2011年01月06日

グルグルポンでガラガラポン

首相の政治責任問われず=「政治生命懸ける」発言−仙谷官房長官


 仙谷由人官房長官は6日午前の記者会見で、社会保障制度と消費税を含む税制の抜本改革に菅直人首相が「政治生命を懸ける」と発言したことに関し、首相が示した6月までに方向性を出すことができなくても、野党の対応によっては首相の政治責任は問われないとの認識を示した。

 仙谷長官は「(方向性を出すことが)できない理由による。(野党が与野党協議に)応じない理由が無理筋であれば、少々の猶予はいただける」と述べた。 

2011年1月6日 時事


仙石さんの卓越した解釈によれば「政治家が政治生命をかけて申し上げていること」には「政治責任は問われない」そうですから菅さんが言っていることは全てウソですが、別に「責任」なんかどうでもいいです。しかし「生命」の保証は出来ません。

菅首相、党大会「反転攻勢のスタートに」


 菅直人首相は6日夜、13日の民主党大会とその前日の両院議員総会について「党として反転攻勢をするスタートにしたい」と述べた。

 内閣改造や党の役員人事、国会召集日などに関しては「スケジュールも含めて熟慮中だ」と述べるにとどめた。

 消費税を含む税制と社会保障の一体的改革に「政治生命をかける」とした自身の発言については「全力を尽くしてやるという意味だ」と説明した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

2011年1月6日 日経QUICKニュース


例によって菅さんの自己注釈によれば、それは「全力を尽くしてやるという意味だ」そうです。どうせウソに決まっていますが、消費税増税のミッションに失敗すれば、たとえ「全力を尽くしました」と言っても財界の皆さんには許してもらえません。「結果を出せ」とか言われるに決まっているんですから、やはり「政治生命」はそれまで、ということになる雰囲気濃厚であります。

それにしても菅さんは相当大胆な「反転」を「スタート」したようです。

今夏までに公約見直し=民主幹事長


 民主党の岡田克也幹事長は5日夜、インターネットの番組に出演し、同党の2009年衆院選マニフェスト(政権公約)について「全体をもう一度見直し、できないこと、できること、やらなきゃいけないことをもう一回整理した方がいい。再来年度の予算編成に生かす」と述べ、今夏に始まる12年度予算編成に向け、同マニフェストに掲げた政策の一部見直しを行う考えを示した。

 岡田氏は「(マニフェストに)過大なところがあったと率直に認めないと(いけない)。全部やるべきだという議論はあるが、国民に対して逆に不誠実だ」と語った。

 菅直人首相も同日夜のテレビ朝日の番組で「実際にやってみて効果の薄いものなどについて見直さなければならない中身も当然ある。全体を見直すことは必要だ」と語り、公約の選別を行う意向を示した。

2011年1月6日 時事


菅さんは岡田さんと一緒になってマニフェストの「全体を見直す」んだそうです。岡田さんはマニフェストを「できないこと、できること、やらなきゃいけないこと」の三つに仕分けします。ところがこれはちょっとおかしいようです。マニフェストというのはそれで選挙を戦って有権者の支持を得たものですから、その全体が「やらなきゃいけないこと」になるはずです。なので、「できないこと」も「やらなきゃいけない」ので、もし「できな」ければ「できる」ようにしなければなりません。どうも岡田さんの「整理」はあまり整理されていないようです。

菅さんは「実際にやってみて効果の薄いもの」を挙げています。思わず、それは「実際にやってみて」から言え、みたいなことを言いそうになるわけですが、もとより菅さんや岡田さんの言うことに「責任」はないとのことですので、細かいツッコミはどうでもいいようです。要はマニフェストの「全体」を「見直す」と言っているということのようです。

しかしながら有権者は誰もマニフェストを「見直せ」とは言っていないようです。言われもしないのに「見直す」とは生意気です。それはこっちのやることであって、政権はマニフェストを実行していればいいのです。それでダメならこっちで取っ替えるんですから、菅さんは安心してやることをやっていれば宜しい。

もしどうしてもマニフェストを「見直す」というのであれば、それこそ「国民の皆さんに判断してもらう」ことが必要でしょう。有権者はマニフェストに投票したのであって、マニフェスト選挙というのはそういうことなのです。マニフェストに「民主党」という名前がついていたから民主党に票が入った、というべきで、その意味では「民主党」=「民主党のマニフェスト」であるのがマニフェスト選挙です。

したがって、菅さんやなんかががマニフェストを「見直す」というのであれば、これは当然菅さんたちが民主党を出なければなりません。カンカラ党でも何でも結成してお好きなマニフェストをでっち上げて民主党のそれに対置し、どっちがいいのか「国民の皆さんに判断してもらう」のが適当でしょう。

もっとも、菅さんたちも2009年当時は民主党のマニフェストに異議を唱えていたわけでもないようですから、カンカラ党のマニフェストも2年もしないうちに自らあっさりと放棄してしまう可能性が高いことには留意すべきでしょう。何しろ「責任」のない人たちですから、そのあたりは何とも言えません。明らかなことは、現民主党執行部にとって2009年の選挙は「バードカフェ謹製おせち」のようなものだったということです。ただひとつ違っていたのは、菅さんはワザとだったのです。


posted by 珍風 at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。