2012年04月12日

想定と想定外と無想定

死者8人 容疑者家族「いつか事故を起こすのではと心配していた」 


 12日午後1時ごろ、京都市東山区の四条通大和大路路の交差点付近で、歩行者の列に軽ワゴン車が突っ込み、次々とはねた。京都府警や京都市消防局によると、はねられた歩行者のうち少なくとも男女7人が死亡、11人が重軽傷を負った。軽ワゴン車は現場から約100メートル北側の電柱に衝突し大破。運転していた男も全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。

 運転していた男は、所持していた運転免許証から京都市西京区の会社員、藤崎晋吾容疑者(30)。府警は司法解剖して死因や事故当時の体調などを調べ、被疑者死亡のまま自動車運転過失致死傷や殺人未遂などの容疑で立件する方針。

 現場は祇園地区の繁華街で、南座から約50メートル東の四条通の交差点。当時は多数の観光客や花見客で混雑していた。

 歩行者で死亡したのは、40歳と76歳の男性2人、50代〜70代の女性5人。

 府警や、目撃者の証言によると、軽ワゴン車は事故の直前にタクシーに追突し、そのままアクセルを踏み続けて逃走。交差点の赤信号を無視して横断中の歩行者を次々とはねた。

 車は四条通を突っ切ってさらに北上。北側の交差点でも通行人を巻き込みながら暴走を続け、電柱に突っ込んでようやく止まったという。

 交差点内には、はねられた人らが血を流して倒れ、履いていた靴や所持品が散乱。路上で救急隊員らによる応急手当てが行われ、騒然とした。

 藤崎容疑者は京都市内のあい染め製品の販売会社に勤務し、事故当時も配達の途中だった。藤崎容疑者の姉が産経新聞の取材に応じ、「10年前にバイク事故を起こし、言語障害を起こすようになった。今年に入って、てんかんと診断された。いつかこんな事故を起こすのでは、と心配していた」と話した。

2012年4月12日 産經


事故を起こした時に藤崎さんがてんかんの発作を起こしていたのかどうかは不明なんですが、今となっては電気が止まっちゃってるから分かんないんでしょう。いずれにしても問題はてんかんを患っていたことではなく、治療がどうなっていたか、発作の抑制が奏効していたかどうかなんですが、こういうタイミングだとそんなことはどうでも良くなってしまいます。

鹿沼のクレーン車暴走:署名運動、成果に涙 法改正求め17万人 法相「民意伝わった」 /栃木


 「署名はもう提出しなくていいです。民意は十分に伝わりました」。小川敏夫法相は9日、法改正を求めるずっしりと重い約17万人分の署名を受け取ると、鹿沼クレーン車事故の遺族らにそう声をかけ、問題に正面から取り組む姿勢を示した。遺族らは再発防止に向けた大臣の前向きな言葉に「うれしい」「つらかった署名活動が報われた」と涙ながらに喜びを語った。【松本晃】

 遺族らは小川法相らの発言を受け、今後は街頭での署名活動は一時休止し、郵送された署名のみ受け付けるという。

 署名活動は昨年12月23日、鹿沼市内のスーパー駐車場でスタート。活動中は、同い年くらいの子どもを持つ母親に声をかけても無視されることもあった。また、てんかん患者に焦点をあてた署名活動が、ルールを守ってまじめに生活している患者への「風評被害」となる点にも苦しんだという。

2010年4月10日 毎日


タイミングからして発作を起こしていたに違いありません。もう絶対にそうです。間違いない。もっとも、もう署名すら必要ないようですから、特に事故が起こる必要はなかったような気もします。これも「北朝鮮のミサイル」なのであれば、それはとても扱いが難しいものです。こういう時に限って暴走車を迎撃するミサイルが配備されていなかったりするもんですから、たとえどこであっても注意を怠れません。

長野県は当直職員の増強などで警戒


 北朝鮮が「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルの発射予告を受けて、長野県は12日から危機管理部の当直職員を増やすなどの警戒態勢に入った。

 同部の当直は通常2人だが、発射予告の12日から16日までの間は午前6時から始業時までの間の当直を2人増やして4人態勢で対応する。発射時は全国瞬時警報システム(Jアラート)などを通じて市町村へも伝達される。発射前後の情報は消防庁の防災行政無線を通じたファクスで県に届くため同部は「着信時には直ちに全市町村に情報を伝える」と話している。

 阿部守一知事は県民に対し、「平常通りの生活、業務を続けていただきたい。発射予告の間は、テレビやラジオなどの情報に注意してほしい」と呼びかけている。

2012年4月12日 産經


長野県といえばかなりコースを外れますが、そんなに「北朝鮮」の技術力が信用出来ないのであれば、むしろ指導しにいった方が安全な様です。まあ、やってみれば結構うまく飛んだりするのかもしれませんが、やってみてもあまり上手く飛んでくれない「飛翔体」もあります。

オスプレイ、モロッコで墜落 普天間に12年配備予定


 米国防総省などによると、米軍の新型輸送機MV22オスプレイが11日、北アフリカのモロッコで米海兵隊による訓練中に墜落し、米兵2人が死亡、2人が重傷を負った。同型機は今年、沖縄県の米軍普天間飛行場に最初の12機が配備される予定。

 事故は米軍とモロッコ軍との合同訓練中に起きたとみられ、米軍が原因を調べている。訓練は航空機の運用や上陸作戦などを目的に、今月8日からモロッコ南西部で実施されていたという。

 オスプレイはヘリコプターとジェット機の機能を兼ね備え、垂直離着陸が可能。開発段階で墜落事故が多発して安全性に疑問が持たれていた。米軍は安全性を訴えてきたが、今回の事故を受けて日本での配備を不安視する声が改めて高まりそうだ。(ワシントン=望月洋嗣)

2012年4月12日 朝日


モロッコにもパトリオットの準備はされていなかった様です。しかしながら世の中は危険が一杯なのです。運転中に発作を起こして意識を失う人はそれを知っていて故意に運転しない方がいいようですが、運転中に発作を起こして墜落するポンコツは「故意に」沖縄に配備されます。それは沖縄に「落ちに」来るのです。「北朝鮮のミサイル」が沖縄辺りに落ちて来たとしても、それは「故意」ではない可能性が高いようですが、防衛省は石垣島のPAC3を17日にも撤収するそうです。しかしこれはいささか考えが甘い様で、本当の危機はこれからです。オスプレイがひょろひょろ飛んでいたら直ぐさま撃墜する。これが国民を守る道でなくて何でありましょうか。


posted by 珍風 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。