2012年04月26日

ノー済度 ノー再度

陸山会事件、小沢氏に無罪…元秘書との共謀否定


 陸山会事件で政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)に対し、東京地裁は26日午前、無罪(求刑・禁錮3年)の判決を言い渡した。

 大善文男裁判長は、元秘書による虚偽記入は認定したが、元代表の共謀については「虚偽記入に当たると元代表が認識していたことが十分に立証されていない」として否定した。元代表は野田首相が目指す消費増税に強く反対している。党内最大勢力を率いる元代表に無罪が出たことで、首相の政権運営に影響が出るのは必至だ。

 検察官役の指定弁護士は控訴するかどうか慎重に検討する。2009年の検察審査会法改正で導入された強制起訴制度での判決は2件目で、いずれも1審無罪となった。元代表の周辺では同制度を批判する声が上がっており、今後、見直しの議論が高まる可能性がある。

 小沢元代表は04年10月の土地取引の際、土地代金として同会に貸した現金4億円の不記載や、代金支出を04年分ではなく05年分の政治資金収支報告書に計上することについて、同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)(1審有罪、控訴)や後任の池田光智被告(34)(同)から報告を受け、了承したとして起訴された。

 判決はまず、石川、池田両被告が、4億円の現金提供が判明して政治的に不利に働くことを避けるため、故意に虚偽記入を実行したと認定。その上で、元代表についても「4億円の不記載などの報告を受け、了承していた」と一定の関与を認め、指定弁護士が共謀の成立を主張したことを「相応の根拠がある」とした。

 しかし、これらの不記載や記載時期の先送りが虚偽記入になることを「元代表は認識していなかった可能性がある」とし、虚偽記入の故意がないため共謀は成立しないと結論づけた。

 ただ、元代表が公判で「収支報告書は一度も見ていない」と述べたことについては「およそ信用できない」と指摘。「政治資金規正法の精神に照らして芳しくない」と元代表の政治姿勢を批判した。

 検察審査会による起訴議決については有効と判断し、東京地検特捜部検事(当時)が作成した虚偽の捜査報告書が議決の根拠になったとして公訴(起訴)棄却を求めた弁護側主張を退けた。一方で、「事実に反する報告書で検審の判断を誤らせることは決して許されない」と非難。「検察庁が十分調査し対応することが相当だ」と厳格な対処を求めた。

2012年4月26日 讀賣新聞


大善さんは期待に違わない巧妙な判決を書いたと言って良いでしょう。「無罪」は仕方がないとして、それでも「疑惑ムード」を壊さないように細心の注意を払った点に、「敬意を表する」べきでしょう。「睦山会事件」のプロジェクトは未だ進行中、というわけです。大善さんの高度に専門的なワザは、素人以下の登石さんなどの遠く及ぶべくもない優れたものであり、日本司法界の白眉と申すべきものであるとはいえ、これもバカの手にかかるとひとたまりもないんですから少なからず気の毒な感じがしないでもありません。

自公 小沢氏の喚問要求で一致


自民・公明両党の幹事長が会談し、民主党の小沢元代表に無罪判決が出たことについて、「小沢氏には政治的、道義的責任があり、みずから国会で説明してもらう必要がある」として、証人喚問などを求めていくことを確認しました。

自民党の石原幹事長と公明党の井上幹事長は、民主党の小沢元代表に無罪判決が出たことを受けて自民党本部で会談し、今後の国会対応を協議しました。
この中で石原氏は、「無罪判決だが、判決では『小沢氏が、収支報告書について元秘書らから報告を受けて了承したことは認められる』などと指摘しており、小沢氏が『ない』と言っていたことが認定されている。限りなく黒に近いグレーだ」と述べました。

そのうえで両氏は、「小沢氏には、政治的・道義的責任があり、みずから国会で説明してもらう必要がある」として、国会での証人喚問などを求めていくことを確認しました。

また、石原氏は、衆議院の選挙制度を巡り、いわゆる「1票の格差」を是正するため、小選挙区を5つ減らす=0増5減を行う法案を、党単独でも国会に提出したいという考えを示し、引き続き調整していくことになりました。

2012年4月26日 NHK


この石原さんは「限りなく〜に近い〜」の出典を知らない方の石原さんですが、この記事ではこのバカが大善さんの珠玉の判決を「推定無罪」と言ってしまったことがカットされてしまっています。「推定無罪な判決」などというものはあり得ないのですが、石原さんは大善さんが登石さんの「推認」と同様の低レベルの判決を書いたものと思った様です。思うのは勝手ですが「推定無罪」というのはそういう意味ではありません。石原さんは「推定無罪」についてお父さんに教えてもらう必要があります。

一種の人権侵害 東京・石原慎太郎知事


 「逮捕されたといっても、これから裁判があり、無罪になるか有罪になるか分からない。表彰を取り下げるというのはフライングじゃないですか。もし無罪だったらどうするんだ」

