2010年12月02日

第4情報漏洩者

市川 海老蔵さん殴打事件 飲食店で暴行を受けたあと、ビル入り口付近で再度トラブル


歌舞伎俳優・市川 海老蔵さん(32)が顔などを殴られ大けがをした事件で、海老蔵さんは、東京・港区の11階の飲食店で暴行を受け、外階段で逃げたあと、ビルのエントランス付近で再び男らと鉢合わせになり、再度トラブルになっていたことが警視庁の調べでわかった。

杉並区内に住む26歳の男の逮捕状を取ってから3日たったが、現在もなお、男の行方はわかっていない。

海老蔵さんは、これまでの警視庁の聴取で、西麻布のビルの11階の飲食店で、26歳の男からいきなり後頭部をけられたあと、殴るけるの暴行を受け、外階段を使って逃げ出したと話している。

警視庁のその後の調べで、海老蔵さんが外階段を降りてビルのエントランス付近に出たところ、エレベーターで降りてきた男らのグループと再度鉢合わせになり、もみ合うなどのトラブルになっていたことが新たにわかった。

現場近くの防犯カメラには、明け方、逮捕状が出されている26歳の男が、暴走族の元リーダーを介抱するように抱きかかえている姿も映っていたという。

また海老蔵さんは、元暴走族のリーダーに電話で呼び出され、西麻布の11階の飲食店内でグループと飲み始めたことも新たにわかった。

2010年12月2日 FNN


お酒を飲もうと街まで出掛けたが、裸で土下座たぁ、愉快な海老蔵さんですが、ああ、やっぱり呼びださていたんだな、というのは当日仕事を休んでまで出掛けたという辺りの説明がつくというわけですね。

この「問題」に関して早い時期に、これを「問題」にしてしまってことへの「問題視」があったようです。要するに「妻」叩きであり、「女の人が悪い」というのは皇室からうちの親戚まで、とにかく言い易いことではあるようですが

 さらに、妻・麻央の対応も疑問視されている。ある梨園関係者は、彼女がすぐに警察に通報した判断について「騒ぎを最小限に抑えられたのではないか」と話す。

 「動転していたんだろうけど、関係者が起きている早朝、自宅に自力で戻ってきたというなら、本来はまず対応を身内に相談すべき。かかりつけの医師なら内密に自宅にも来てくれるし、救急車ならまだしも、警察を呼んでしまっては"これは事件だ"と公に叫んでいるようなもの。結果、泥酔した夫を晒し者にしてしまった。命に別状がなければ、もっと隠密に事を運ぶこともできたはずで、こんなにリアルタイムで騒ぎが伝わるようにしてしまったのは彼女のミスではないのか」

 そもそも海老蔵は25日、舞台の製作発表の予定があったが、前日の24日に「体調不良」でドタキャンしていた。しかし、その夜に飲みに出ていたことになり、事務所の発表と整合性がつかない部分も出ている。

 新妻の小林は梨園の妻として海老蔵を支えられるかどうかという目で見られている中、新婚早々に躓いてしまったとしたら最悪だ。

 現在では、状況がハッキリするまで見守るしかないが、もしも海老蔵にも過失があり、妻が騒動を広げたとなれば、共に立場を危うくすることは避けられない。
(文=鈴木雅久)

2010年11月26日 日刊サイゾー


こういうことを言っているのが「梨園関係者」なのか、本物の梨農家なのかは不明ですが、「命に別状がいない」範囲内では随分な事まで「隠密に事を運」ばれていたのではないかと疑わせるに充分な発言です。「鈴木雅久」さんが何を思ってこういうことを書いているのかは分かりませんが、色々とコワいことが沢山あったらしい、ということが容易に想像されます。

ここで思い出すのが時津風部屋の一件でして、あれも被害者の親御さんが「騒ぎ」を起こさなければ死体は荼毘に付されてしまうところではありました。まあ「命に別状」があったわけですが、それは日常的に「命に別状」がある業界とそうでない業界がある、ということなのかも知れません。

歌舞伎の世界では皆さん餓鬼の頃から有名ですから「命に別状」があれば大問題ですが、相撲の世界ではそうではありません。そこでは下層に属する人は「無名」以下の存在であり、死のうが生きようがあまり問題ではないのですが、それは単に「仕組みが違う」というだけの話です。

つまりスキャンダルの閾値が異なるのであり、「命」などは別にどうでも良いのです。海老蔵さんが殺されでもしたら大変でしょうが、もし仮に海老蔵さんが相手を殺してしまったりしていれば、「身内」だの「かかりつけの医師」なんかを含む「隠密に事を運ぶ」システムが作動していたに違いありません。

