2012年04月11日

濃く液ごっくん、とりあえず生!

またもや国益損じた“鳩山外交”
編集メモ

国際社会が協調してイランの核開発疑惑に厳しい姿勢で臨む中、政府や野党の制止を振り切ってイラン訪問を強行した鳩山由紀夫元首相。「先方に利用されかねない」との懸念は、やはり的中した。

イラン大統領府は、鳩山氏が8日のアハマディネジャド大統領との会談で、国際原子力機関(IAEA)はイランなど一部の国に二重基準を適用し不公平だと述べた、と発表。鳩山氏は帰国後、「捏造だ」と反論したが“後の祭り”。核開発を正当化したいイランに利用され、国際社会に誤ったメッセージを送ってしまった。

国益を損じる鳩山氏の軽率な行動に、マスコミも「欧米と協調する日本外交の足を引っ張ったのは、重大な問題」(10日付「読売」)などと批判。しかし、当の本人は「非常に行ってよかった」と反省の色がまるで見られない。

野田佳彦首相は「政府としても党としても(訪問を)要請したわけではない。個人として判断し行動した」と強調してみせたが、首相は、2月に「党内融和」を名目に鳩山氏を民主党の「外交担当」の最高顧問に任じた。首相の任命責任は当然、問われなければならない。

鳩山氏といえば、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐる「トラスト ミー(私を信じて)」といった無責任な発言で日米関係を悪化させた。そんな人物を「外交担当」に据えれば、国益を損じる問題を起こすことは容易に想定できたはずだ。

民主党政権の稚拙な外交はこれまでも数々の汚点を残してきた。これ以上、国益を失わないために、今回の“鳩山外交”の失敗を猛省すべきだ。(秀)

2012年4月11日 公明新聞


鳩山さんの動きが世間でそんなに言われるようなものであったとすれば、それは「ルーピー」どころではない明白な狂気の発作に他ならないということになりそうですが、まあ、仕方ありません。政治家もマスゴミも鳩山さんを批判しなくてはならないのです。「読売」さんの言う通り、表向きは「欧米と協調する」ことになっているんですから、みんなでこぞって鳩山さんの悪口を言うことが大切です。

とにかく鳩山さんは先方と渡りをつけて来たんで、それが事実として残れば良いわけです。後は周りの人たちが「失敗を猛省すべきだ」なんて言ってみせるのは言い訳です。しかしそれにしても「言い訳」にしてもいくらなんでもキレがないような気がしないでもありません。

やはり3・11以降の日本で「核開発を正当化したい」国はどこでしょうなんて話しは、なかなか出来るものではありません。そう考えれば、なるほど国際原子力村は「二重基準」なのかも知れませんが、「後の祭り」になってから「反論」することも気くばりのすすめというものでしょう。

「日米関係を悪化させた」というのも、反対意見を掘り起こしただけですから別段そんなに悪いことをしたというわけでもないんですが、何といってもこれは「言い訳」なんですから、相手の立場に立ってあげることが極めて重要です。相手が気を悪くしそうなことは素直に「汚点」「失敗」と認めることで、悪意のないことを分かってもらいます。

こういう時にどうやら活躍するらしいのが「国益」です。公明党は頑張って見出しも含めて3回もこの言葉を使っているわけですが、これはかなり間違いなくこの言葉の正しい使い方だと言って良いでしょう。公明党も中々バカにしたものではなく、ものの道理が分かっている様子です。

「国益」の「国」が指し示す対象は文脈によって異なりますが、「外交」のコンテクストでは公明党が書いているように「欧米」、就中「米」の「国益」を意味します。もっとも、JAの人は「米国と日本の国益は違う」と言っていますが、これはかなり特殊な用法であるといってしまって構いません。

いずれにしても「国益」が意味しないものは明らかで、それは国民の利益です。「国民の暮らし」や「国民の安全」が問題になっている時には誰でもはっきりそう言うものです。国民一般が何も得をしない時に限って、それを「国益」と呼ぶことになっているのです。

そこで「国益」という言葉は、外交上の微妙な駆け引きにおいて国内向けに使われるべき言葉であることが分かります。あまり僕たちが日常的な「無責任な発言」で使って良いようなものではありません。乱用は謹むべきでしょう。「国益」は誰も幸せにしないのです。敢えて使うのであれば、それは「国益」を盾に「社会」全体に「復讐」しようという場合でしょう。つまりそれは通り魔的な無差別大量殺人と同様の動機によって発話されるのですが、口先だけの言葉であるとはいえ、上手くいけば一人で刃物を振り回しているよりも遥かに多くの人に被害を及ぼすことが期待されているわけです。ローリスクでハイリターンでありますが、そんな旨い話しに乗せられて身ぐるみ剥がされるような人が言いそうな言葉ではありますな。


posted by 珍風 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。