田弁護士は、審査会の議決内容や議論の経過を熟知していることから有力な候補とされており、同会は残る2人を選ぶとみられる。

 兵庫県明石市の花火大会事故では、審査補助員だった1人を含む3人が指定弁護士になり、関係者の事情聴取など補充捜査を経て、起訴議決から約3カ月後に元副署長を強制起訴。尼崎JR脱線事故では、当初は補助員を務めた3人が指定弁護士になったが、その後1人追加され4人に。議決から約1カ月でJR西の歴代3社長を起訴した。

2010年10月5日 共同通信


「熟知」ねえ。そりゃ自分の作文ですから当然ですが、これを他の人にやらせるなど「およそ考え難い」ことでしょう。やらされる人が可哀想だ。もっとも、この「議決」自体が民主党の代表選の結果を待って行なわれたものであるとされていることを考えると、小沢さんが代表になっていた場合のためにもう一つの「議決」も用意されていたという、「およそ考え難い」可能性も存在します。そして吉田さんは小沢さんが勝つことを「予想」していたというのも「およそ考え難い」ことではありません。どうせ使わないだろうと思ってイイ加減に書いた出来の悪い方を出すハメになってしまった、というわけです。これも「およそ考え難い」ことだととはいえ、手を抜いた自分が悪いんだと思います。


posted by 珍風 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。