もしそうなのであれば、そうれあるからこそ、麻央さんの行動が問題になり得ます。「隠密に事を運ぶ」ための伝統的なシステムを何故使用しなかったのか。もっともこれは、海老蔵さんが麻央さんをそのように「教育」してこなかったことを「問題視」することも射程内なんですが。

夫が血塗れで帰って来たら警察に連絡する、というのは一般市民の御家庭では当たり前の事かも知れませんが、歌舞伎の家だとそれはちょっと違うということになるようです。そしてその限りにおいて、麻央さんが警察に連絡して「"これは事件だ"と公に叫」んだことは、「情報流出」として評価されるでしょう。

実際には相撲部屋で人を殺していたりするのと同じように、「梨園」がやくざ関係と繋がっていたりする事は特に珍しい話ではありませんが、今回はどうもちゃんとした人たちではなく、「暴走族」と称されるような人たちとの間の事であり、海老蔵側でそういった人たちを押さえられるだけのコネクションがなかったという疑いがあるのが先ず問題であると同時に、既成勢力が海老蔵を包摂出来ていないという現状もまた浮き彫りになってしまったというわけです。

そこで麻央さんの「リーク」は、従来の組とその外郭組織との間の関係が変化しつつあるという可能性を示唆するものであり得るものであり、さすがは『ゼロからわかるニュースのキホン』の著者、やる事がひと味違います。まあ麻央さんは写真が出ているだけで「ニュースのキホン」を説明してくれたりはしないのですが。とりあえず「性犯罪」には気をつけましょう。

それでも色んな意味で朝青龍の事件と繋がりがあるというわけですが、当時の日本では朝青龍はモンゴルに帰れとか言っていたものでした。しかし海老蔵さんには帰る国などありませんから困ったものです。『第9地区』に帰れ、というような、大変に心ない意見もあるようですが、あれは「妻のある男が大喧嘩をして"エビ"になる」という話だったのに対して、こっちは「妻と隠し子のある男が大喧嘩をして"エビ"のように腰を折って土下座する」という話ですから、それとこれとは全然同じです。


posted by 珍風 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

痴漢は死ね

ウィキリークス創始者、婦女暴行容疑で指名手配


 【パリ=林路郎】国際刑事警察機構(インターポール、本部・仏リヨン)は11月30日、内部告発サイト「ウィキリークス」創始者ジュリアン・アサンジ氏を婦女暴行容疑で国際指名手配した。

 アサンジ氏に対しては、スウェーデン当局が婦女暴行容疑で逮捕状を出している。インターポールの指名手配はこれを188の加盟国に通知し、身柄を確保した場合にスウェーデンへの引き渡しを求めるもの。

 アサンジ氏は容疑を一貫して否定し、「米国政府による攻撃キャンペーンだ」と反論している。

2010年12月1日 讀賣新聞


この「容疑」に関しては最初2010年8月20日に逮捕状が出されたんですが、良く21日にはこの逮捕状は取り下げられています。このとき、スウェーデン当局の主席検察官は「強姦があったと考える理由はない」という声明を出しています。

ところが11月の18日になって同国検察当局は何の「理由」もなく再び逮捕状を請求し、裁判所は逮捕状を出しました。逮捕容疑となっている「強姦」はなかったのかも知れませんが、他に逮捕する理由がなかった模様です。

日本は「先進国」ですから、先行する類似事例は人口に膾炙しています。石田信之さんを知らなくても「ミラーマン」を知っている人が多いのは一重にこの「ドラマ」に「主演」させられた植草一秀さんの功績であると言っても過言ではないでしょうが植草さんの気には入らないかも知れせん。

もっとも、植草さんの裁判では検察側は「植草の自家用車の中から女子高校生の制服のような服装をした女性が写ったインスタント写真やデジタルカメラ画像が約500枚見つかり、また植草の携帯電話からも同様の画像が見つかった」ということにしています。「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の「改正案」を始めとする「アグネス法」は、これらの「証拠」だけで罪に問える可能性を開くものであり、でっち上げのために警察に虐待される女子高生を少なくするのに役立つかも知れません。

それにしても何故、強姦だの痴漢だのという「性犯罪」が利用されるのか、もしかすると単なるオマワリさんの趣味なのかも知れませんし、「被害者」の都合が簡単なのかも知れません。もちろん、植草さんの場合のように人々がそれを信じてしまえば、ターゲットはその「人格」すら疑われて社会的に抹殺される可能性があります。しかしアサンジさんの「強姦事件」を今更誰が信じるというのか。

