2010年11月30日

膾の出来事

テロ情報掲載本、出版禁止 東京地裁が仮処分 
掲載者の申し立て受け


 インターネット上に流出した警視庁が作成したとみられる国際テロの捜査情報を出版社「第三書館」(東京・新宿)が出版した問題で、東京地裁は29日、流出文書の全文を掲載した書籍に名前や顔写真を掲載されたイスラム教徒数人の申し立てに基づき、同社に対し、出版と販売を禁止する仮処分を決定した。代理人によると、同地裁の田代雅彦裁判長は「書籍は申立人らのプライバシー権を侵害している」とした。

 代理人によると、同地裁は(1)書籍は公共の利害に関する事項にかかるものといえるか(2)公益を図る目的があるか(3)申立人が回復不可能な損害を被る恐れがあるか――を検討。「仮に情報流出を問題にするとしても、公人ではない申立人の個人情報は公共の利益にかかわるといえず、公開が公益を図る目的によるものではないことは明らかだ」とした。

 その上で「書籍が出版されれば、プライバシーが侵害され、損害の回復は著しく困難」と判断。インターネット上で同じ情報を取得することができる状況にあるとしても、「個人情報をみだりに公開されない利益はなお失っていない」と結論づけた。

 書籍は25日に約2000部が出版された「流出『公安テロ情報』全データ」。全469ページに外国人の捜査協力者らの個人情報など捜査資料114件が掲載されている。

 代理人によると、仮処分の申し立ては28日付。代理人は29日時点でも複数の書店で書籍が販売されているとして、出版物の取次各社に対し、書籍の流通・販売を自粛するよう求める文書を配布した。

 また申立人の一人は同日、代理人を通じてコメントを公表。「本件の元凶は警視庁にあるのに、当事者自身は一向にそれを認めようとしない。捜査協力者が容疑者扱いされたこと自体が理不尽で悲しい出来事だ」と警視庁の姿勢を批判した。

 一方、仮処分の申し立てを受け、「第三書館」の北川明社長は日本経済新聞社の取材に対し、「弁護士と相談して対処したい」と話した。

 警視庁は「流出したのが内部文書かどうかも含めて調査中」としており、第三書館側に抗議などはしていない。

2010年11月29日 日本経済新聞


警視庁では表立った動きが出来ないようですが、よく考えたら「協力者」がいるのでした。「協力者」はどこまでも「協力」させられるもののようでありますが、「協力者」の中には「イスラム教徒」もいるかも知れませんし裁判官なんかもいるようです。持つべきものは友であります。

警視庁の対応は迅速であり、「調査中」などと暢気に構えているフリをしてウラではイロイロとテをマワして出版を差し止めてしまいましたが、「協力者」の「協力」に報いるには当然の処置でありましょう。

「協力者」の方は「捜査協力者が容疑者扱いされたこと自体が理不尽で悲しい出来事だ」と言っていますが、「捜査協力者」というのは例えば「テロ」などの「犯罪」の「容疑者」に近い、あるいは仲間であると見なされたから「協力者」なのでありまして、そもそも「容疑者」の一人であり得なければ「協力」など期待すべくもありません。誰が一般の無関係な人に「協力」を頼むでしょうか。「捜査協力者=容疑者」で間違いありません。

もっとも全ての「容疑者」が「捜査協力者」であるわけでもありません。「容疑者」を「捜査協力者」に仕立て上げることは「理不尽」ではないかも知れませんが「悲しい出来事」ではあるでしょう。そういうことが起こらないように祈りの気持ちを込めて見つめあう二人を朝の冷たい海は鏡のようにうつしていたのであります。

しかしながら世間では「容疑者」のことを「犯人」だと思ってしまっている、てゆーか警察がそのように発表してそのように報道させるんで、世間がそう思わされている面もあり、これは日本の治安の維持に多いに一役買っているところでありますが、しかしながら本来「容疑者」が何か「悪いこと」をしたと限ったものではありません。「容疑者」の人が世間からヘンな目で見られるとしたら、その「元凶は警視庁にある」のです。警察庁にもありますが。

とはいえ、「捜査協力者」は警察から見ればエージェントですが、「テロリスト」の側から見れば敵側のスパイに他なりません。「スパイ」の立場というものは悲しいものであります。誰も喜んでやりたがらないので映画ではカッコいいところばかり見せているようですが、実際には綺麗なネエちゃんにモテたりフェラ等の特典に与ったりするわけではなく、双方から狙われてゴミクズのように捨てられるのがオチです。

そこで「協力者」も別に喜んで「協力」しているワケでもないでしょう。おそらく公安に何らかの「弱み」を握られたりして仕方なく「協力」しているであろうことは想像に難くありません。それはカモのようなもので、白いカモのように涙に濡れて歩いていくのです。そしてその「弱み」というのは何らかの小さな悪事である必要すらないのかも知れません。この国で外国人として暮らすこと、オマワリさんに目を付けられていることを世間に知られることそれ自体が「弱み」となり得ます。「差別」と「偏見」こそがオマワリさんの強い「協力者」なのですし、このような社会的資源は日本には豊富に存在するのですから各国から引き合いが来ております。


posted by 珍風 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。