2011年06月14日

ヒステリック父子馬鹿

石原幹事長:「集団ヒステリー状態」と発言 原発見直しで


 自民党の石原伸晃幹事長は14日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故を踏まえた原子力政策の見直しについて「あれだけ大きなアクシデントがあったので、集団ヒステリー状態になるのは心情としては分かる」と述べた。代替エネルギー確保の観点から「脱原発」の難しさを指摘した発言だが、表現が不適切と批判される可能性がある。石原氏は原発再開を巡るイタリアの国民投票を念頭に「国民投票で9割が反原発(だったので)、やめようという簡単な問題ではない」とも述べた。

2011年6月14日 毎日新聞


「表現が不適切」かどうかは微妙なところです。要するに石原(子)さんはイタリアの国民投票の結果は論理的に了解不能であると言っているわけですが、それをどのように表現するにしても「批判」を回避することは困難でしょう。

現在までのところイタリア国民の投票行動に関する詳細な調査が行われているわけではありませんから、投票結果が「アクシデント」によって引き起こされた心理的恐慌による反応を反映したものでしかないという証拠はありません。

むしろそれは石原(子)さんの思い込みでしかなかったりするのですが、そういう石原(子)さんが「国民投票で9割が反原発」という「アクシデント」に遭遇して個人的に「ヒステリー状態」になるのは「心情としては分か」ります。

だいたいこれはイタリアの話なんですから、もうちょと冷静に対処したいものですが、石原(子)さんはすっかり舞い上がってしまいました。原発は「国民投票で9割が反原発(だったので)、やめようという簡単な問題ではない」んだそうです。

別に誰も「やめよう」とか言ってません。いや、言ってはいるんですが、それは「国民投票で9割が反原発」だからではありません。よく考えたら日本では国民投票をしていないのです。よく考えなくてもそうなのですが、石原(子)さんにはその辺をよく理解してもらう必要がありそうです。

日本ではマリオというイタリア人が、イタリア人には珍しく純情であるので人気があります。てゆーかマリオさんは女性が一人しかいないという、イタリア人男性にとっては地獄同然の世界に閉じ込められているという事情を勘案しなければなりませんが、それはもちろん僕の思い込みでしかありません。しかしながらスパゲティーばっかり喰ってると石原(子)さんのように日本とイタリアの区別がつかなくなるのでボンジョルノです。

したがって石原(子)さんはイタリアの国民投票の結果が日本の原発政策に影響があると思ってしまうのです。わけが分かりませんが、ワケの分からないところが「ヒステリー」のヒステリーたる所以でありますから問題ありません。

あるいは石原(子)さんは日本でもこのような国民投票が行なわれることを半ば本気で心配しています。そしてヤリもしないうちからその結果を心配して「予防」に余念が無いのはイタリア男とも思えません。入れてからゴムをかぶせるのがイタリア男の心意気です。ウソです。

すなわち石原(子)さんはたとえ「国民投票」の結果がイタリア式の「集団ヒステリー」であれ、バルカン人のそれであれ、無視することに最初から決めてしまっているのです。なんだか知りませんがとにかく「簡単な問題ではない」んだそうですが、実は簡単です。国民投票の結果は政府の行動に何ら影響を及ぼすべきではないのです。それが自民党の心意気というものです。

鳩山さんは「日本列島は日本人だけの所有物ではない」と言ったそうですが、自民党によれば日本が日本人のものであるということだけはありません。日本人は日本について何も決められません。日本から日本人の影響を排除するのが自民党の役目です。「国民投票」の結果が9割だろうが10割だろうがそれがどうした。国民の意見に左右されるほど日本の政治は「簡単」ではないのです。

まあ、仮に日本でこのような「国民投票」が実施されたとして、その結果「脱原発」が多数を占めるであろうという「心配」が石原(子)さんの個人的なヒステリーによるものなのか、正確な予測に近いものなのかはわかりません。いずれにしても日本人にはロクなメにあってもらうワケにはいきません。しかしながら日本人だけが被害に遭うのは面白くないでしょうから、そこは何らかの形で補う必要があるようです。つまり余所の人にもヒドい目に遭ってもらうことで日本人共を納得させることが課題になります。

20年夏季五輪招致へ=理念に「震災復興」−東京都


 東京都が2020年夏季五輪招致に乗り出す方針を固めたことが13日、分かった。東日本大震災からの復興を開催の理念に掲げる予定で、17日開会の6月都議会で石原慎太郎知事が正式表明する。

 知事は、20年五輪招致を4期目の公約に掲げている。また、5月下旬の記者会見では「たいまつの火は消さない方がよい」と述べ、招致への意欲を示していた。
 都は招致活動を進めるに当たり、今回の震災発生を受けて「国を元気にする目標が求められている」(都幹部)として、東北地方の被災地との連携も模索する。

2011年6月13日 時事


もっとも石原(父)さんも、まさか本気でオリンピックを招致出来ると考えるほど馬鹿ではないでしょう。しかし馬鹿なので本気かも知れません。だからといって選りにもよって東京でオリンピックを開催するわけではないでしょう。

実際にはこれは「東京はオリンピック開催地に名乗りを上げるほど安全である」ことをアピールするために行なわれるのです。しかしながらその安全性の根拠を挙げることが出来ないのです。そんなものはないので。

そこで石原(父)さんは、なんと「自分は安全だと思っている」と宣言することが安全性を主張する根拠になると思ってしまったようです。こういう発想はまるで餓鬼ですが、実際のところ危険なので他にどうしようもない、という点を勘案する必要があるでしょう。

他にどうしようもなければやらなければ良い、というのはもっと利口な人に言うことです。石原(父)さんはこれが有効であると思っていますし、そしてそれはある程度有効なのです。原発の危険を否認するには、てゆーか何があっても原発が危険であることを認めない、という立場を表明するという限りでは効果があることは間違いありません。もちろんそれで問題が解決するわけではありませんが、危険性を認めることは石原(父子)さんにとってその存亡に関わる危機なのですから、親子でヒステリーになるのも心情としては分かります。


posted by 珍風 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。