性犯罪、高い再犯率…元受刑者追跡調査

 裁判員制度で一般市民が殺人などの重い犯罪を裁くようになったことを踏まえ、重大事件の実態に焦点を当てた今年の犯罪白書。

 元受刑者の再犯状況などを追跡調査し、刑を言い渡された被告の「その後」を推し量る手がかりとなる内容となった。

 ◆再犯リスクに差 

 裁判員が量刑判断で悩むことが多いのが、介護疲れを動機とする事件だ。昨年、親や配偶者を殺害するなどして検挙された事件は273件で、介護殺人も多い。今年5月、認知症の妻(当時75歳)を絞殺した元中学校長を懲役2年の実刑とした横浜地裁の判決後の記者会見で、裁判員経験者らは、どこまで重い刑を科すべきかで迷ったと明かした。

 白書は、殺人や強姦(ごうかん)などの重大事件について、2000年に刑務所を出所した元受刑者1021人を追跡調査した。殺人事件で服役した238人を動機別でみると、「暴力団の勢力争い」が動機だった24人のうち46%は出所後に再犯を起こしたが、「介護・養育疲れ」の19人で再び犯罪をした人はいなかった。同じ罪名でも犯行のタイプにより、再犯リスクに大きな差があることが浮き彫りになった。

 ◆性犯罪厳罰化進む

 「毎日、『事件を起こさないようにしよう』と思わないとだめなのに、やらなくなってしまった」。性犯罪で2度服役した男(35)は今年5月、3度目の服役直前に、欲求を抑えきれなかった心中を記者に語った。

 追跡調査では、強姦事件で服役した元受刑者244人のうち、00年の出所後に性犯罪の再犯を起こしたのは16%だった。すでに2度以上の性犯罪を犯していた元受刑者の再犯率は特に高く、以前にも強姦の前科があった27人のうち9人(33%)、強制わいせつの前科があった9人のうち5人(56%)が、3度目以上となる性犯罪を起こした。

 一方、強姦事件で1審判決を言い渡された被告のうち、懲役7年を超す実刑となった割合は、1990年は2%(13人)だったが、昨年は21%(94人)にまで高まり、最近20年間で厳罰化したことが見て取れる。

 今年9月に福岡地裁で行われた強盗強姦事件の裁判員裁判では、裁判員経験者が判決後の記者会見で「性犯罪への刑をもっと重くすべきだと思う」といった意見を述べた。あるベテラン刑事裁判官は、「裁判員裁判により、性犯罪は厳罰化が加速する可能性もある」と話している。

2010年11月14日 讀賣新聞


「性犯罪」には強く非難されがちであるという側面があるのとは別に、このような「再犯率の高さ」を強調する言説が流布しているところであります。ここから、「性犯罪者」とか「ヘンタイ」とか書いた札を首から下げさせるとか、そのようなプリントをした衣服の着用を義務づける、などということを考える人もいるようです。

まあ一種の「札付き」ですが、アメリカなどでは、あそこはカウボーイの国だそうで、牛の電子的管理手法を応用して、性犯罪者の体内にもICチップを埋め込んで監視下に置くということがあるようですが、日本も小さなカプセル内視鏡の国ですから、同様の施策が取られる可能性もあるでしょう。「性犯罪」は人の自由を長期的に、あるいは終生に渡って剥奪する理由となり得るのです。

このような場合、周囲の人はそれが冤罪であることを知っているかも知れませんが、交際はお断り、ということにもなりかねません。実際のところ地球上の全員が彼の無実を信じていても良いのです。それでも彼が監視下にあるという事実に変わりはありません。何しろ薄汚いイヌを連れて回っているのですから臭くてかないませんし、特に「食いつきの良い」ような「ドッグフード」を持っているような人、あるいはその人自身が「ドッグフード」であるような人は近づいて来ません。

そのようなことになると、あるいは社会は何か大切なものを失うのかも知れませんし、でっち上げ冤罪の被害者は相当に多くのものを失うことになるものと思われますが、オマワリさんは別に何も困らないようなのでトップブリーダー推奨であります。「仕組まれた」犯罪が何よりも「性犯罪」であるのは、こんな理由もあるのかも知れません。

もっとも日本の現状では、ただの強姦では裁判員裁判になりませんから、法を無視する人が気分で「厳罰化」するのも困難ですし、牛のトレーシング技術よりも牛肉のトレーサビリティの方が重要な問題であったりもしますが、随分と冤罪を生み出して来た警察と鉄道会社が連名で、よくあんなポスターを張っておけたもんだと思う人はいないようですから安心していて良いようです。
posted by 珍風 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。