2012年03月31日

捏造リスト 「『除染』は文部省の指示」

政治家には自らの責任なんてない

 反省はするが、お詫びはしない――。文部科学省の元嘱託職員が捏造(ねつぞう)した放射線量調査のリストを基に、村議会で帰村を追求した飯館維新の会村議団の30日の記者会見。議会で質問に立った菅野典雄村長は、会見開始から約1時間後、ようやく「お騒がせしてしまい、大成建設に申し訳ない」と謝罪の言葉を口にしたが、村民に対しては最後まで、「謝罪するつもりはない」と強硬姿勢を貫いた。

 嘱託職員から提供を受けたリストについて、菅野村長は「元々、捏造の可能性があると思ったが、(気づかなかったのは)私の不徳の致すところ」と釈明。ただ、「(帰村推進は)独断でやっているのではなく、国の指示に従ったまでだ。嘘つき権は国民にある。私個人の責任は発生しない」と強調した。

 文部科学省から放射線量低減の相談を受けた大成建設は「ヘンな言い掛かりは止めてもらいたい。我々は要するに『除染』をしただけでしょう」。文部科学省は「『除染後の数値』として発表すべきだった。除染しても毎時1マイクロシーベルトを超えていたのでちょっと具合が悪かった」と述べ、でっち上げた数値を反省した。

 一方で、菅野村長は、「大成建設を犯人扱いしたことは一度もない」とし、謝罪は拒否。文部科学省側には真偽を確かめないままリストを公表したが、菅野村長は「文部科学省に聞いたら誠実な答えが返ってくるのか」と語った。

2012年3月31日 塵売新聞


posted by 珍風 at 07:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。