2010年11月16日

投影検殺恐怖大劇場

【初の死刑判決】元最高検検事の奥村丈二中央大法科大学院教授「控訴の勧めは不要」


 「裁判員が真摯(しんし)に考え、結論として『死刑』といういちばん重い決断をしたというのは、一般の裁判員の人でも事件に真摯に向き合ってきちんとした判断ができるということを示した。

 裁判長が控訴を勧めたというが、これは異例だ。死刑判決した裁判官が以前にも控訴を勧めた例はあったが、今回は裁判員の判断を尊重するなら、あえて被告人にそういう必要はなかった。被告人自身が控訴を取り下げることもあるため、裁判官として上級審の判断を仰いでほしいという判断だったのだろうが、裁判員の判断は重みがあり、こういう発言はしないほうがよかったと思う。

 営利目的で強盗に及んだ強盗殺人で、遺体を損壊して遺棄した動機、犯行の態様の悪質さを見れば、死刑判決自体は妥当だ。ただ、裁判員制度は個人として負担が重すぎる。裁判所にメンタルヘルスの窓口があること自体、過酷なつらい仕事だということは裁判所も理解しているということだ。国民も国会も、裁判員制度を再検討する時期がきている。

2010年11月16日 産經ニュース


死刑判決が直ちに「きちんとした判断」とされる論拠は明らかではなく、常人の判断を超えるものであると言えますが、奥村さんが「元最高検検事」であったことを考えれば納得がいきます。奥村さんにとっては検察の求刑通りの判決が「きちんとした判断」なのです。これはかなり「身勝手」な考え方のようにも見えますが、検察というものがそういうものであることは今では広く知られているところです。

そもそもこの事件は検察にとっては「もし被告を死刑にできないなら、今後死刑になる者はこの国にいるのだろうか」という程の「重大事件」だったのです。検察としてはこの事件を通じて死刑制度を裁判員裁判という新たな制度の中で既成事実化しようとしていたことが伺えます。そして実際のところこれには自信があったようで、「耳かき」の方は捨てちゃえ、という判断がなされました。

この「自身」の根拠は、おそらく何にもまして「残虐性」にあったのではないかと思われます。もちろん、「動機」や「被害者数」、「遺族感情」を蔑ろにするわけではありませんが、「生きたまま首を切断する」という犯行様態のインパクトを検察は最大限に利用し、「猟奇的」、「鬼畜」などの裁判員の興味をことさらにかき立てるような表現で効果の最大化を図った模様です。

判決文は検察のセンセーショナリズムを素直に受け止めたものであり、「およそ人間が想像しうる殺害方法で最も残虐で、被害者の恐怖や肉体的苦痛は想像を絶する」という絶妙のレスポンスでこれに答えているわけですが、仮に「絶妙」でなくても「レスポンス」というものは概ね何かに「答え」ているものであることを考えると、我ながら何を言っているのかよく分かりません。

もっとも、電ノコで首を切断するという手段が、そんなに大袈裟に言うほど秀逸なものであるかどうかは疑問とせざるを得ません。首の切断の場合、意識は急速に失われるものと考えられますから、その「肉体的苦痛」はそれほどでもない可能性があります。少なくとも足の方から徐々に詰めて行くというような、より「残虐でない」方法に比較すると苦痛はそれほど大きなものではないような気もします。

だからといって実際に殺害行為に及ぶまで、てゆーか及ばれるまでの被害者の恐怖は相当なものであると考えられます。ここでの「残虐さ」はしかし、それに引き続いて実際に電ノコで首を切られる事とは一応別個に考える事が出来ます。つまりこのような仕方で脅かすとすれば、実際に殺害しなくてもそれは充分に「残虐」である事になるのですが、判決では脅かす事と殺害を一体のものとして考えているようです。

しかしながら殺害の手段が与える「肉体的苦痛」が大きなものではない可能性がある以上、この「殺害」の「残虐性」の在り所は実は「殺害前」にあるのであって、それは「殺害方法」そのものの「残虐性」ではない、と考える事が出来そうです。むしろ「殺害」においては、その「残虐性」は被害者が「残虐」な経験をするということではない、ということかもしれません。それはむしろより視覚的であり、客観的なものです。

もとより犯罪の事ですから、あまり客観的な視点というものを意識しないでしょう。もしそこに予想外の「客観」などというものが存在すれば直ぐさま取っ捕まえてさっさと「主観」にしてしまうまでです。しかし「生きたまま首を切断する」ことの「残虐性」は、首を切断される人の苦痛の中にではなく、「生きたまま首を切断されるのを見る」ことにあると思われます。さっきまで生きて泣いたり喚いたりしていた人が首の切断という決定的な操作によって疑いようもなく「死ぬ」のを見ること、人体がその形態を失うことによって生と死のギャップを乗り越える速さ、それが「残虐」であると思われるのです。

検察としてはこの「残虐劇」を裁判員にいわば「見せる」こと、目の当たりにするように想像させることによってその目的を果たしたようです。裁判員はストレスを感じ、それは被害者に投射されたのです。それは確かに「残虐な」犯罪であったといえるでしょう。しかしながらその「残虐さ」を「被害者の恐怖や肉体的苦痛」と結びつける事は厳密さに欠けると言わざるを得ません。この「残虐さ」は、状況を想像してみて初めて味わいうるものであり、被害者にとっての「残虐さ」とは別なものです。むしろこの「残虐さ」における「被害者」は検察の「残虐劇場」につき合わされる裁判員諸氏に他ならないのではないでしょうか。

したがって、「殺害手段の残虐性」をもって死刑判決の根拠とし、「残虐性」を「被害者の苦痛」によって定義するのであれば、この判決には瑕疵があると思われます。裁判長が控訴を勧めるのももっともで、「今回は裁判員の判断を尊重」したのですから判決は死刑で出しているものの、一応は責任ある立場として「上級審の判断を仰いでほしいという判断」は正当なものでしょう。むしろ判決の瑕疵を放置するまでに「裁判員の判断は重みがあ」るとされるのであれば、それはかなり穏当でない事態であると言わざるを得ません。

もっとも、奥村さんはそんな、何が何でも裁判員の判断は重視されるべきだと言っているわけではないでしょう。今回はたまたま求刑通りの判決を裁判員が出してくれたからそう言っているだけのようです。そしてその点では、職業裁判官は裁判員とは比べ物にならないくらい信頼性が高いのですから、「裁判員制度を再検討する時期がきている」ことになるのも仕方のない事です。おそらく、奥村さんがこういうことを言うところを見ると、今回の判決における検察の勝利も僅差で辛勝、というところだったのかも知れませんが、奥村さんがどうしてそんな事を知っているのか。


posted by 珍風 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。