 準強姦容疑で逮捕、送検された柔道の五輪金メダリスト内柴正人容疑者。熊本県が県民栄誉賞を取り消したほか、中川正春文部科学相もスポーツ功労者顕彰の取り消しを含めて検討を口にするなか、石原慎太郎知事はこんな見解を語った。

 内柴容疑者には平成16年と20年に都栄誉賞が贈呈されている。

 「都栄誉賞については」と尋ねる記者に、開口一番「なんだっていうんだ」と応じた石原知事。「あなたがたがたきつけている。メディアは喜ぶかもしれないが、法治国家なんだから。一種の人権侵害じゃないですか」といさめた。

2011年12月10日 産經新聞


これは党員資格を剥奪された小沢さんのことを言っているわけではないのですが、「これから裁判があり、無罪になるか有罪になるか分からない。もし無罪だったらどうするんだ」というのは「法治国家」における「推定無罪」の分かり易い解説です。本当に「無罪」だったので尚更「どうするんだ」という事態に立ち至ったわけですが、狼狽した挙げ句余り意味のよく分かっていない四字熟語などを不器用に駆使して恥をかくのは、まあ幹事長にはお似合いのところでしょう。そんなだから親父が自民党に戻って来てくれません。いい歳をした息子が毎日大恥をかいている現場に付き添うのは、年寄りには酷です。

もっとも、石原さん自身はそんなに恥ずかしがる必要はありません。五十歩百歩というか団栗というか、似たり寄ったりの人は大勢いますから、みんなでやらかしちまえば大丈夫です。

小沢元代表「違法認識せず」=主要争点外で無罪認定−厳格立証求める・東京地裁


 小沢一郎民主党元代表(69)への26日の判決で東京地裁は、秘書との共謀について検察官役の指定弁護士側の主張をほぼ全面的に認め、主要な争点での小沢元代表側の反論をことごとく退けた。その上で、ほとんど争われていなかった点を挙げ、元代表が違法性を認識していなかった可能性を指摘し、無罪の根拠とした。


 あらゆる可能性を想定し、その全てを否定できない限りは有罪と認定できないとも受け取れる内容で、収支報告書の虚偽記載罪の共謀成立について、極めて厳格な証明を求めたと言える。


 公判で最大の争点となったのは、土地購入費の4億円を2004年分の収支報告書に記載しないことについて、小沢元代表が石川知裕衆院議員らから報告を受け、了承したかどうかだった。この点について判決は、多数の状況証拠から、「報告・了承」を指定弁護士の主張通りに認めた。


 無罪のポイントとなったのは、小沢元代表が、そもそも4億円を報告書に記載する義務があると認識していたのかという点だ。


 判決は、石川議員が土地代金の支払いを翌05年に遅らせる交渉に失敗した結果、04年分の報告書に土地取得を記載しなければならない事態に陥ったと指摘。これは同議員の「失態」だったとして、不興を恐れて小沢元代表に報告しなかったと考える余地があるとした。


 このため小沢元代表は、04年に土地代金の支払いが終了していることを知らず、記載義務の認識がなかった可能性があるとした。

2012年4月26日 時事


「推定無罪」の原則に立つ場合、「あらゆる可能性を想定し、その全てを否定できない限りは有罪と認定できない」のは当然であり、「極めて厳格な証明を求め」ることになるでしょう。ちなみにここで「否定」するのは検察の役割であることに注意が必要です。今回は指定弁護士がそれをやるわけですが、いずれにしてもこの度はその「否定」力が極めて弱かったわけですから、ここで「有罪と認定」するためにはそれこそ「推認」というような稚拙な非常手段に訴えざるを得ません。どうもダーティ・時事さんは大善さんが「推認」しなかったことが御不満のご様子ですが、そんなことをしなくても目的は果たしているのですから、あまり文句を言うものではありません。

てゆーか、こんなことを書いてしまうと、せっかく盛り上げた疑惑ムードが、まるで時事通信社のような「推定有罪」の予断と偏見でしかないように見えてしまうところが逆効果です。心の底から思ったことを書いてみる、腹を割って話す、などということは良いことのようにも見えますが、アタマが悪くて性根の腐っている場合には避けた方が無難であるという例ですから、人生の参考にしたいものです。

ともあれ、「小沢氏には政治的、道義的責任があり、みずから国会で説明してもらう必要がある」というのは良い考えです。そんな事は時間の無駄だと思うかもしれませんが、どんどんみんなで時間を無駄にしてもらえばそれだけ消費税増税が遠のくと思えばよろしい。今国会では法案が成立しない可能性もあります。その場合解散総選挙もあり得るわけですが、小沢さんとしてはその方が望ましいのかも知れません。野田さんは今度も「ノーサイド」とか言っていますが、負けてから言うとより一層の味わいの深い言葉です。


posted by 珍風 at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。