2010年12月19日

淑女の秘密の妄想

性描写漫画「一利もない」=規制条例の成立で−石原都知事


 東京都の石原慎太郎知事は17日の記者会見で、過激な性描写のある漫画などの販売を規制する都改正青少年健全育成条例が成立したことに関連し「世の中には変態ってやっぱりいる。気の毒な人で、DNAが狂っていて。やっぱりアブノーマル。幼い子の強姦(ごうかん)がストーリーとして描かれているものは、何の役にも立たないし、(百)害あって一利もない」と述べ、規制の必要性を改めて強調した。

 また「何もそういうものを描いてはいけないと言っているわけではない。子どもの目にさらさないように処置をしただけだ」とも述べ、規制に対する理解も求めた。 

2010年12月17日 時事


快調に飛ばしておりますが、「遺伝」とか「DNA」とか好きですよね、この人って。面白いと思って言っているのかも知れませんが、知らず知らずのうちに自分が「弱点」だと思っている事が出て来ちゃうようです。4人の息子が揃いも揃って「遺伝とか」の犠牲になっているようですが、バカ息子がオヤジの言うことを本気にして「呪われた血」を断とうと決心するのであれば、別に止めやしませんが。

ところで石原さん、驚いた事に「異常な」性的妄想は正常な性生活の一部であるという事をご存じないようであります。石原さんご自身の「性生活」が「正常」かどうか知りませんが、幼女あるいは老婆、警察官や消防士を対象とした、もしくは痴漢や強姦や四肢切断や絞首を内容とした、災害や犯罪や世界崩壊を背景とするような性的妄想などは一般の人の中にざらに見られるものでしかありません。

ただ、これは本当に「妄想」であって、せいぜい絵に描いたり作文にしたりして発表するくらいが関の山なのです。ただしそれには「描いてはいけない」とかいけなくないとかではなくて描かれなければならないだけの負荷がかかっているんですが。女性で痴漢妄想や強姦妄想を有する人が実際にいるわけで、腕章をした人に犯されたいとかワケの分からないことを言うんですが、そういう人が現実に痴漢に遭遇したりする事を歓迎する事はほとんどありません。これは注意を要するところですが、たまにここら辺の加減が分からない人が実行に及んでしまう例があるのには困ったものです。そういう人は石原さんの「DNA」が混じっているのかも知れません。

まあ石原さんも「気の毒」な人ではあるわけで、石原裕次郎と三島由紀夫という2大アイドルに挟まれてすっかり影が薄くなった挙げ句に拗ねてしまった隠れホモみたいなもんですから敵意の固まりになってしまうのも仕方のない事であったかも知れません。あまり小出しにしていると良い小説が書けませんが、元からあまり頭の良い方では無かったという可能性も「遺伝とか」のおかげで明らかになりつつあるわけですから溜めたからといって良いものが書けるとも限りませんし、そこに性的抑圧が加わるんですからもういけません。

ちなみに、男性の性的妄想はどこまで行くのか分ったものではないので、「強姦して殺す」という程度では済ませてもらえないようです。あまり「野方図になり過ぎ」るとどうなるかというと、これは稲垣足穂さんのようになってしまう可能性があります。ああなるとちょっと手がつけられない感じがするんですが、石原さんの「好きな」三島由紀夫さんは渋沢龍彦さんとの対談でこんなことを言っています。

稲垣さんは男性の秘密を知っているただ一人の作家だと思うから。僕はこの巻の解説にも書きましたが、ついに男というものの秘密を日本の作家はだれも知らない。日本の作家は、男性的な作家は主観的に男性的であるだけで、メタフィジカルに男性の本質がなんであって、男はなんのために生まれて、なんのために死ぬかを知らない。

『タルホの世界』(『日本の文学 第34巻 内田百閨E牧野信一・稲垣足穂集』付録 1970年6月 中央公論社刊


三島さんの「愚行」関連でよく引用される発言ですし、いくら「男」だからといってああいう死に方をするために生まれて来たかどうかは保障の限りではないのですが、「全身小説家」ならぬ「全身愚行者」の石原さんは、この「男性的な作家」は自分の事だとでも勝手に思ったようで、40年近くたってからタルホならぬホタルを持ち出して『俺は、君のためにこそ死ににいく』という「答え」を出したんですが、やっぱり何もわかっていないのでした。


posted by 珍風 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。