2011年08月18日

メタボリック無脳症

北海道・泊原発:3号機、営業運転 道知事同意、震災後初の再開


 北海道の高橋はるみ知事は17日、調整運転中の北海道電力泊原発3号機(泊村、出力91・2万キロワット)の営業運転再開に同意する意向を海江田万里経済産業相に伝えた。これを受けて経産省原子力安全・保安院は定期検査の終了証を北電に交付。北電は営業運転を再開した。3月の東京電力福島第1原発事故以降、定期検査から営業運転に移行した原発は全国で初めて。

 高橋知事は17日午後の緊急会見で「国が最終検査の手続きを行うことに異論はない」と再開容認を表明した。その理由として、検査の妥当性のチェックに保安院だけでなく内閣府原子力安全委員会も加わったことなどを挙げ「さらなる安全性の確認を行う国の考え方を理解した」と述べた。

 一方で、定期検査中で原子炉が停止している泊原発1号機(出力57・9万キロワット)や、今月下旬から定期検査に入る同2号機(同)の再稼働については「より慎重な判断を要すると考えられる」として、今回の容認とは切り離す立場を強調した。

 泊原発3号機は1月5日に定期検査が始まり、3月7日に調整運転に入った。今月9〜10日で最後の検査を終えたが、海江田経産相が終了証交付は地元の同意を待つ姿勢を示していた。

 高橋知事は16日の道議会特別委員会に出席したうえで17日午前、北電と安全協定を結んでいる泊村など地元4町村と、その周辺にある後志(しりべし)地方の市町村に道の考え方などを説明し、理解を得たという。【高山純二、吉井理記】

2011年8月18日 毎日新聞


なんたって高橋はるみさんですからこうなってしまうわけですが、核ギャングに支配された日ノ本では気に入らない知事は取っ替えちゃうんですから誰でも同じでしょう。それにしても福島第一原発が「収束」の兆しすら見せない中での営業運転の再開は驚くべきことであると言えるでしょう。日本人連中は気が確かなのか。

とはいえ、連中も何も考えずに闇雲にやっているというわけでもありません。北海道では特に「電力不足」は演出されていないのですから、無理に営業する必要は無いわけですが、泊原発はあえて「再開」することを選択された模様です。

北海道出身の方も沢山いらっしゃることと思いますが、大変申し訳ないことにその第一の理由は北海道がイナカだからです。蝦夷なんてどうでもいいのです。イザとなったら切り離して見捨ててしまえば宜しい。北海道は東京からとっても遠いのです。泊原発の「再開」は浜岡の「停止」と裏表であって、やはりいくら何でもその危険性は認識されているようですが、蝦夷だったら構わないのです。

これが首都圏に近いと反対する人も多いわけですが、遠い蝦夷の出来事なのでそれほどの騒ぎにもなりません。泊から近い人口密集地は札幌でしょうが、それでも60キロくらい離れています。まあ札幌が「人口密集地」であるとすればですが。

あまり失礼なことを書いているのは良くないのですが、泊原発は「再開」に際して最も反対する声が小さいと想定されたことは想像に難くありません。福島の事故後イッパツ目にカマすには最適の選択であったと言えるでしょう。

このタイミングでの「再開」も重要であり、これは日本政府の立場をより鮮明にする効果があります。事故なんて気にしない、核被害なんて無いのです。福島ではほとんど何も起こっていませんから、泊原発の「再開」は当然です。てゆーか「当然」であると言うために「当然」のようにそれを行なうと、それは当然、「当然」になります。

このことから、福島の教訓を受けた日本政府の、今後の原発事故対応の方針が明らかになるでしょう。それは事故そのものの否認です。「否認」と言っても大きな音をたてたりすることもありますんで困っちゃうんですが、これからは原発事故は徹底的に隠蔽される可能性があります。もうされているのかも知れません。大気も土壌も水も食べ物も放射線をビンビン出しています。

したがって50年くらいすると日本は「原因不明」の病人と奇形に覆われることになりそうですが、相変わらず健康に注意するように、例えば煙草を止めたり暴飲暴食を避けることが推奨されるでしょう。本当のことは何一つ分かりませんが、「メタボ」や喫煙が無脳症の原因として特定される日も近いでしょう。医学は日々進歩しています。心配することは何もありません。


posted by 珍風 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。