2011年12月26日

ぼくたちの失敗

春の木もれ陽の中で地面にうもれていたぼくはプルト君だったんだよね

「原発、貞操帯に豈応を」 政府事故調が中間報告


 政府の東京電力福島原子力発電所の事故調査・検証委員会(委員長・畑村洋太郎東京大名誉教授)は26日、中間報告をまとめ、野田佳彦首相に提出した。原発の安全対策において今回の巨大津波のような自然災害は、たとえ確率が低くても「想定外」として無視せず、対処すべきだと提言した。年明けから菅直人前首相らにヒアリングして政府の初動対応が適切かどうかなどを調べ、来年夏の最終報告に盛り込む。

 中立的な立場から福島第1原発事故を検証する事故調は、6月に発足し、計456人からヒアリング、資料と合わせて約700ページの中間報告をまとめた。畑村委員長は26日の記者会見で「調査は途中の段階だが、その範囲で評価や提言をした」と述べた。
 中間報告では東電や政府の責任は追及せず、事故の経緯や原因の分析にとどめた。炉心溶融(メルトダウン)や水素爆発を回避できたかどうかなど、事故が「人災」だったか「天災」だったかの判断は見送った。地震が多発する日本で原発事故が絶対に起きないようするための具体的な再発防止策についても言及を避けた。
 調査を終えていない事故直後の首相官邸の意思決定の経緯などは今後の課題とした。中間報告を受け取った野田首相は最終報告に向けて「国民目線で調査をしてほしい」と述べた。


 マグニチュード(M)9.0の東日本大震災後、福島第1原発は巨大津波によってすべての電源を失い、冷却できなくなり、炉心溶融し、建屋が水素爆発した。中間報告では、事故原因について事前の津波対策が足りなかった経緯を詳細に分析した。東電は2008年に最大15.7メートルの津波が来る可能性を予測したが、根拠が不十分として対策せず、国も対応しなかった。津波による過酷事故対策を想定しなかったことも問題視した。
 こうした点を踏まえ、当初、繰り返された「想定外」について、中間報告は「(原発の安全対策では)想定以外のことがあり得ることを認識すべきだ。今回の事故は想定外にどう対応すべきか重要な教訓を示している」と記した。
 事故対応では、原子炉の冷却装置を巡る東電の判断ミスを指摘した。1号機の非常用復水器が動いていると誤認し、別の注水手段を準備するのが遅れた。3号機ではバッテリー切れを確かめずに高圧注水系を手動停止し、注水が中断。経緯を幹部に伝えず、冷却再開が遅れたとみている。
 政府の被害拡大を防ぐ対策では、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による放射性物質の飛散予測を文部科学省や原子力安全・保安院などが公開しようと考えず、住民の避難に活用できなかった。情報公開では報道発表を控えたり、説明を曖昧にしたりする傾向がみられたという。

2011年12月26日 日本経済新聞


畑村さんが事故原因を「想定外」すなわち「津波」に求めることは「想定内」ではあります。その上で「想定以外のことがあり得ることを認識すべき」、あるいは「「あり得ることは起こり得る」と考えるべきである」と言っているのですが、これは無意味です。「あり得る」と考えられることはすなわち「想定内」でしかありません。

これはもちろん、「想定内」のフロンティアを拡大していくことになるでんでしょうから、畑村さんにとっては大変に良いことに思えるに違いありません。当然のことながら「想定内」の範囲が多少広がったところで「想定外」の広大な領域が残っていますから、同様の事故が再び発生することは間違いありません。しかしそれが何だというのか。世間の人々はどうだか知りませんが、畑村さんは核発電所の事故を全く怖れてはいないのです。歴史に残る名言がありまして

畑村「人類は原発を知り尽くしていない。だからこれからも事故は起きるだろうが、事故を克服して原発を使っていくべきだ」

2011年4月21日 産經新聞


「原発を使っていくべき」だと考える畑村さんによれば、事故は起きるべきなのであり、多くの人々が犠牲になるべきなのです。もっとも、畑村さんはこの「犠牲」について深く考えているわけではありません。それはせいぜい

事故調査委 被災者の苦しみ念頭に被曝者はパス


政府の事故調査・検証委員会の畑村洋太郎委員長は、26日夜、記者会見し、「事故の調査は、原発の中で起きたことにだけ目がいきがちだが、長期にわたりふるさとに戻れない被災者が突然に発生し、彼らの心理的、経済的な苦しみを念頭に置かなければならない」と述べました。また今回の事故で、「想定外」ということばが多く使われたことについて「多くの人にとって『想定外』は『責任回避』と映ったと思う。人間は範囲を決めないと考えられないが、いったん範囲を決めてしまうとそれ以外のことはあまり考えなくなる。『想定外』は想定外のことが起きたときに初めてその存在に気づくものだ。『想定』や『想定外』については、最終報告の段階で述べたい」と話しました。また、委員長代理で、作家の柳田邦男さんは、「想定外」に関連して「原発は、どうなれば壊れるのかという視点が思考の外に置かれてきたのが問題だ」と指摘しました。また原発の安全について「津波対策に集中して満足し、ほかの原因で問題が発生するかもしれない、という視点を失ったら、また落とし穴が待っているだろう。今回の事故を振り返ると全体を見る視点の欠如が問題で、ほかにもいろいろ問題が起こりうるだろうというチェックの視点が必要だ」と述べました。

2011年12月26日 NHK


「お家に帰れない」というだけのことなのです。ここでは「事故」の「効果」が、それこそただの「津波」か「火山の噴火」のような自然災害、あるいはお家の「火災」か何かにおける如きそれと同一視されているわけです。畑村さんは「放射線」とか「被曝」とかいうことを知らないという、今時珍しい御仁であります。

まあ知らないわけではないでしょう。畑村さんはそんなにバカではありません。何といっても「失敗学」の権威にして泰斗であります。しかしながらそれは無視されなければならなかったのです。「失敗」が取り返しのつかない結果をもたらすという事実は、「失敗学」の「考え方の枠組み(パラダイム)の転換」を迫りかねないからです。

「失敗学」の「パラダイム」とは、まあ簡単に言えば「失敗は成功のもと」というものです。人によっては「性交は失敗のもと」だと思っている人もいるかも知れませんが、そういう人生を棒に振ったりするような「失敗」は、実は「失敗学」の取り扱い難いものです。「失敗学」は「失敗」によってプロジェクトを洗練することを目指すものであり、取り返しのつかない「失敗」によってプロジェクトそのものを放棄することを「想定」していないのです。

したがって「失敗」の「結果」が過小評価されているのは、「失敗学」というものの本質的要請によるものであると考えられます。「事故によってふるさとに戻れない人が沢山出た」という「事故評価」は、歴史上の核発電事故に関するものの中で最も的外れなものであると思われますが、それは「失敗学」の「失敗」です。

この馬鹿げた発言はしかし、「失敗学」のより本質的な欠陥を隠蔽することに「成功」しているかに見えます。その欠陥とは「失敗は回避しうる」という信念であり、畑村さんが敢えて看過してみせた広範囲に渉る放射線被害をもたらす「失敗」をそのうち克服できると考えていると思われる点において、「失敗学」の「失敗」は頂点に達します。それは悲惨な「結果」を繰り返して生産して止みません。しかしながらそうとでも考えているのでなければ「事故を克服して原発を使っていくべきだ」とは言えないはずなのです。畑村さんが気の狂った白痴でなければ。よく知りませんが。


posted by 珍風 at 22:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。