2010年12月18日

バッド、バッダー、バッデスト、そいつはダンガーだ!

菅首相、辺野古が「ベター」=沖縄知事は不快感−会談進展なし・普天間移設


 菅直人首相は17日午後、沖縄県入りし、県庁で仲井真弘多知事と会談した。首相は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を同県名護市辺野古に移設する日米合意に関し、「ベスト(最良)ではないかもしれないが、実現可能性を含めて考えたときベターな(より良い)選択肢ではないか」と述べ、履行を図る政府方針に理解を求めた。この発言について、仲井真氏は終了後、記者団に「ベターというのは(首相の)勘違いだ。県内(移設)はノーだ。バッドの世界だ」と強い不快感を表明。会談は、進展なく終わった。

 会談は、最初に仲井真氏が、続いて首相がそれぞれ発言する形で公開で行われた。席上、仲井真氏は「県外が私の(知事選)公約だ。政府も真正面から受け止め、県民の思いを実現できるようお願いしたい」と述べ、合意は受け入れられないと伝えた。

 これに対し、首相は、鳩山由紀夫前首相が県外移設を唱えながら断念したことに触れ「県外移設を実現できず日米合意を結ぶことになったことを大変申し訳なく思う」と陳謝。その上で、辺野古への移設を「ベターな選択肢」とした。また、首相は、2011年度から段階的に導入する使途が制限されない地方への一括交付金について「沖縄は別枠で考えている。ある程度の規模のものを用意したい」と述べ、優遇する意向を伝えた。 

 会談を終えた首相は、米軍用地返還跡地や沖縄振興の一環で整備されたIT(情報技術)施設を視察。この後、記者団に「普天間が今のまま残るのは何としても避けたい。これからも誠心誠意話し合っていきたい」と述べ、県側と粘り強く協議する意向を示した。

 首相と知事は同日夜、那覇市内で懇談。知事は、日米合意に盛り込まれた項目のうち、米軍嘉手納飛行場以南の米軍施設・区域の返還や在沖縄海兵隊8000人のグアム移転の先行実施を要請したが、首相は聞き置くにとどめた。

 首相は18日、普天間飛行場を視察し、嘉手納町で記者会見した後、帰京する。

2010年12月17日 時事


「バッドの世界」だったら僕んちの話ですよ。正確には「系列」と言ったのかも知れません。菅さんが「ベスト」だの「ベター」だの言うもんだから、日本人の英語能力に不安を抱いた時事通信ではちゃんと括弧の中に「意味」を書いてくれました。なにしろ多くの日本人は菅さんと違ってネイティヴ・スピーカーからマンツーマンで指導を受けていませんから。

ところで「bad」の「世界」もしくは「系列」ですが、「good」の「世界」同様に原級と比較級/最上級の形がエラく違うので、頭がアメリカ人になっていないとパッと出て来ません。なんで「bader」とか「badest」ではないのだ。ちなみに3丁目で英語塾を経営し生徒と結婚してしまったガイジンに聞いて来たところによると「badの世界」は

bad
worse
worst

だということですから僕なんか「バッドの世界」の住人ということになるんですが、「worse」とか「worst」はそれぞれ「ill」の比較級と最上級でもあるというのです。そればかりか「better」と「best」も「good」ばかりではなく「well」の「世界」にも属しているというのですから、アメリカ人は頭が良いものだと関心しないわけにはいきません。

それになんと驚くべき事に「worse」、「worst」は元来「badの世界」ではなかったというのです。元々これらは「evil」の比較級と最上級だったとか、現在では廃れた語の「世界」のものだったとか言っていたような気がします。そして「better」と「best」も本来は「good」とも「well」とも無関係だったそうです。

このように一口に「バッドの世界」と言っても大変な困難が待ち受けているわけですが、こんなことになるのも菅さんがワケの分からないことを言うからに他なりません。菅さんの「best」と「btter」はそれぞれ向きが違うのです。県外移設は沖縄にとって「best」ですが、辺野古基地新設が沖縄にとって「better」であるわけではありません。菅さんにとっては「better」かも知れませんが。

普天間基地が危険だからどっかに移すのは、それがどこであってもより良い選択である、というつもりかも知れませんが、これは乳癌より子宮癌の方がマシだとかいう「病んだ」議論でしかないでしょう。これはまさに「ill」とか「bad」の「世界」なのです。もっとも、仲井真さんが「worst」よりも「worse」を選択すると言い出す可能性がないわけではありませんから注意が必要ですが、菅さんや仙石さんがあまりにも自分の気持ちに正直で他人の気持ちに配慮のない発言をするおかげでそのような危険はますます遠ざかる一方です。

このように菅さんは自分と他人の区別がつかないので混乱した事ばかり言っています。鳩山政権が県外国外移設に取り組んでみたものの止めちゃった事をマスゴミは「迷走」と言っていますが、菅さんもそんな事は言っていません。菅さんは「迷走したこと」を謝ったのではなく、「昨年の衆院選で当時の鳩山由紀夫代表をはじめ民主党として「県外、国外」と言ったが実現できなかった」(共同)ことを陳謝しています。

したがって、その後に続くのは「実現するように頑張る」という事であるのが自然でしょう。「バットの世界」で言いますと、前のバッターは三振したので今度はホームランを打ちますよ、というのが普通の流れなのです。ところが菅さんは、うちのチームは勝ち目がないから相手チームに有利なようにプレイします、バットも振らずに棒立ちで三者凡退を目指しますと言っているわけです。そうすることによって菅さんは相手チームに気に入られて高報酬で移籍出来るとか身勝手なストーブリーグの思惑でもあるのかどうか、そういう意味での「better」な選択をしているようです。仲井真さんは「おっしゃっている意味がよく理解できにくい」と言っていますが、それは菅さんが自身の利益を相手に押し付けてしまうほど自分の事しか考えていないというワケだ、つーことが「理解」出来た人は菅さんのような選手の頭をバットでかっ飛ばすことに躊躇しないでしょう。


posted by 珍風 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。