2010年12月06日

お地獄はこれからだ

阿久根市・竹原信一市長が失職〜398票の僅差は何を語る
自立する地域社会


 12月5日、鹿児島県阿久根市で、竹原信一市長のリコール(解職請求)の賛否を問う住民投票が行なわれ、賛成票が過半数を上回り、竹原市長は即日失職した。賛成票7,543と反対票7,145の差はわずか398票。同リコールで提出された1万197人分の署名からすると、賛成意見は2,654も減じたことになる。今回の結果がどのような意味を持つのか。

 開票結果を受けて、市長リコールを実施した住民団体「阿久根市長リコール委員会」の川原慎一委員長と、リコール成立後の市長選で立候補を予定している同委員会監事・西平良将氏の表情は険しかった。

 僅差の結果は、依然半数近くの阿久根市民が竹原氏を支持しており、来たる市長選が決して容易ではないことを示している。リコールは成立したが、署名数からは大きく後退。さらに選挙戦では西平氏が、竹原氏と比較される"新人候補者"として支持を集めていかねばならない。

 市長リコールが成立した一方で、11月29日に提出された阿久根市議会へのリコール(解散請求)署名9,266人分も進行している。市長と市議会の双方の関係を問題視する立場から、両リコールに署名した市民も少なくはない。住民投票が実施された場合、市議会解散の賛否に市民がどのような判断を下すか、注視すべきである。

 竹原信一氏は同日、来年(2011年)1月に行なわれる出直し市長選への出馬を表明した。 

 以前のNET-IBニュースの取材では、「自分のやるべきことをやるだけ」と、市長のイスに固執しない考えを語っていた。

 今回の開票結果後の記者会見でも「まったく残念じゃない、市民が、市がどうあるべきかを考える良い機会になった。市民が成長する機会になる」と、その姿勢を崩さない。

 竹原氏は、市議時代から市議会・市役所の問題を追及、ブログに公開するなど、保身に走らない政治活動を続けてきた。その一貫した姿勢こそが、根強い支持の理由でもある。

 そして、その是非を最終的に決めるのは阿久根市民であり、マスコミでも大学教授でもない。来年1月の出直し市長選へ向けて、阿久根市政をめぐる論争はいっそう熱を帯びることになるだろうが、一般論だけではなく、阿久根市民の目線・生活に重点を置いた議論が展開されることを願いたい。
【山下 康太】

2010年12月6日 データ・マックス


さすがは「データ・マックス」の記事であります。たしかに竹原さんは「市長のイスに固執しない」ような感じだったようです。もっともそれは、リコールが成立するとは思っていなかっただけなのではないかと思われるフシがあります。どうも竹原さんは不用意に負けてしまったようです。

「データ・マックス」も書いていますが、失職が決まった竹原さんは「市民が成長する機会になる」と宣ったそうです。なるほどこれは「市長のイスに固執」する発言ではありません。山下さんが「その姿勢を崩さない」と書くのも一応もっともではあります。

とはいえ、これはまたずいぶんと上から目線の発言ではあります。普段からそういう人だったと言ってしまえばそれまでですが、今回は「市民」のみなさんも大いに「成長」した結果がこれだったにも関わらず、自分を更にその上に置こうという言い方は例によって「強引」ですらあります。分かり易く言えば「無理がある」ということですが。

この発言をもって竹原さんの「人格」や「性格」を云々しても良いのですが、これは実際には誰でもよくやるところの「負け惜しみ」であると言うべきでしょう。そしてこれは投票の結果を目の当たりにして、とっさに竹原さんの口をついて出た言葉なのです。以前も似たようなことを言っていたような気もしますが、それをこの時点で言う事は計画されていなかったのではないでしょうか。こんなことを言うつもりはなかったのです。むしろ、竹原さんが用意していたのは次のような「分析」です。

「市職員の給料を下げるなどしたことで、損害を受けた人が中心に解職の投票をしたと思う」

2010年12月5日 毎日新聞


しかしこれは、リコールが成立しない場合に言うべき発言です。解職賛成の人が少数であればこそ、このような言い方で「既得権益を持つ少数者」を攻撃することが出来るのです。しかしながら、今回の投票の結果にこの「分析」を当てはめてみると、市長の施策によって「損害を受けた」市民が多数を占めた、という意味になってしまいます。

数が多ければ正しいというものでもないのですが、竹原さんは市民の中では少数に属する「市職員」を「敵」と名指す事でそれ以外の多数市民の支持を取り付けるというやり方でしたから、これは由々しき事態であると言えましょう。竹原さんは少数派に転落してしまいました。予想もしていなかった事です。あまりにも意外であります。このような事態に直面した竹原さんは、用意していた発言が状況にそぐわないものになってしまった事もワケが分からなくなってついつい喋ってしまったということだったのかも知れません。

もっとも、山下さんの書く事にも五分の理がないわけではありません。「選挙戦では西平氏が、竹原氏と比較される"新人候補者"として支持を集めていかねばならない」のです。これが出来なければリコールなどは何の意味もありません。そしてこれはそんなに簡単な事ではないのです。確かに現在のところ、西平さんは竹原さんに比べて特に魅力的であると申し上げるわけにはいきません。

そして実のところ用意周到であったりする竹原さんは、口先でアホなことを言っているウラでは、失職後に元オマワリさんが職務代理者となるように手を打っています。仙波さんは裏金には関与していないそうですが、その他の点では他のオマワリさんと変わるところがありません。むしろ他のオマワリさんよりも「真面目に」やっていたのかも知れません。

何しろマジメなので、発言の端々にその人柄がよく現れているというわけで、「ふじふじのフィルター」さんが起こした岩上安身さんによるインタビューがあります。

http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-e111.html
http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-0fb0.html

まあ、冤罪も裏金と関わっているということで、裏金と関わっていない仙波さんは冤罪にも関わっていないと言いたいようです。それはどうだか分かったものではないわけですが、容疑者にはかなり「確信」をもって迫るようですし、やり方もよく御存知のご様子です。ただ単に金のために意識的にでっち上げた覚えはない、というだけのことです。

この人を実質的に「市長」となる立場に置き、そして選管まで元オマワリさんで固めているのが竹原さんの選挙体制です。こういう人たちはマジメですからお金では動きませんが「大義」を放り込んでやると上手く作動しそうなのです。そしてその点では、警察では得られずに不満を感じていたところ、今やそれを与えられたわけですから、何をしでかすか分かったものではありませんが、西平さんはこれを敵に回して戦う事になるのです。


posted by 珍風 at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。