2010年11月26日

TVに顔を出しておけば安全であろうという判断は的確か

裁判員「命奪うのは大人と同じ刑に」 石巻少年死刑判決


 少年に初めて死刑が求刑された裁判員裁判で、市民と裁判官が選んだのは極刑だった。宮城県石巻市で男女3人が殺傷された事件。25日の判決後に仙台地裁で会見した裁判員は、5日間にわたる審理の過程で感じた悩みを交え、「厳しかった」と振り返った。

 判決後、6人の裁判員のうち「4番」と「6番」の2人の男性が、匿名を条件に記者会見に応じた。4番の30代会社員は、カメラ撮影にも応じた。死刑判決に加わった裁判員が、撮影に応じたのは初めてのことだ。

 「自分の中で、この子に対して、何が一番良いのかと考えた」。年齢を公表しなかった6番の男性は、そう語った。4番の男性は「人の命を奪うのは年齢を問わず、大人と同じ刑で判断すべきだと思った」と話した。

 目の前の少年に、立ち直る可能性はあるか−−。結論に至るまでは2人とも思い悩んだという。

 「心の言葉で話してほしい」。公判での被告人質問。4番の男性はまず、少年にそう語りかけた。少年の心に迫ろうと、母親への思いや社会復帰ができた場合の考えなどを続けざまに聞いた。「涙を流して答えてくれた。つくられた言葉ではなく、少年の思いの中から出してくれた言葉だと思った」と振り返った。

 法廷では少年のほかに、その母親、元交際相手、被害者の遺族といった、ときに涙しながら語る証人らに直面した。「それらを自分の中に収めて結論を出さなければならないんだと思ったとき、厳しかったです」

 死刑選択の基準とされる永山基準については裁判官から説明を受けた。だが、「基準より、被告、被告の母親、被害者の方々の思いを一番重視した。私は被告の心の言葉を求めたし、その時の自分の思いを重視した」と明かした。

 「どんな結論を出しても、被告と被害者、どちらからも恨みや納得できないという思いを持たれる。怖くて、一生悩み続けるでしょう」

 一方、6番の男性は、結審後の土日の休みは、友人や家族と一緒にいることが耐えられなくなった。「何かの拍子にしゃべってしまいそう」。そう思い、図書館にこもって裁判を報道する新聞記事を読んだり、公園で1人で求刑について2〜3時間も思案にくれたりした。自分の中に判断基準が欲しかったが、時間がたつにつれ、どうしていいか分からなくなった。だから、判決の日を迎えることが「嫌で嫌でしょうがなかった」。

 「少年にかけたい言葉」を問われると、2人ともしばらく目線を落とし考え込んだ。6番の男性は、言葉を絞り出すように話した。「自分のやったことをまず反省してくださいと言いたい。なぜこのような判決になったのか考えてほしい」(篠健一郎)

2010年11月25日 asahi.com


「なぜこのような判決になったのか考えてほしい」というのは上出来ですね。そりゃあなたたちがそういう判決を出したからでしょう。別の人が裁判員をやっていたら別の判決が出ていた可能性があるのであって、これは原則として裁判員の関わらない裁判でも同様です。一つ一つの判決は重いものですが、一定の幅の中で変動する余地があり、実際にはかなり偶発的なものです。その意味では判決の責任は一重に裁く側にあり、被告人の側にはありません。

もしかするとわかっていないのかも知れませんが、分かっているのかも知れません。「6番」さんは分かっていて意識的に「責任逃れ」の発言をしてしまった可能性があります。てゆーか「6番」さんは自分が人を殺すことの重圧に耐え切れないようで、「自分がお前を殺すハメになったのはお前のせいだ」と言いたくなってしまったのではないでしょうか。よくある話です。

記事によると「4番」さんは「6番」さんとは好対照をなしているかのようです。人一人殺すのに「どんな結論を出しても、被告と被害者、どちらからも恨みや納得できないという思いを持たれる。怖くて、一生悩み続けるでしょう」というのですからかなり気楽です。要するに「どっちでも同じ」と言っているわけですが、人を殺しておいて「一生悩み続ける」というのは、死刑判決を出した後だけに相当に甘いもんだという感じもします。怖がっているそうですが、会見で顔を出すのはどうなのか。危険があるのであれば、顔写真が回されることになるわけです。何かあったときにテレビ局が困らないというだけのような気もしますが。

裁判ですから法律というものを参考にしなければならないような気もしますが、「少年だからといって罪が軽くなる法律がおかしい。重大事件なら大人と同じ刑が科されるべきだ」(河北新報)とのことですから、あまり法律とか「法の理念」だとかいう込み入ったことには関わらないで済ませた模様です。それよりも「その時の自分の思いを重視した」そうですから、裁判員も割合と簡単そうです。

これは何も「4番」さんが悪いわけではなく、死刑制度の存在によって刑罰の意味というものが混乱したままになっているのが原因です。「更生」だとか何だとか言うわけですが、更生を目的としない死刑が存在することによって、全ての刑罰は「死刑の軽いヤツ」になります。理念としては目的刑なのかも知れませんが、素人たる裁判員にとっては応報刑論で全ての刑罰を無矛盾に理解する方が簡単でしょう。

このように理解される場合全ての行刑処分が応報的に理解されるのであり、「少年の更生」のような話は理解することが不可能になってしまうのは当然です。「法律がおかしい」と言われても困るわけですが、死刑制度を認める以上「法律がおかしい」と言わなければなりません。現行の法律を「おかしい」という人が「自分の思い」で裁判員をやっているという状況も危険極まるものであるとはいえ、「4番」さんの言っていることは論理的です。

もっとも、そうであるならば「心の言葉で話してほしい」とかいうのは完全に余計なことで、面白半分に被告人をいじくり回したもののようにも見えます。しかしながら判決では被告人の「反省」の度合いなどについて一言書くことになっております。「4番」さんは「涙を流して答えてくれた。つくられた言葉ではなく、少年の思いの中から出してくれた言葉だと思った」と言っているようですが、判決文では「反省の言葉は表面的だ」とか「反省には深みがない」という事になっていますから分ったものではありません。しかし「4番」さんの「思い」はどうでも良いのであって、被告人に反省の弁を述べさせた上でそれを否定する、というのが死刑判決を出すための必要な手続であり、これは死刑に目的刑の衣をかぶせて行刑制度の矛盾を覆い隠すための「だいじなおやくそく」ですから、別に面白半分ではありません。

いずれにしても、「結論」に向けて自らを順応させていく努力というものが認められます。自分の出した結論ではありますが、多数決で負けることがあり、結論が評議に先立って存在した可能性も否定出来ませんが、「自分の中に判断基準が」なかったり、あったとしても「その時の思い」だったりするにも関わらず、やはり結果的には人殺しに加担することは避けられません。しかしまあ、そんなもんです。クヨクヨすることはありません。他人の一生を5日で判断するんですから気にしても仕方ありません。死刑のある国では人の命は軽いんです。被害者のも、被告人のも、裁判員のも、僕のもだ。体重は最近重いぞ。


posted by 珍風 at 11:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。