2010年10月08日

300000 V.K.のど飴なめたらあかん

政治主導で人選を=民主議連、検察検証機関で法相に要請


 民主党の有志国会議員でつくる「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」の川内博史会長らは8日午後、参院議員会館で柳田稔法相に会い、法相が近く設置する検察組織検証のための第三者機関のメンバーについて、政治主導で幅広い人材を集めるよう要請した。また、検察組織の抜本的改革を視野に、特捜部が過去に扱った事件も検証の対象とするよう求めた。

 同議連はこれに先立ち、同議員会館で会合を開き、裁判員裁判の対象となる事件と特捜部が取り扱う事件について、速やかな取り調べの可視化(録音・録画)を要求していくことを決定。月末までに政府の法案提出のめどが立たなければ、議員立法により法制化を目指す方針を確認した。

 これに関連し、法相は閣議後の記者会見で「(可視化には)決して後ろ向きではない」としながらも、「来年6月(以降)できるだけ早い時期に最終報告をまとめる。今のところ(検討を早める)考えは持っていない」と述べた。

2010年10月8日 時事



「検察組織検証のための第三者機関」てのは「死に神」二世(まだ早いか)が10月6日に明らかにした、いわゆる「外部有識者」によって検察の「組織の在り方」を「見直す」ための機関のことですが、こういうものは「人選」が重要であることは言うまでもありません。

もっとも、検察に批判的な人が選ばれそうになった場合には、検察は警察にその本人並びに家族・親族・友人知人を徹底的にマークさせ、何か小さいネタでも見つけようものなら直ちに逮捕させるかも知れません。もちろん報道はさせないでしょうし、警察や検察が報道しないでくれと言っていることを報道するマスゴミもないでしょうが、これを起訴するかどうかは検事様のさじ加減一つです。

まあ、いわゆるその「有識者」の人に「相談」くらいはするでしょうね。相談が上手くいかなかった場合は仕方がありません。「検察検証機関のナントカさんは犯罪者だッ!!!!!」とか「家族に犯罪者がいるぜ」などと、それはもう大々的に報道することにならざるを得なくなるのはまことに残念なことではありますが、やむを得ないところである、ということになるわけです。

そういうわけで「第三者機関」は大変良好に機能することになっておりますが、「政治主導」のかけ声も「政治」如何によるものであることは間違いないでしょう。その「政治」たるや官僚に敢然と立ち向かってよく頑張っておるのでありまして、気がついたら栄光ある転進を遂げていたりしますから油断がなりません。

今回はなんと「取り調べの可視化」になってしまいました。以前は「取り調べの全面可視化」だったようですが、華麗な転進の途中で「全面」をどっかに落として来てしまったようです。具体的には「可視化」の対象を「裁判員裁判の対象となる事件と特捜部が取り扱う事件」に限定してしまいました。

こういう風にしておくと、例えば「氷見事件」または「富山冤罪事件」などは「裁判員裁判の対象となる事件」ではありませんでしたから、「可視化」の対象から外れてしまうわけです。この程度の事件は、警察がそうしようと思えば30万件くらい発生させることが出来ると思われますが、「裁判員裁判の対象となる事件」や「特捜部が取り扱う事件」とは異なり、世間も注目しないわけですからオマワリさんも安心して今まで通り職務に邁進することができるでしょう。もちろんさっきの「有識者」関係の「事件」もこのレベルのものに留まります。

このくらい妥協すればなんとかなるかと思いきや、柳田さんは「来年6月以降」という法務省における従来の方針をいささかも変更する必要を認めていないのですからなんだか一方的に損をしたような感じになります。

とはいっても、「政府の法案提出のめど」について、今月中に柳田さんが「来年6月以降できるだけ早い時期」と答えれば、それで一応の「めど」であることに変わりありませんから、川内さんも期限を切っているようで実は何にもしていないようです。「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」は、法務省の抵抗の強い「全面可視化」を政府が放棄する道筋をつけたものと思われます。

これによって「来年6月以降無期限」だったものが現実に「来年6月以降できるだけ早い時期」に、といっても具体的に何時というわけではありませんが、早まる可能性がありますが、そのときに出て来るのは「一部可視化」という全面的に骨抜きにされた、てゆーかカスを集めて固めたナゲットのようなチキンな法案である可能性が極めて高い、ということができるわけですが、川内さんは「政治主導」で検察・警察との平和と友好のために尽力なさっているので来年のノーベル平和賞は間違いのないところでしょう。


posted by 珍風 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。