2011年03月15日

東京シャロンの氷の微笑

東京べべは中島そのみ、東京のシャロン・ストーンならこの人です。もちろんゴールデン・ラズベリー賞候補。

石原知事「津波は天罰、我欲を洗い落とす必要」


 東京都の石原慎太郎知事(78)は14日、東日本巨大地震に関連し、「津波をうまく利用して『我欲』を洗い落とす必要がある」「これはやっぱり天罰」などと述べた。

 石原知事は同日午後、都内で「震災に対する日本国民の対応をどう見るか」と報道陣に問われ、「スーパーになだれ込んで強奪するとかそういうバカな現象は、日本人に限って起こらない」などとした。さらに親が亡くなったことを長年隠し年金を不正受給していた高齢者所在不明問題に言及し、「日本人のアイデンティティーは我欲になった。政治もポピュリズムでやっている。津波をうまく利用してだね、我欲を1回洗い落とす必要があるね。積年たまった日本人の心のアカをね。これはやっぱり天罰だと思う」と語り、「被災者の方々はかわいそうですよ」と続けた。

 その後の記者会見で「『天罰』は不謹慎では」と質問が相次いだが、石原知事は「被災した方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかもしれませんが、と言葉を添えている」とした。

2011年3月15日 讀賣新聞


讀賣新聞は書いていませんが、てゆーか書くわきゃねえが、「被災した方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかもしれませんが」などという注釈は一切付けていなかった模様です。こんなところで下手な「小説」を書かなくても良いようなもんですが。

これでは真っ当な日本人としては「スーパーになだれ込んで強奪」するしかなくなるわけですが、恵まれた環境にいるらしい石原さんにここで一行知識です。スーパーになだれ込んでも強奪する品物がありません。

この場には、息子に「これは勝てそうだぜオヤジ」と囁かれて例の寒々としたニヤニヤ笑いを浮かべながら出馬を決めたであろう石原さんの「我欲」の「津波」に「洗い落と」された松沢さんも同席していたようですが、石原さんは「かわいそう」だと思ったものか、殴られちゃかなわないと用心したか、埼玉県知事の上田さんに、この大変な時に公務を投げ打って「人間の盾」となることを要請した模様です。

この件についてワタミは「私は決断した以上、相手がどんなに大きな存在であっても、ひるまず、正々堂々闘って参ります」などと言っていますが、石原さんのどこが「大きな存在」なのか「理解不能」(スポーツ報知)ではあります。しかしどうせなら「剣道似段」の千葉県知事に竹刀を持たせて間に入ってもらえばより安全であったかとも思いますが、やはりその腕前に疑念をもたれているんでしょう。

石原さんを「うまく利用して」松沢さんが「洗い落と」されたことは賀としますが、世界一の東京都民が石原さんの「我欲」または石原さんという「我欲」を「洗い落と」すことは出来るでしょうか。石原さんは海がお好きですから、「文学碑」のかわりに髪の毛を剃った頭部に金粉を塗って岩手の海岸に当分立たせておくのもひとつの手ではあります。

しかしながら津波も来なければ停電もしないし交通機関も動いていた東京では、石原さんの発言が都民の皆さんにどのように受け止められるのか大体想像がつこうというものです。もっとも、そのうち見えない「津波」が北風とともに来襲するというウワサもあります。このウワサは日に日に現実となりつつあるようですが、これを「うまく利用してだね」、積年たまった東京のアカを1回洗い落すのが「核の平和利用」ですよ。


posted by 珍風 at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。