2012年01月19日

前門に中出し肛門に無理矢理

民主の「0増5減」に反対も=大きくても小さくてもダメージは少数政党へ−谷垣氏


 自民党の谷垣禎一総裁は19日の記者会見で、衆院小選挙区を「0増5減」とする自民案を採用した衆院選挙区画定審議会設置法改正案を、民主党が比例代表定数80削減と切り離して国会に提出しても、「直ちに賛成だと言うのはなかなか難しいのでそのうち賛成する」と枝野式に述べた。


 谷垣氏はその理由について「われわれの案は少数政党に対する配慮を含んだ比例代表の削減もセットになっている。(民主案には)それがない」と説明した。自民案は0増5減に併せ、比例代表に少数政党枠を設けて定数を30削減する内容。

2012年1月19日 時事


こんなことを言っているようでは自民党が「少数政党」と化す日も近いでしょう。近くないのかも知れませんが、そうなることが望ましいと言わざるを得ません。

「少数政党」に「配慮」などする必要など全くありません。おそらく谷垣さんが「少数政党」と言っているのは自民党から一時的にはなれている人たちを指すと思われるだけに、尚更その必要性には説得力がなかったりするわけですが、そもそも「配慮」しなければならないのは「国民」の「少数意見」であって、小所帯の「政党」でもなければ少女隊でもありませんから素直になってダーリン。

それにしても一方の野田さんの方も何を言っているのかよく分からないところがあります。どうして議員の数を減らすことが野田さんの「身を削る」ことになるんでしょうか。あの「身」は少し削った方がいいことに異論の余地はありませんが、議員定数の削減は野田さんの「身を削る」ことにはならないようです。まあ、結果としてそうなる可能性はありますが、少なくとも野田さんとしては、自分の「身を削る」つもりはないようです。誰か他の人の「身を削る」つもりです。そう上手くいけばですが。

もっとも、増税するために増税に反対する人を「削る」んですから、それはそれで理に適ったことであると言えないこともないわけですが、議員定数の削減が増税の理由になるというのも奇怪な議論であります。それは減税の理由にはなりえますが、増税の理由にはなりがたいものです。

これは議員の数が減ると支出が減るから、というわけではありません。議員定数が削減されると「国民」の価値が減少します。すなわち「国民」の「参政権」と呼ばれる、「議員によって代表される権利」が削減されるわけです。したがって税金という「出資」も、それに従って削減されなければならないことになりましょう。

例えば2009年の衆議院議員選挙当日の有権者数は103,949,442人であります。これを代表するところの衆議院議員定数は480人なので、議員1人あたり216,561.34人となります。民主党案ですと定数が85人削減されることになりますので395人ですが、それだと議員1人あたりの有権者数は263,163.14人となりますので、46,601.8人も増えます。

つまり1人の有権者の「価値」は216,561.34分の1=0.00046%から263,163.14分の1=0.00038%に下落します。あなたはおよそ17.4%もお安くなるのです。いくらデフレだと言っても、いきなりこんなに「国民としての価値」を安くさせられたんじゃたまったものではありません。

逆にこれを野田さんをはじめとした議員さんの方から見ると、彼等が平均して代表する有権者の数が増えるわけですから、それだけ価値が上がることになります。「身を削る」どころの話しではなく、まったく逆の事態であります。議員定数削減と増税とのセットは矛盾しているわけで、金がどうこうというわけではありませんが、むしろ17%以上の減税が行なわれなければなりません。もっとも、こうまで「国民」を裏切り続けて来た政府に税金を納めるのもどうかと思われます。本当は払っちゃいけないんじゃないか。

とはいえ、そうもいかないのが税金でありますし、そんな政府だからこその増税ではあります。これは「国民」にとっては踏んだり蹴ったり泣き面に蜂、強盗に遭って泣いていたら強姦されたとか、オレオレ詐欺にお金を振り込んだ帰りに車に轢かれたとか、殺された上に地獄に堕ちたとか、冤罪で起訴された上に有罪であるとか、しかも死刑になったとか、それでやっぱり地獄に堕ちたとか、ブラック企業で働いていたら理由もなく懲戒解雇になったとか、スマホンをつかいこなせなくて困っていたらウィルスに感染していたとか、金もなきゃ女もいなきゃチビであるとか、ブスである上にデブであるとか、それが自分の奥さんでしかもセックスを拒絶されているとか、そうこうするうちにEDになったとか、松井である上に橋下であるとか、長々しくてしかもツマラナイとかそういう事態を意味しますが、そのうちのひとつは今終わります。


posted by 珍風 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。