2011年07月07日

気持ちは分かる核ジャンキー

佐賀・玄海原発:再稼働問題 対応「いずれ責任取る」−−参院予算委で海江田経産相


 海江田万里経済産業相は7日午前の参院予算委員会で、九州電力玄海原発をめぐる対応の責任を取るよう追及され「いずれ時期が来たら、私も責任を取らせていただく」と述べ、将来的な辞任の可能性を示唆した。

 自民党の礒崎陽輔氏が、海江田氏が佐賀県に同原発の再稼働を要請した後に、政府がストレステストの実施を発表したことに触れ「海江田さんが一生懸命頑張っても、(菅直人)首相にポンポンひっくり返されたら仕方がない。佐賀県の人にどう責任を取るのか。腹を切るべきだ」と質問したのに答えた。答弁に立った海江田氏は数秒押し黙ると、苦渋の表情で答弁した。

 礒崎氏は「今の顔で気持ちはよく分かった。悪いのは首相だ、という意見がある」と述べた。【西田進一郎、影山哲也】

2011年7月7日 毎日新聞


しかし本当に良いのだろうか、と思うのはもちろん「腹を切って死ぬべきである」という又吉さんのキャッチフレーズを盗用してしまうのはどうかと思ったわけですが、海江田さんが「苦渋の表情」などをやっている間に運命の歯車が回ってしまったのです。

たしかに「悪いのは首相」なのであって、菅さんは「悪い」んですが、だからといって礒崎さんが「悪くない」ことにはならないのが残念なところです。

礒崎さんは海江田さんが「安全」だと言ったのだから今さらテストをする必要はないと言いたいようで、実際のところ政府の対応は全然まとまってないので、その限りでは大いに批判の余地があるものです。

この場合閣僚の発言の矛盾をつくのは良いのですが、この場合「海江田さんが悪い」のか「菅さんが悪い」のか、そこらへんの言い方によってずいぶん違って来るようです。

礒崎さんは「菅さんが悪い」と言いたいワケですが、そんなことを言えば言うほど損なのです。そういうことを言っていると「国民の安全を軽視して原発村の利権を守る」という「悪役」を自ら買って出ざるをえないことになってしまいます。

なんと菅さんを批判すると「悪い人」になってしまうんですが、そのように「劇場」を設定した菅さんの、これは上手いところでしょう。ほとんどコイヌミと変わるところがありません。そしてそのためには海江田さんも切り捨ててしまう非常さも全くコイヌミ的であると言えるかも知れません。

海江田さんはここで「安全宣言は軽率だった」とか言うことも出来ました。そうすると自分が悪者になることによって礒崎さんを悪者にすることが出来たわけですが、「苦渋の表情」なんかしているうちに礒崎さんに「気持ち」を「分か」られてしまいました。

菅さんとしては自分の延命が全てのようですから、海江田さんが冴えない対応をして一世一代のドジを踏もうが一切関係ありません。菅さんは自民党が「脱原発」に方向転換しない限り安泰だと思っています。そしてそんなことはあり得ないであろうことを知っています。

てゆーか菅さんは日本の政治権力が核利権の享受と失脚の間で選択を行なわざるを得ず、したがって原発を廃止しようという意見が大勢を占めるなどということは金輪際ない、という観測のもと、その限りにおいて延命をはかることが出来るように行動しています。

そういうワケで菅さんほど原発の存続を望んでいる人はいません。菅さんはもう、原発がなくなったら本当にどうしていいのか分からないはずです。逆に言えば自民党と民主党がともに「脱原発」に政策を転換することによって、わりと簡単に菅さんを辞めさせることが出来るわけです。

菅さんもそのように挑発していたようですし、そうすれば世論を味方につけることが出来ることは九州電力ですら知っているのですから、乗っちゃえばどうか。乗ればいいのに。命の保証はしませんが。


posted by 珍風 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。