2011年02月23日

日の丸特攻自爆テロ

小沢氏処分の常任幹事会決定要旨 


 民主党の小沢一郎元代表の処分に関する22日の常任幹事会決定の要旨は次の通り。

 【強制起訴】党所属議員が刑事事犯等に問われて逮捕・起訴された場合は離党届の受理か、倫理規則に基づく処分を行ってきた。検察審査会の起訴議決に基づく強制起訴が通常の検察による起訴とは異なることについて一定の考慮は必要だが、国会議員本人が起訴された事実は重い。判決確定までは推定無罪の原則が働くが、それは検察による通常の起訴も同様。公訴事実の認定は司法判断に委ねられており、処分の是非についての判断材料とすべきではない。

 【元秘書の起訴】小沢議員の元秘書3人が逮捕・起訴されている。直ちに倫理規範に反する行為に該当するとは認められないが、小沢議員の資金管理団体に関し、元秘書が逮捕・起訴されていることも考慮すべきだ。

 【政倫審】執行部は役員会決定に基づき、衆院政治倫理審査会に速やかに出席するよう要請してきたが、小沢議員はこれに応じていない。これも考慮すべきだ。

 【結論】小沢議員本人が強制起訴されたことは、倫理規範に反する行為に該当すると認め、通常の起訴と異なる点があることを踏まえ、当該事件の判決が確定するまでの間の「党員資格の停止」処分とする。

 【停止期間】党の指針は党員資格停止の期間は「1回の処分で原則最長6カ月以内」としているが、裁判手続きに要する期間を予見することはできないため、例外として、その期間を判決確定までの間とする。判決結果により、別途処分が検討される場合があることを付記する。

2011年2月22日 共同


岡田さんは「強制起訴と普通の起訴は違うと考えているので、そういう意味で従来に比べれば軽いかもしれない」と言っていますが、そんなに軽くないかも知れません。「判決確定まで」というのは場合によってはほぼ無期限ということを意味します。

したがって「強制起訴と普通の起訴は違う」と言っているようですが、「違う」からどうなのかよく分かりません。実際のところ常任幹事会は「一定の考慮は必要」とはいうものの「国会議員本人が起訴された事実は重い」としていますので、「違う」点についてはあまり「考慮」していないものと考えられます。「除籍」もしくは「離党勧告」の処分としなかった理由は、専ら党勢の維持を目的としたものでしょう。

まあ、小沢さんの方も「検察審査会の起訴議決に基づく強制起訴が通常の検察による起訴とは異なる」と言っているわけですが、それに対する民主党の「判決確定までは推定無罪の原則が働くが、それは検察による通常の起訴も同様」という見解はある意味で当然ではあります。しかしながら近頃では「通常の起訴」における検察の「確信」とやらがどういう体のものであるのかっつーことは餓鬼でも知っていますから、検察による起訴であっても「無罪」がより強く「推定」されますし、強制起訴の場合は「無罪」は「確信」されさえするかも知れません。むしろ従来の「逮捕・起訴された場合は離党届の受理か、倫理規則に基づく処分を行ってきた」という方針自体、いかがなものであったかと思わざるを得ないところでしょう。

これは「起訴されたこと」が「倫理規範に反する行為に該当する」とは言えないだろう、ということを意味します。そもそもこれはおかしな理屈でありまして、何かを「される」ことが「行為」に該当するものであるのかどうか疑問なしとしません。自分は何もしていなくても何かを「される」ことは多いものですし、警察や検察がらみだとそのような危険はより深まります。人生いつ何時身に覚えのないことでとっ捕まらないとは限らないのが日ノ本の習いです。むしろこれは強姦被害者の「落ち度」をことさらに言い立てる類いの暴論でありましょう。

この処分は「民主党」が検察への忠誠を態度に表したものであるかも知れません。きっと何か疾しいことがあるか、裏取引でもあるのではないかと疑うのが人情というものです。もっともこれは多分に「民主党」を買いかぶった推定でありまして、あの人たちのことですからただ単に、検察様のご機嫌を損ねるのが怖いだけなのではないかという気もします。菅さんによれば検察官も皆さん「有能」ですから、無能な人たちとしては尻尾を振るに如くはありません。取調べの可視化が一向に進まない、てゆーかむしろ逆方向に強力なドライブがかかっているようなのももっともなことです。この点、「民主党」には期待出来ないでしょう。

もっとも「民主党」にどの点を期待していよいのかよくわかりません。何も期待出来ないという話もありますがそんなことはありません。パカッと割れてしまうことなどは大いに期待出来そうです。あるいはボロボロと崩れるのかも知れませんし、グッシャリと潰れたり、ドカンと爆発する可能性もあります。周りを巻き込む迷惑千万な爆発に菅さんの勝算があるのかも知れません。そうでなければわざわざ検察に尻尾を振ってみせる意味がありません。てゆーか爆発でバラバラになって残ったのはピクピク動く尻尾だけだったり。


posted by 珍風 at 05:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。