2011年02月11日

甲種第2類優良殺人者免許証

無罪判決が確定したら平田さんには「ゴールド殺人免許」ですよ。一般のオマワリさんは普通の「殺人免許」ですから「ゴールド」を取得するように頑張って下さい。

発砲の警官に無罪判決 中国人死亡、宇都宮地裁


 栃木県西方町で2006年6月、中国籍の羅成さん(当時38)が、県警の巡査長、平田学被告(35)=当時巡査=の発砲で死亡した事件で、宇都宮地裁は10日、特別公務員暴行陵虐致死罪に問われた平田被告に無罪(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。佐藤正信裁判長は「発砲は正当防衛にあたる」と述べた。同地裁の付審判決定で裁判が始まっていた。検察官役の指定弁護士は控訴を検討する。

 判決によると、羅さんは06年6月23日夕方、西方町真名子の路上で、平田被告から職務質問をされて逃走し、民家の庭にあった竹の棒や石灯籠(いしどうろう)の宝珠(重さ約3キロ)を持って抵抗した。平田被告が拳銃を1発撃ち、弾は羅さんの腹に命中。羅さんは死亡した。当時、羅さんは研修ビザの期限が切れていた。

 法律が定める警察官の武器使用の基準に照らして、発砲が正当防衛にあたるか否かが争点だった。佐藤裁判長は、拳銃を構えた平田被告と宝珠を掲げた羅さんが相対した場面について「羅さんが突然、一気に距離を詰めながら、1メートルもない至近距離から攻撃を加える急迫性の高い状況だった」と指摘。発砲は自身の生命身体を守るため、やむを得ずにした行為だったとした。

 裁判で、検察官役の指定弁護士は「平田被告は羅さんの攻撃に対し、警棒や威嚇射撃で対応できた」として、発砲は違法で、正当防衛も成立しないと主張していた。

 判決後、検察官役の指定弁護士の太田うるおう主任弁護士らが記者会見し、「判決内容を分析し、検察官役として証明できなかった事実は何かを検討したうえ、控訴するかどうか決めたい」と語った。

2011年2月11日 asahi.com


なんかこれ、状況がよく分からないんですが。平田さんは壁際に追い詰められてでもいたんでしょうか。それだと若干同情の余地はあるといえるでしょう。もっとも、そんな平田さん側に有利な状況が存在したとすれば判決でも言及され、マスゴミも書いているでしょう。警察側に有利なことがあったかも知れないとおもわれるとき、報道されていないのであればそれは存在しないと考えるべきでしょう。

もっとも、追い詰められ、頭上に宝珠を掲げられた状態で相手を射撃した場合、宝珠はそのまま平田さんの頭の上に落ちて来るかも知れないのですから、そのような極めて「急迫性の高い状況」では、発砲が行なわれないものであると思われます。逆に言えば「急迫性」がそれほど高くない場合でなければ発砲は行なわれません。

一口に「発砲」と言っても使い捨てライターの着火のように簡単には行かないんですが、平田さんもそこは警察官ですからタイミングを過たず射撃に及んだようですが、判決も認める「至近距離」であるにも拘らず狙いを外しているのは残念な結果です。

平田さんは「至近距離」から左太股を狙ったのに「左腹部」に当ててしまいました。警察ではどういう訓練をしているのか、ちょっと興味のあるところです。的に当てたりしているのでしょうか。ちゃんと出来るのは引金を引くところまでで、弾がどこへ行くのかはよくわからん、たとえ「至近距離」といえども弾丸の行方については責任を負いかねる、という人が拳銃を携帯してそこら辺をうろついている状況は極めて剣呑であると考えられます。

もっとも、オマワリさんがそんないい加減な人ばかりであるとは限りません。平田さんの名誉のために、平田さんが狙いを外していない可能性にも言及すべきでしょう。平田さんの弾は平田さんの狙ったところに飛んで行ったと考えてあげることは大切なことです。平田さんは腹部を狙って撃ったのであり、それは相手が強そうだったので脚部に当てたのではその攻撃力を減殺出来ないと思ったからではないでしょうか。

一般に腹部なんかを撃つと相手が死んでしまう可能性が高いのですし、警察ではオマワリさんにそういうことを教えています。そしておそらく、警察ではオマワリさんに、万が一相手が死んでしまっても罪に問われることはないだろう、ということも教えているのかもしれません。そうでなければいくら平田さんでも人を射殺する決心などなかなかつくものではありません。

それにしても殺された羅さんは、特に「犯罪者」というわけではありません。「公務執行妨害」なんだそうですが、それはあらゆる「公務執行妨害」の例に漏れず、平田さん側が作り出したものです。路上等で、相対的弱者を呼び止めて何らかの威力を持って何事かを要求する場合、それは「カツアゲ」とか「職務質問」とか呼ばれるわけですが、それを行なう者がオマワリさんという特殊な地位にある場合に限り、それに抵抗することは「公務執行妨害」と呼ばれるのであり、その内実は街頭でよくやっている争いごとと変わるところはありません。

そういう場合に、「弱者」と踏んだ相手が意外と強くて逆にやられちゃったりということも当然あり得ます。世の中とはそういうものです。見込み違いというものは誰にもあるもので、それがイヤなら「職務質問」などは止めておけばいいだけの話です。しかしオマワリさんは制服を着て威圧している他に拳銃なども持っているのですから、たいていの場合は勝てることになっています。

拳銃についても、見せるだけでも脅かしになるのであって、弾の入っていない拳銃が思わぬ威力を発揮することも多いものです。それでもダメな場合は拳銃についてデモンストレーションを行ないます。つまり「威嚇射撃」ですが、凄く大きな音がしますし、これで戦意を喪失してしまう相手もまれではありません。

このように、オマワリさんはその「実力」としてもかなり有利な立場に置かれています。逆に言えば一般市民はハンデを付けられているのであり、このような圧倒的な力の差があるのにオマワリさんにも「正当防衛」というものがあり得るというのが正直驚きですが、それはともかく、一般市民に対するハンデの設定は当然のことであり、それは本当はオマワリさんよりも一般市民の方がエラいからなのです。

オマワリさんも出来たら是非とも従うべき法律は、犯罪者を含む一般市民を保護することをその目的としている、はずです。実態はともかく、そういうことになっているのです。ですからオマワリさんは大きな顔をすることなく、道も端っこの方を歩いて、ご飯もあまり多く食べず、無闇に人に話しかけたりしないでおとなしくして、しかも呼ばれたら直ぐに飛んで来るように気をつけていることが求められます。

そういう心がけを忘れて市民に馴れ馴れしく話しかけ、気に入らないと怒る、などというオマワリさんは石で頭を潰されても仕方がないのかもしれません。しかし僕は常に良き主人であることを心がけ、みんなで使う「僕」を無闇に使えなくしたりすることに賛成するものではありません。彼等に「正当」な「防衛」などをする権利がある、と認めるのも社会の進歩というものでしょう。オマワリさんだって人間なんだ。

そしてそうであれば当然、市民もハンデはなしにすべきでしょう。僕たちも拳銃を買ってきて、オマワリさんの「腹部」に当てないようによく練習をしなければならないということです。しかしいくら練習しても狙いがはずれるという不幸な事態は誰にでも起きるというのであれば、オマワリさんの武装を解除する方がより望ましいことは言うまでもありません。


posted by 珍風 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。