2011年05月26日

おしえてア・ゲ・ル

【原発】班目氏あきれる「私は何だったのか」


 東京電力が海水注入は中断せずに続けていたと発表した問題をめぐって、一時、発言が海水注入の中断原因とされた原子力安全委員会の班目委員長は、驚き、あきれています。



 原子力安全委員会・班目春樹委員長:「(Q.海水注入の中断なかったと聞いているか)さっきチラッと聞きました。本当ですか?」「中断がなかったら、いったい私は何だったんでしょう、教えてください」

2011年5月26日 テレビ朝日


班目さんが「何だった」かというと、常日頃の行いが悪かったのでイザというときに損な役回りをさせられる人、です。これからもよろしくです。班目さんは「専門家」として「再臨界の可能性はゼロではない」と言ったようですから、海水注入が「中断した」ことが何か悪いことであるとすればその責任を問われる立場にいるんで、そのことに変更はありませんので、あまり「あきれ」たりしないで安心していただきたいものです。

彼、どうやらのんだらしい、じゃなかった、どうやら結果的には吉田所長に劣る判断、てゆーか一種の茶々を入れたことになったらしいのですが、まあつまり、それが「何だったんでしょう」への答えということになりそうです。

もっとも、班目さんは3月12日に「原発は構造上爆発しません」と豪語したそうなので、その「専門性」たるや恐るべきものがあるわけですが、班目さんの目論見がはずれて水素爆発を起こした後でも班目さんの貴重な御意見を拝聴しようという人がいたとすれば、これはもう一種の「罠」です。どうも班目さんはデタラメを言うようなのですから、何かマズいことがあったら班目さんのせいにしてしまえば良いのです。彼の存在意義はそれに尽きます。

谷垣さんも大変です。今度は海水の注入が中断しなかったことをもってその後の状況が悪化したことの原因であることにしなければならなくなりました。今までとは真逆のことを言わなければなりません。もちろんそんなことを苦にするようでは政治家にはなれません。

今日になって急にこんな話しが出て来たのはやはりIAEAのおかげだったと言うべきかも知れません。おかげで班目さんは平成の大悪人から単なる馬鹿に昇格した模様ですが、吉田さんにも「処分」があるようだ、という事実が班目さんにとって幾許かの慰めとなれば幸いであります。

吉田さんの判断は「技術的には妥当」だったかも知れませんが、本店の命令には違反しています。武藤さんは「報告が遅れた」ことを「残念」がっているフリをしていますが、これは専ら東電社内の問題で、技術的妥当性よりも政治的妥当性を重視する東電にあっては、政治的妥当性に反する行為に関する「報告」が遅れるのも当然ありうることでしょう。

「報告」が「遅れた」とするならば、「遅れた」原因があるはずで、その点に関する東電の認識がどのように表明されるのか、興味深いものではありますが、いずれにしても技術的妥当性を政治的妥当性に優先させた吉田所長の判断が、東電的には万死に値するものであると判断されてもおかしくない、というのが東電に対する判断であったりするわけで、班目さんの愚痴などは、そんな東電への恐怖に比べれば実にツマラナイものでしかありませんので、そのことを教えてア・ゲ・ル。


posted by 珍風 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。